スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2015年02月03日

冬のほっこり煮物が七変化!?簡単アレンジレシピで “作りすぎ”も怖くない!

煮物メイン
一人暮らし経験者なら、鍋いっぱいの「煮物」に困ったことがある人もいるのでは。もったいないから残さず食べたいけれど、同じ味だと飽きるし、放置しておくと傷んでしまう…。
そこで、作りすぎてしまった食材をちょい足しして、煮物を「鍋ごと」全く別の料理に変身させてみた。

まずは「煮物」→「豚汁」

トン汁

ちょい足しした食材:大根、豚肉、味噌
スタートの煮物に使ったのは、ニンジン、ごぼう、たけのこ、レンコン、こんにゃく、さやえんどうだ。材料がこれと似ている料理といえば…そう、豚汁!煮物が入っている鍋に水を入れ、大根を加えてある程度加熱したら、豚肉を投入。灰汁を取り、最後に味噌を溶かせば出来上がり。
実食:もとが煮物なだけに、食材は少々大ぶりなのだが、そのおかげで食べ応えは抜群。朝ごはんはこれ一杯でもお腹が十分満たされそうだ。

次は「豚汁」→「キムチ鍋」

キムチ鍋

ちょい足しした食材:キムチ、市販のキムチの素
残りの豚汁にうどんを入れていただく方法もあるけれど、それだと味は変わらない。もっとガラッと風味を変えたい! ということで、お次はキムチ鍋に変身させることに決定。豚汁が入った鍋に、キムチとキムチの素をプラスして煮込むだけで、あっという間に完成だ。
実食:豚汁の味噌が効いているのか、コクが感じられて妙にウマイ!ちなみに豚肉以外の具材は、一般的なキムチ鍋にはあまり入っていないものかもしれないが、案外なじんでてイケる。特に大根は、旨みが染み込んでいてたまらない美味しさだ。

まだまだ!最後は「キムチ鍋」→「カレー」

カレー

ちょい足しした食材:じゃがいも、市販のカレールー
キムチほどの強い味をも包み込むものは、もはやカレーしかない!そう思い立ち、食べやすい大きさに切ったじゃがいもをキムチ鍋に投入。しばらく加熱したらカレールーを加え、さらに煮込んで完成だ。
実食:さすがにキムチの味が主張しているのでは?と思いきや、後味に微かに酸味を感じる程度で、これはもう立派なカレー。今回アレンジに挑戦した編集スタッフたちにも大好評で、中には「タッパーに入れて持ち帰ります」と言う者まで。いやはや、このカレーがもともとキムチ鍋、いや豚汁、いや煮物だったとは…!

鍋から溢れんばかりの料理も、少しの食材をプラスするだけで、全く新しい美味しさに変身することがわかった。ズボラな人は、あえてたくさん調理して、食事を一から作る手間を省くのもアリ…かも!?

文:山田彩(エフェクト)/企画:エフェクト