スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2017年09月12日

試験監督バイトって実際どうなの?楽なの?キツい?  仕事内容・時給・シフト・メリット・デメリット・体験談なども紹介

試験監督バイトって実際どうなの?楽なの?キツい? 仕事内容・時給・シフト・メリット・デメリット・体験談なども紹介

試験監督バイトは時間の拘束がある一方で業務量としてはそこまで多くなく、一見「楽そう」というイメージを抱く人も多いようです。そこで、実際のところはどうなのか、経験者にアンケート。体験談も交えながらご紹介します。

【目次】
1.試験監督バイトとは?
2.仕事内容
3.時給
4.勤務時間
5.試験監督バイトのメリット
6.試験監督バイトのデメリット
7.実際に働いてみてどう?
8.メリットは?
9.身につくスキルは?
10.こんな人におすすめ
11.まとめ

試験監督バイトとは?

試験監督 バイト タウンワークマガジン
試験監督バイトの主な仕事内容は、受験生や学生の模試等の際に、問題用紙や解答用紙を配り、試験中は不正がないよう見回りをして、試験終了後に解答用紙を回収することです。また、試験の前後に会場の準備や片付けなども行う場合があります。重要な模試になると、受験票の顔写真と本人の確認をしたり、出欠確認や解答用紙の確認など、ミスがないように行う必要があります。

仕事内容

試験監督 バイト タウンワークマガジン

開始前

試験時間よりも1〜2時間早く集合し、当日の流れについて詳しい説明を受けます。事前にマニュアルが配られる場合もあります。説明を聞いたら、各試験会場へ行き、黒板やホワイトボードに注意事項や時間割を記入するなど、会場のセッティングを行います。場合によっては、机や椅子のセッティングをする場合もあります。

試験開始〜試験中

学生や受験生が机に座ったら、試験についての説明や注意事項を話し、問題と解答用紙を配り、試験を開始します。試験中は、カンニングなどの不正がないかを見回ります。場合によっては、出欠確認や、受験票の顔写真と受験者本人の確認を行う場合もあります。

試験後

試験終了後、問題用紙と解答用紙を回収し、「受験者数と解答用紙の数が合っているか」「名前などの記入漏れがないか」「忘れ物がないか」をチェックします。続けて試験がある場合はこれを繰り返すこととなります。
すべての試験が終了したら、黒板やホワイトボードをきれいにし、会場の片付けをします。責任者へ報告したら、バイト終了となります。

時給

試験監督 バイト タウンワークマガジン
試験監督には時給制と日給制があります。時給は1,000円~1,500円程度、日給の場合は8,000円程度が相場となっている傾向です。試験時間が長さによって分かれていたり、雇用先の制度によって変わったりします。

勤務時間

試験監督 バイト タウンワークマガジン
監督する試験によって大きく異なります。短時間で済むものもあれば、長時間の場合もあるでしょう。例えばTOEICなどの場合は、前後の準備があったとしても3~4時間で終わる傾向です。短時間で終わるとしても試験が続く場合は連勤の可能性もあるため、確認しておきましょう。一方、センター試験や大学模試などは8時間以上かかる場合もありますので、勤務時間はしっかりと確認してから応募しましょう。

試験監督バイトのメリット

試験監督 バイト タウンワークマガジン
仕事内容に複雑なものがなくわかりやすく、誰にでもすぐ始められることが大きなメリットです。肉体労働をすることもなく、多くの場合は座っていることも可能なので、楽だと感じる人が多いようです。また、単発でできて、給料が良いことも人気の理由です。

試験監督バイトのデメリット

試験監督 バイト タウンワークマガジン
試験中はしっかりと監督しなければならない一方で、受験生の邪魔にならないよう、静かにしている必要があり、人によっては退屈だ、暇だと感じてしまうかもしれません。会場によっては本を読むことができる場合もありまが、多くの場合、試験中はただ座っているか立っているかだと思っておきましょう。試験者が不正をしたり、質問されたりがなければ暇になってしまい、時間がただ過ぎることを待つのが辛い方にはしんどいと感じるかもしれません。

実際に働いてみてどう?

試験監督 バイト タウンワークマガジン
それでは、実際に試験監督バイトを経験した方の体験談を見ていきましょう。

試験監督バイトは楽だった? 辛かった?

