スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2018年02月27日

新大学生が入学前に用意したいこと7選と入学後にすべきこと6選

新大学生 新入生 大学1年生 大学生 友達 バイト タウンワーク
大学受験が終わると、待ちに待った大学生活が始まります。大学入学時は用意すべきものがたくさんありますが、初めての経験なので戸惑う人もいるでしょう。また、入学後に何をすべきか、よくわからないという人もいるのではないでしょうか。
この記事では新大学生に向けて、入学前に揃えておくべきものや入学後にすべきこと、さらに大学生活を送る上での注意点をご紹介します。充実した大学生活を送れるようにしっかりと準備をして、気持ちの良いスタートを切りましょう。

【目次】
1. 入学前に揃えたい!新大学生に必要なもの7選
2. 大学生活を充実させるために、新大学生がやっておきたいこと6選
3. 新大学生が注意すべきこと
4. 熱中できることを見つけて、充実した大学生活を

入学前に揃えたい!新大学生に必要なもの7選

新大学生 新入生 大学1年生 大学生 友達 バイト タウンワーク

大学生になると、学校が事細かに個人の持ち物まで指導するということはなく、ある程度は自主性に任されます。それだけに何をすればいいのか、何を用意すればいいのか迷う人もいるでしょう。まず、入学前に最低限揃えておいたほうがいいものを見てみましょう。

ノートパソコン

パソコンは、授業で使う資料やレポートの作成に欠かせません。大半の大学では学内に設置していますが、自分のパソコンを持っていたほうが便利です。デスクトップ型より持ち運びしやすいノートパソコンのほうが良いでしょう。
また、USBメモリを用意しておくと、レポートの提出や同級生との情報交換時などに役に立つことがあります。32GBのメモリでも2,000円ほどで購入できるものもありますので、一つは用意しておきましょう。

電子辞書

授業や試験にノートパソコンやタブレットの持ち込みを不可としているところは多いですが、電子辞書は許可されている場合があります。電子辞書を購入する際は授業で選択している第二外国語に対応しているタイプを選びましょう。

印鑑

大学生になると、押印や捺印をする機会が出てきます。三文判だけでなく、銀行口座を開設する際に必要な「銀行印」を早めに用意しておきましょう。

銀行口座

銀行口座は、仕送りやバイト代の受け取り、家賃や公共料金の引き落とし用として必要になります。「貯金用」「生活用」など用途に分けて2口座ほど開設しておくと、お金を管理しやすく便利です。

クレジットカード

クレジットカードの利用には、メリットとデメリットがあります。メリットは利便性の高さです。例えば、公共料金などの各種支払いをカード払いにすれば、利用金額に応じてポイントが貯まり特典を受けられます。また、インターネット通販の決済が簡単で、分割払いにしない場合は手数料もかかりません。
デメリットは、きちんと管理をしないとお金を使いすぎることです。「クレジットカードの利用は一時的な借金」と認識し、気をつけて利用しましょう。

スーツ

大学の入学式では一般的にスーツを着用します。また、成人式やバイトの職種によってはスーツの着用が必要な場合があります。
購入時は「就職活動でも使えるか」に着目して選ぶと良いでしょう。色は黒・濃紺・ダークグレーで、フォーマルな形を選んでおけば、体型が変わらない限り、就活でも使えます。

腕時計

スマートフォンで簡単に時間を確認できるため、腕時計をしていない人もいますが、大学生になったら一つは持っておきたいものです。大学の試験や就活の筆記試験・面接では、スマホは基本的に使用不可と考えておきましょう。就活では身だしなみも重要です。「スーツには腕時計を合わせるのがマナー」と考えている採用担当者もいますので注意が必要です。

大学生活を充実させるために、新大学生がやっておきたいこと6選

新大学生 新入生 大学1年生 大学生 友達 バイト タウンワーク

大学生活は自由度が高い分、自分の過ごし方次第で充実度が変わってきます。ここでは、学生時代に取り組んでおきたいことを6つご紹介します。

勉強

学生の本分である勉強は、一般教養や専門科目だけでなく、少しでも興味を持った分野については積極的に学んでおきましょう。特に、語学やプログラミングなど継続性が重要な学習は、大学4年間を通してしっかり勉強しておくと、就活で大きなアドバンテージになりますし、社会人になってからも役立ちます。

サークル活動

大学生活に大きな影響を与えるのがサークル活動です。スポーツ、音楽、芸術、教養など共通の目的や趣味を持つ仲間が集まって活動し、勉強とは異なる点から大学生の成長に寄与します。サークルで出会った先輩や同期、後輩の中には、卒業してからも長い付き合いになる人がいるでしょう。
サークルにはいろいろな種類がありますが、就活のことも視野に入れている場合は、スポーツ・芸術・語学・ボランティアなどのジャンルで、目覚ましい実績を残せればアピールポイントになる可能性があります。

