スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2016年09月05日

仕事ができない人の特徴【DJあおいの「働く人を応援します!」】

独自の恋愛観を綴るTwitterが人気の謎の主婦、DJあおいが働くこと・毎日を楽しむためのヒントについて語ります。第64回目のテーマは、『仕事ができない人の特徴』。学生時代にどんなに勉強ができたとしても、社会に出て仕事ができるとは限らない。仕事ができない人と仕事ができる人、どこがどう違う?
DJあおいの「働く人を応援します」仕事ができない人の特徴

イラスト:沼田光太郎

∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
恐怖心より好奇心
∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴

仕事ができない人は臆病なんです。
何に対して臆病なのかといえば、
『わからないこと』なんですよね。
わからないことに直面すると、
まず恐怖心が生じてしまうんですよ。

それはちょっとした拒絶反応ですから、
わからないことにチャレンジするよりも
逃げる方向に行ってしまいがちなんです。

この悪癖は、人間関係にも影響するものでして、
よく知らない人、わからない人が怖いんですよね。

ですので、気心知れた仲だけに閉じこもりがちになり、
あまり外交的な付き合いというものが
できなくなってしまうんです。

チャンスというものは、神様ではなく、
人間関係から生まれるものですからね。

必然的にチャンスに恵まれない環境になり、
いつまでもお望み通りの安全圏にいることしか
できなくなってしまい、
気が付いたら同期や後輩に追い抜かれていた…なんてことに
なってしまうんですよ。

仕事ができる人というのは
『わからないこと』に対して、
恐怖心ではなく好奇心を抱きます。

わからないから逃げるのではなく、
わからないから覗いてみたいと思うんです。

他者を出し抜こうとか、偉い人に認めてもらおうとか、
そういう邪念ではなく、単純に興味があるだけ。

それを知れば知るほど、
また新たなわからないことが出てくるので
興味が尽きることはないんですよね。

そうやって次第に夢中になっていき、
頑張っている自覚もなく、自分が満足するよりも先に、
周りが認めてくれる環境になっているものなんです。

恐怖心よりも、好奇心が先行する人というのは
人間関係も外交的なんですよね。
閉鎖的な人間関係に閉じこもることもなく、
違う人にも興味を持って接していき、
広がっていく人間関係の中で
必然とチャンスも増えていくというわけです。

仕事ができない人は、わからないことに恐怖心を抱き、
仕事ができる人は、わからないことに好奇心を抱く。

恐怖心と好奇心、この二つは誰でも持っているものですが、
恐怖心は先天的なものであり、
好奇心は後天的なものなんです。

好奇心は自分で育てていくもの、
その原動力になるものは想像力です。
恐怖心を抱いてしまい、ネガティブな想像しかできないのは
想像力が足りないからなんですよ。

わからないことに、プラスのイメージを結びつけるのが想像力。
想像力が身に付けば、恐怖心より
好奇心が先行するようになります。

 
過去の記事一覧はコチラ

iconDJあおい
謎の主婦。ツイッターで独自の恋愛観を綴り、一般人としては異例のフォロワー22万。サブアカウントではフォロワーの恋愛相談にも乗り、こちらも異例のフォロワー15万。著名人のファンも多く、幅広い層から支持されているが、その素性はいまだ謎のまま。
■公式ブログ http://djaoi.blog.jp
■Twitter メインアカウント https://twitter.com/djaoi
サブアカウント https://twitter.com/DJ_aoi

過去の記事一覧はコチラ

バナー