【楽だった】
・試験が始まると特別にする事が少なく、他のアルバイトに比べて比較的楽だと思いました。(40代/男性/正社員)

・特に体を酷使することなく、高額なアルバイト料をもらうことができるので。(30代/女性/学生)

・朝は早いですが、試験の説明をして、問題用紙と解答用紙を配り、開始の合図をし、終わるのを待ち、解答用紙を回収し、枚数の確認をするだけで、試験中はボーっと眺めているだけで良いので簡単で楽です。(20代/女性/専業主婦(主夫))

【辛かった】
・時間が長く感じる。基本的に物音のない静かな場所で行われるので、その雰囲気に呑まれると一分が途轍もなく長く感じられる。(50代/男性/正社員)

・ひたすら眠気との勝負だったような気がする。寝てしまってはダメだが起きててもすることが無い。(30代/男性/正社員)

・朝異常に早く、夜もうんと遅い試験監督があった。センター試験模試はもうやらない(50代/男性/派遣社員)

試験中は「見回り」以外にすることがないので、楽に感じる人が多いようです。肉体労働をしたくない人や、なにもせず時間を過ごすことに抵抗がない人には丁度よいバイトかもしれません。しかし、時間がただ過ぎることを苦痛に感じる人や、あまりに試験時間が長いときはどうしても辛く感じてしまう人もいます。はじめは短い時間から経験してみて、自分に合うと感じたら長い時間のものに挑戦するのもいいかもしれませんね。

メリットは?

試験監督 バイト タウンワークマガジン
試験監督をするメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

試験監督バイトの良かった所は?

【給料が良い】
・1日単位ででき、給料もその日にもらえることです。また前日に試験監督の説明会があり、交通費や説明会の参加費をもらえました。(30代/女性/公務員)

【業務内容が楽】
・試験監督バイトの良かった点は、試験時間中は本人確認が終われば本を読んだり、リラックスできた事。(50代/男性/派遣社員)

【スキルが必要ない】
・他のバイトと比べて身体も頭も使わない仕事なのに、給料の割合が良いところ。(30代/女性/専業主婦(主夫))

仕事内容にスキルを必要とせず、誰でもできるうえに、まとまった時間働くので給料も良い点が非常に魅力的なようです。また、働いたその日に給料が手渡しされる場合も多く、急にお金が必要になったときに都合の良いバイトと言えます。監督する試験によりますが、本を読んだりすることもできれば暇なく時間を過ごすことができるでしょう。

身につくスキルは?

試験監督 バイト タウンワークマガジン
試験監督を行ううえでのスキルは必要ありませんが、試験監督をすることで身につくスキルもあります。実際にアンケートの声はどんな回答だったのでしょうか?

試験監督バイトで身に付いたスキルは?

【身につくスキルは?】
・試験の流れがだいたい同じだと分かったので、時間配分、受験者への指示の出し方、声をどのくらい出せば全員に聞き届けられるか(声の出し方)などがわかった。また、カンニングなどの見分け方も少し分かってきた。(60代/女性/専業主婦(主夫))

・精神力を養うことができます。一定の時間、じっとして座っているからです。(50代/女性/個人事業主)

・試験前に説明を行う事で、説明能力が高まりました。それに加えて多くの人を目の前にしても緊張しなくなりました。(40代/男性/正社員)

試験前後の説明時には分かりやすくはっきりとした声で話さなければいけないことも多いようです。説明する能力や声の大きさの加減などが慣れることによって向上した意見も聞かれます。慣れてしまえば人前で話すことに抵抗がなくなり伝えたいことをうまく話せるようになり、多くの人の前で話すことに緊張しなくなったという回答もありました。また“長時間、何もせずに耐える”という精神力が鍛えられたという人もいます。

こんな人におすすめ

試験監督 バイト タウンワークマガジン
限られた時間で稼ぎたい学生にとって、短時間で高時給な試験監督バイトはおすすめです。働く日数にノルマなどもなく、空いている日に、短ければ3~4時間から働けるのは時間のない学生にはぴったり。試験中は暇だと感じる人もいるかもしれませんが、最後まで責任感をもってやり遂げられる人にはやりがいがあることでしょう。

まとめ

試験監督は、あまり体力を使わずに誰でも応募できる高時給バイト。時間の拘束が長いと大変さを感じるかもしれませんが、まとまった収入を得やすいので人気のバイトです。ぜひチャレンジしてみてくださいね。