友達づくり

同じ大学だけでなく、学外にも交流の幅を広げておきましょう。インカレサークルや大学の合同イベントなどに積極的に参加しておくと、卒業してからもずっと情報交換し合える有力な人脈を築ける可能性があります。

恋愛

大恋愛をしてみてはどうでしょうか。授業やサークル、バイト先などで異性と交流する機会は多いはず。何となく付き合うのではなく、相手の価値観、生き方を尊重しつつ、違いを認め合い、お互いの存在としっかり向き合えるような大人の付き合い方を目指しましょう。

バイト

バイトは、勉強やサークルと並んで大学生の定番活動の一つです。実家から離れて暮らしている人は、家賃や食費など多くの出費があります。実家に住んでいる人も、洋服代や飲み会の費用、旅行資金などを貯めるために、たくさんの大学生がバイトをしています。
バイトには、お金を稼ぐ以外にも主に3つのメリットがあります。
1つ目は、さまざまな世代、立場の人と交流できることです。大学では主に学生同士の付き合いだけですが、バイト先では会社員、主婦、定年退職者、フリーターなど立場の異なる人たちが同じ職場で働いており、そうした人たちと接することで視野が広がり、人間関係の築き方を学べます。
2つ目は、仕事でやりがいを感じ、働く喜びを体感できることです。バイトを通じて店長や上司、お客様に褒められたり、成果を上げられたりすると、勉強とは少し違う達成感や満足感を味わえるでしょう。
3つ目は、一般常識や社会の仕組みを学べることです。挨拶や言葉遣い、接客などは、社会人になってからも役に立つスキルです。

読書

大学生のうちにさまざまなジャンルの本を読んでおきましょう。社会人になると仕事が忙しく、読書といってもビジネス書やマニュアル書など仕事に関係するものか、ベストセラー小説などが中心になりがちです。そのため、比較的まとまった時間が取りやすい大学生のうちに、日本だけでなく世界中の古典、歴史書、哲学書などを読んで教養や語彙力を身に付けておくことをおすすめします。

新大学生が注意すべきこと

新大学生 新入生 大学1年生 大学生 友達 バイト タウンワーク

大学生は自己責任に基づく行動が求められます。自由度が高い一方で、自制心を持って行動しないと後悔することになるでしょう。ここでは、新大学生が注意すべきことを5つ取り上げます。

20歳になる前の飲酒

多くの新大学生は未成年です。未成年の飲酒は法律で禁じられています。未成年と成年が混ざっている部活やサークルの新人歓迎会で、未成年であることを失念してお酒を勧められることがあるかもしれませんが、未成年のうちはきちんと断りましょう。成人してからもルールと節度を守り、お酒におぼれることがないように適量を楽しむことが大切です。

留年

所定の単位数を取得できないと留年します。留年には問題が3つあります。1つ目は、留年した分の学費を余分に払う必要があることです。2つ目は、就職活動の際に不利になる可能性があることです。3つ目は、奨学金を借りている場合は留年期間中の貸与が止まることです。やむを得ない事情がない限り、きちんと授業に出席してしっかりと勉強し、単位を落とさないようにしましょう。

不規則な生活

特に一人暮らしの場合、自由な時間が増えると、生活サイクルが乱れて昼夜逆転生活になってしまう人がいます。起きるとすでに外は薄暗く、授業には出席できず、サークルやバイトにも行かず、自宅でゲームやネット、動画などにのめり込んでしまうと、そのまま引きこもりに陥ってしまいかねません。不規則な生活は健康や学業に悪影響を与える可能性があります。誰に注意されなくても、食事と睡眠を規則正しく取り、健康的な生活を送りましょう。

麻雀

大学生の中には麻雀にのめり込む人がいます。メリハリをつけて遊ぶ分には問題ありませんが、学生の本分は学業でありながらのめり込みすぎた結果、授業を休みがちになったり、そのまま単位を落として留年ということになってしまったりしては本末転倒です。そういうことにならないように十分気をつけましょう。なお、麻雀でお金を賭けるのは違法です。

生活の困窮

大学生活にはお金がかかるといっても、バイトをしながら節度を持って暮らしている限り、借金まではしないはず。しかし、クレジットカードなどでブランド品など高額商品を大量に購入したり、ギャンブルにはまったりすると、収支のバランスが崩れ、生活が困窮してしまう可能性もなきにしもあらずです。また、友人同士のお金の貸し借りはトラブルの原因となるため、やめましょう。

熱中できることを見つけて、充実した大学生活を

これから新大学生になる人は、あらかじめ大学生活に必要なものをできるだけ揃えておき、入学してから慌てることのないよう準備を整えておきましょう。
大学時代は自由な時間が取りやすく、行動範囲も広がります。そのため、興味があることや挑戦したいことにはとことん打ち込めますが、生活が乱れると時間はあっという間に過ぎ、何の成果もなく4年間が終わってしまいます。
充実した大学生活を送れるかどうかは自分次第。勉強、サークル、バイトと自分が熱中できることを見つけ、真剣に取り組んでみましょう。