スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2016年10月28日

【カップ麺を食べ尽くした人朗報!】油そばがつけ麺に大変身するカップ麺アレンジ

IMG_7106_R
さあ、昼休憩のはじまりだ!

何人たりとも我の聖域を犯すことはまかりならぬ!

……と意気込んではみたものの、大好きなカップ麺はもはや食べ尽くし、大量のカップ麺を目の前に悩むことしばし。カップ麺好きであれば、日常あるあるの光景ではないでしょうか。

「何を食べようか迷う」、「ささっと短時間で食べたい」など、今回はそんな悩み多きカップ麺戦士たちに、カップ麺をあえてつけ麺にしていただく食べ方をご紹介します。

必要なものはカップ麺の油そばと、スープ用のカップ(おわん)です。
 

油そばをつけ麺に

IMG_7044_R
カップ麺の油そばは売ってる種類こそ少ないものの、多くのコンビニで買うことができます。

IMG_7045_R
これは熱湯5分のタイプのものですが、もし電子レンジを使う手間がかけられるなら熱湯3分の時点で湯切りしてしまい、そのあと電子レンジで2分間チンしてみてください。つけ麺としてのグレードがより上がっちゃうこと間違いなしです。

もし身近に電子レンジがない、または電子レンジまで使わなくてもいいやという場合は、カップ麺の表記通り熱湯5分で湯切りしてください。

IMG_7062_R

レンジでチンするメリット その1 麺がもちもちになる

これは割と有名なワザですよね。油そばの麺は太いので、このもちもち感を楽しまない手はありません。麺まわりの水分が抜けるので麺が多少くっつきやすくなりますが、スープに浸せばほぐれるので味に影響はありません。

IMG_7071_R
スープをお湯に溶かしてみました。このお湯の量がキモになってきますが、このときは150mlで試しました。この辺は濃い目が好きかどうかで微調整する感じですね。

では、いただいてみましょう。

IMG_7106_R
おおおお、これは思いの外つけ麺じゃないか!!

味の濃さも、濃すぎず薄すぎずでちょうどいいバランス。これは最初からこういう商品だったのではないかと錯覚しそうです。
 

レンジでチンするメリット その2 味が薄まらない

半分ほど食べて、あることに気づきました。

「味が薄まらない!!」

そう、電子レンジで温めたことで水分が飛んでいるため味が薄まらないんですよ。これもまた新しい発見でした。
 

他の商品でも試してみた

IMG_0692_R
IMG_0700_R
こちらは熱湯3分のものなので、熱湯2分で湯切りしてレンチンを1分にしてみました。付属のマヨネーズはチンする前にかけて混ぜておきます。

IMG_0712_R
3分の麺なので5分のものよりもほんのり細いですが、箸でさわるとしっかりもちもち感があります。

IMG_0716_R
今回は多少水を少なめに、100mlで試してみました。

IMG_0729_R (1)
これもうまい~!!

……けど、ちょっと濃かった。やはり130ml~150mlくらいがいいのかもしれません。
 

さらに“つけ麺らしさ”を追求してみた

IMG_7100_R
魚粉を多めに足したりすると、よりつけ麺としての高みへ達すること請け合いです。かつお節もいいですよ。粗挽き胡椒でパンチを効かせるのもおすすめです。

スープ用のカップさえ用意できればささっと簡単にできるので、いつものカップ麺じゃ物足りないという人はぜひぜひお試しください。思ったよりも立派につけ麺してます。

今回は油そばで試してみましたが、油そば以外にも応用が利きそうです。豚骨醤油つけ麺とか合いそうだし、味噌つけ麺もいいかもしれない。色々開拓するのもまた楽しいと思いますよ。

 
※この記事はタウンワークマガジンとガジェット通信で共同制作しました。

文:あるのん 企画:ガジェット通信