スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2019年06月28日

エアコンが苦手な人なら思わず共感。冷えて困るあるあるを集めてみた【冷房苦手】

冷房 苦手 寒い あるある タウンワーク townwork暑い夏に欠かせないエアコン(冷房)。今年も暑〜い夏がやってきました。でも、冷房が苦手で夏になると体が冷える、地味にストレスが溜まるという人も多いのではないでしょうか。今回は夏なのに寒さ対策が欠かせない、冷房との格闘の日々をまとめた「冷房苦手あるある」をご紹介しましょう。

 
<日常の苦労編>

エアコン(冷房)苦手あるある(1)
夏はどこに行っても室内は寒くてつらい

夏となれば、学校はもちろん、コンビニやスーパー、カフェ、電車など、ありとあらゆる場所で冷房がきいています。もちろん一瞬は「涼しい〜♡」とうれしいのですが、問題はそのあと。すぐに寒くなってしまい、手足が冷える、気持ち悪くなるなんてことも。暑さと寒さが交互に来ることで、体調が安定せず、すっきりしない日々が続くのです。

エアコン(冷房)苦手あるある(2)
防寒具を持ち歩くせいで荷物がかさばる

冷房が苦手な人は、自衛対策としてカーディガンのような羽織もの、ブランケットなどが欠かせません。加えてお腹がよわい人は常温の飲み物をマイボトルにいれて持ち歩くことも。別にエコでもおしゃれでもなくて、自衛策。欠かせない生活必需品なんです。ですが、これらを持ち歩くので荷物がかさばりがちに。しかも荷物、地味に重い〜!

エアコン(冷房)苦手あるある(3)
冷房のなかで冷たい飲み物は、無理!

夏って自動販売機やコンビニで販売されている飲み物がキンキンに冷えていて、ご丁寧に「冷えています」なんてPOPも……。でも、冷房苦手な人にとっては、寒いなかで冷たい飲み物はほんとに無理です。できたら常温を販売していただけないでしょうか。冷えでお腹をよく壊す人のなかには日頃利用している路線の主要駅のトイレの場所はだいたい把握しているとか。

エアコン(冷房)苦手あるある(4)
寒いのは苦手だけど、暑いのも苦手!!

カーディガンなどを羽織っていると「暑くないの?」などと聞かれることがよくあります。この質問に正確に答えることは意外と難しいもの。夏なので暑くないわけではありません。むしろ暑いし、暑いのも苦手。でもそれより寒さ、何より冷房で感じる寒さが苦手なんです。近年は暑さも厳しいし、その半面で冷房はきっちりきいているし、本当に困ったものです。

 
<場所取り激闘編>

エアコン(冷房)苦手あるある(5)
冷風が直撃する席はなんとしても回避

冷房が苦手な人にとってなんとしても避けたいのは、冷房のひんやりした空気が直接あたる席。特に動かずに勉強をする場所、例えば教室や図書館、カフェなどで冷風が直撃してしまうと、寒くて寒くて真夏なのに「凍死しそう……」と頭がいっぱいに。学校などに設置されている業務用エアコンってパワフルなので、本当に死活問題。席選びが超重要になるのです。

エアコン(冷房)苦手あるある(6)
弱冷房車の位置を把握している

不特定多数の人が利用する電車には、冷房の効きを控えめにした弱冷房車が導入されています。冷房が苦手な人にとっては、この車両に乗れるかどうかでその日の体調・コンディションが変わるほど。そのため、弱冷房車の位置を把握し、ご用達にするという人もいるよう。しかし、急いで飛び乗った車両が弱冷房車じゃなかった時は絶望感で胸がいっぱいに……。

 
<バイト編>

エアコン(冷房)苦手あるある(7)
バイト先での空調位置は把握

冷房苦手な人は、バイト先の店舗・教室などでも空調の位置確認のぬかりはありません。というより、真っ先に行なうのが「冷房の吹き出し口はどこにある?」という確認作業になります。その次に行うのはリモコン(操作パネル)がどこにあって、誰が操作するのかということ。別にわがままを通したいんじゃない、快適な温度でストレスなくバイトしたい、その一心なんです!

エアコン(冷房)苦手あるある(8)
冷房を弱めて周囲から冷たい視線を浴びる

温度については個人差も大きく、26度で「寒い」と思っている人がいる一方で「暑い」と思っている人もいてバランスが難しいところ。冷房が苦手な人がバイト中に職場やお店の冷房を弱めたら、まわりから「えっ」と驚かれる、「なんで?」と冷たい視線を浴びる、なんてことも起こりがち。できるだけ「冷房苦手」なバイト仲間で団結して、「温度調整していいですか?」と話せる職場にしておきたいところです。

エアコン(冷房)苦手あるある(9)
手先が冷えて細かい作業に支障が出る

バイトでも「温度調整」できる職場であればいいけれど、ビルでは店舗ごとに温度操作ができない、またはバイト先の上司に言い出しにくいなんてこともありがち。当初はカーディガンなどで対策していても、そのうち手先が冷えてきて、細かい作業に支障が出るなんてことも起こります。なぜ夏に手足が震えて作業ができないのか、よくよく考えてみると不思議な現象ですよね……。

 

まとめ

暑い夏の時期は熱中症になる危険性もあるので、冷房は基本的にはありがたい存在です。でも一方で、「温度設定、低すぎ」「もうちょっと冷房、弱めて」ということもよくありますよね。暑がりさんも冷房苦手な人も、お互いいたわりあって、ちょうどよい温度で気持ちよく働ける環境を整えたいものですね。

文:嘉屋恭子 イラスト:tokico

早速バイトを探してみよう