スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2017年08月10日

NAOTO(EXILE・三代目J Soul Brothers)インタビュー『自ら機会をつくって動けば好きなものが何か、ヒントが見えてくる』

NAOTO HiGH&LOW HONEST BOYZ EXILE 三代目J Soul Brothers  インタビュー タウンワークマガジン
EXILE・三代目J Soul Brothersのパフォーマーとしてだけでなく、俳優としても活躍目覚ましいNAOTOさん。豪華出演キャストで話題の映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』では重要人物として登場します。映画の話から、NAOTOさんが仕事で大切にしている心掛けなど仕事観についても聞いてみました。

新しい仕事に向かうとき、必要なのはある程度の準備と瞬発力

――ドラマからスタートして映画化された『HiGH&LOW』シリーズに出演されるのは初めてですよね。

『HiGH&LOW』シリーズが続いていく中で、どこかで出演させていただけるという話はチラッと聞いていたんですけど、今回がそのタイミングでした。

――NAOTOさんが演じたジェシーは「監獄の王者」の異名をとる役。格闘センスとリーダー性を持ち合わせ、男なら一度は憧れるタイプの役ですよね。演じていて気持ちよかったのでは…。

気持ちよかったですね(笑)。普段、言わないようなセリフがバンバン出てくるし、かなりカッコつけてますし。『HiGH&LOW』全体に言えますが、役柄は役者本人にあわせて決めることが多いんですよ。

脚本家と話し合いながらセリフを決めることもありますし、与えられた役の性格や雰囲気、仕草なども自分から提案したり。もちろん台本はありますが、そこにジェシーの人柄を肉付けしていくのは僕自身の仕事でした。

――NAOTOさんは俳優業だけでなく、ダンサー、パフォーマー、アパレルブランドのディレクションなど様々な仕事に挑戦されていますが、新たな仕事に取り組むときに大切にしていることはなんですか?

準備ですね。仕事に対して何が必要で、何を学んでおくべきかを把握して、ある程度準備を整えてから取り組むようにしています。ただ、重要なのは準備に捉われて枠の中で収まろうとしないこと。どんなに準備をしても、予想していない状況や環境に陥ることがあります。

たとえば俳優の仕事であれば、自分の役の背景や仕草、しゃべり方などは準備していき、現場で感じたことや共演者の方とのやりとりで生まれたことを追加していく。キメすぎずに余白を残す余裕を持つようには心がけています。どんな仕事でも、毎回同じことばかり起きるわけではないですから、瞬発力は大切にしています。

NAOTO HiGH&LOW HONEST BOYZ EXILE 三代目J Soul Brothers  インタビュー タウンワークマガジン

1度でうまくいくことなんてない。我慢強さと諦めの悪さがうまくいくコツ

――その瞬発力で、多くの仕事のオファーがきているんですね。これまで仕事をしてきて「これをやったからうまくいった」という秘訣があったら教えてください。

とことん諦めずにやること。わりとしつこい性格なんで、諦めは悪いんですよ(笑)。1回やっただけで結果がでることなんてまずないじゃないですか。でも、人はわかりやすい結果を求めがち。やってみたらすぐできたとか誰かに評価されたとか。そんなことは、ほぼないわけですから、諦めないで我慢強く何度もやる。

そのときは「こんなにできないのにやっていて時間の無駄じゃん」と思うかもしれないけれど、それは絶対にムダじゃないんです。たとえできなかったとしても「次回はこうアプローチしてみよう」と次の一歩へのヒントが見つかったりするので。

僕、仕事に対する考え方で好きな言葉があって…。

――どんな言葉でしょう?

エイベックスの松浦勝人社長が言っている「仕事が遊びで遊びが仕事」という言葉です。僕の周りでも仕事と遊びの境界線がない人ほど、生き生きと仕事をされている。遊んでいるときも本気だからこそ、仕事に生きているのだと思いますし。

年齢を重ねて本当に好きなことがわかるためには、若いときから動くこと

――それはすごく理想ですよね。仕事と遊びの境界線がなくなるほど、楽しい仕事を見つけるにはどうすればいいと思いますか?

「自分の好きなものが何か」をわかることじゃないでしょうか。僕自身もそうでしたが、若いときは「俺って一体何が好きなんだろう」と分からず迷いがち。でも、年齢を重ねるにつれて、どんどん絞られていく。好きなものを発見する近道は、いろいろないいものを見たり、いろんな人と出会ったりする機会を自分で作ることだと思います。

昔、聞いた言葉で「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」いうフレーズがあるのですが、まさにそれです。機会を待っているのではなくて、自らが動いて変わるチャンスを作る。それが自分の好きなものを把握する手段ですし、仕事につながっていく一歩だと思います。

■Profile
NAOTO
1983年8月30日生まれ、埼玉県出身。EXILEのパフォーマー、三代目J Soul Brothersのリーダー兼パフォーマー。ヒップホップユニットHONEST BOYZのメンバーでもある。俳優、声優、MCとしても活躍中。
■映画情報
NAOTO HiGH&LOW HONEST BOYZ EXILE 三代目J Soul Brothers インタビュー タウンワークマガジン

『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』
2017年8月19日全国ロードショー

5つのチームが拮抗するエリアSWORD地区。そこに突然、彗星のごとく最凶の集団が現れる。暴君・林蘭丸(中村蒼)率いる悪名高いスカウト集団「DOUBT」。絶大な力で監獄に君臨していた王者・ジェシー(NAOTO)を筆頭とする武闘派集団「プリズンギャング」。新たな敵は、恐怖によるSWORD支配を目論んでいた。仲間のため街のために覚悟を決めたコブラ(岩田剛典)らSWORDのメンバーは、それぞれの想いが交差する中、未来をかけた最大の戦いが始まる。

取材・文:中屋麻依子 撮影:八木虎造