スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2016年01月07日

あの人の仕事観:俳優 菅田将暉さん

main_CA6W837120代前半ながら“実力派俳優”と呼ばれ、驚くほどのスピードで活躍の幅を広げてきた菅田将暉さん。一見、アンニュイな雰囲気ですが、その口から語られるのはしっかりとしたビジョン。なぜ、彼が引く手あまたなのかが分かるインタビューです。

――菅田さんが出演した映画『ピンクとグレー』は芸能界を舞台とした物語ですが、劇中、芸能界に入ったことでしがらみや周りへの嫉妬でもがくシーンがあります。菅田さん自身は16歳でこの世界に入っていますが、映画のように葛藤したことはありましたか?

「若すぎて何も考えていなかった…ということもありますが、地元にいるときでは考えられないほどの世界の広がり方が心地が良かったです。お風呂の湯加減に例えるなら41℃ぐらい(笑)。少し熱いけど気持ちがいい、みたいな。それまで38℃ぐらいで“ぬるいな”と思っていたぐらいだったので。それに、学生時代は悩むことがそんなになかったんです。だから芸能界に入って、仕事に対して真摯に向き合って真剣に悩めることが嬉しかったのかもしれない」

――とはいえ、やっぱり大変な仕事ってありますよね。そんなときはどう悩んで、どう解決していくのですか?

「そもそも仕事は大変なものであって、ラクなものはないと思っていますから大変でも苦ではないですね。昨年、明石家さんまさんの役を演じることがあって、これは大変だなと思いました。日本中の誰もが知っている方の役なので、納得がいかないと叩かれることもあるだろうと。でも、大変で止まるか、大変の先のおもしろさを見つけるかで仕事の向き合い方はまったく変わりますよ」

――菅田さんが仕事と向き合うときに一番大事にしていることはなんでしょうか?

sub2__CA6W8401b「この間、テレビを観ていて“これだ!”と思ったことがあって。十字の座標を書いて、縦の線を上が自分が好きなこと、下が嫌いなことにします。横の線を左が自分にとってマイナスなこと、右がプラスなこととします。そうすると座標の左下部分は『嫌いでマイナスなこと』になるわけで、これは誰もやらない。反対に右上は『好きでプラスなこと』だから誰もがやる。そうなると残るのは『嫌いだけどプラスなこと』と『好きだけどマイナスなこ』の2つ。仕事も人生もその2つのどちらかを選ぶかが重要だと思うんですよ。だったら、人生においてプラスになることをやったほうがいい。嫌いでも苦手でもプラスになるのであればやるべきなんじゃないのかなって」

――確かに! それで人生が大きく変わってくるかもしれません。

「ですよね。人生は自分でしか選択ができないから、いい方に進みたいじゃないですか!」

――菅田さんの考え方はとても明確ですね。もともとの性格ですか?

「理屈脳なんですよ。何でも自分で理解しないと行動できないタイプ。でも、それと同時に衝動的な部分もあって。このバランスがとれているときがいい状態ですね。芝居中も頭で考えすぎていると感じたら、衝動的な部分を加えたり」

――菅田さんから見た、役者の世界の魅力ってどんなところでしょう?

sub1_CA6W8381「役者の世界は本当におもしろい世界なんですよ。一般企業で考えると、俳優部、撮影部、照明部と部署が分かれていて、その中にはベテランと新人が混じり合っていますよね。企業だったら部長と新人が同じ仕事をするなんて考えられないけれど、映画の世界は経験年数関係なくそれぞれの部署の人たちが同じ目線で一緒の仕事をしている。それがとてもおもしろいなと。僕のような若い役者が経験を積んだ方と同じステージに立てることは感謝すべきことですし、だからこそ自分に与えられた仕事はまっとうしなくてはいけないと強く思うんです」

――役者は特にそうだと思いますが、仕事で「選ばれる人」になるために何をすればいいと思いますか?

「リピーターを増やすことですよね。去年、仕事をご一緒させてもらった監督さんから良く言われたのが『新しい菅田将暉を撮りたい』という言葉。もう、古い菅田将暉がいるんだと驚いたと同時に、常に進化しないと選ばれないのだと実感しました。これは役者だけじゃなくて、どんな仕事でも自分に与えられたものがあるならば頑張ってまっとうしていきたいと思っています」

●Profile
すだまさき/1993年生まれ、大阪府出身。『仮面ライダーW』でデビュー。2013年、映画『共喰い』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。翌年には映画『そこのみにて光り輝く』で日本映画批評家大賞助演男優賞、高崎映画祭最優秀賞など国内の映画賞を数々受賞する。待機作に『ディストラクション・ベイビーズ』『二重生活』『セトウツミ』がある。

『ピンクとグレー』WEBメイン.jpg●映画紹介 『ピンクとグレー』
ごっち(中島裕翔)とりばちゃん(菅田将暉)は幼なじみの大親友。渋谷でスカウトされたのをきっかけに2人とも芸能界へ足を踏み入れる。ある撮影がきっかけでごっちがスターとなり一度は2人の関係にヒビが生じるが、再びもとの関係に戻ったとき、ごっちに突然の死が訪れ事態は一変する。NEWSの加藤シゲアキの小説デビュー作が映画化。

※とらばーゆより転載
インタビュー・文/中屋麻依子 撮影/八木虎造