スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2018年03月23日

アニメ「斉木楠雄のΨ難」第2期の声優バイト!人気アニメ作品で声優デビュー!

斉木楠雄のΨ難 アニメ 激レアバイト タウンワーク タウンワークマガジン townwork

大人気アニメ「斉木楠雄のΨ難」は、あらゆる超能力を持つ高校生・斉木楠雄の日々を描く学園ギャグストーリーだ。第2期の声優として、アフレコ収録を体験する激レア“アニメ”バイトに密着取材を敢行! アニメの声優に挑戦できるだけでなく、エンドクレジットにも名前が載るので、ファンにはたまらない経験となるバイトだろう。(エンドクレジットが載る第11χ放送は3月27日(火)放送予定!)

実は、彼らだからこそできる表現が求められている今回の任務。無事に果たすことができるのか!?

普段体験できない挑戦に意気込み高まる!

斉木楠雄のΨ難 アニメ 激レアバイト タウンワーク タウンワークマガジン townwork

今回採用されたのは、米森勇気さん(左)と神谷大夢さん(右)。米森さんは、プロの声優を目指し専門学校で演技を学んでいる。神谷さんは、アニメが好きな大学生で声優についての知識はゼロ。今回は、声優のお仕事ではあるが、実は今回の役に求められるのは普通らしさ。これがどのように影響するかが楽しみだ。

斉木楠雄のΨ難 アニメ 激レアバイト タウンワーク タウンワークマガジン townwork
米森さん「僕は声優を目指しているので、今回の機会をいただけてとても嬉しいです!昨日は緊張してあまり眠れませんでした。学校では味わえない現場の雰囲気を体感して、夢に近づけるように学べることはとにかく吸収したいです!

斉木楠雄のΨ難 アニメ 激レアバイト タウンワーク タウンワークマガジン townwork
神谷さん「声優志望でもないので、今回採用されたことに驚きました。未経験の新しいことにチャレンジできることが嬉しいです!サッカーで培った持ち前の根性で、自分の持てる力を出し切りたいと思います!

普通とは何か。役に求められる表現に悩む!

斉木楠雄のΨ難 アニメ 激レアバイト タウンワーク タウンワークマガジン townwork

企画担当者とご挨拶し、本日の内容の説明を受ける。二人とも緊張の面持ちで真剣に話を聞いている。

斉木楠雄のΨ難 アニメ 激レアバイト タウンワーク タウンワークマガジン townwork
「斉木楠雄のΨ難」の原作は、週刊少年ジャンプで連載され、コミックスの累計発行部数は600万部突破という人気漫画だ。今回、二人が担当するのは、17巻の180χ「奇跡の凡Ψ(才)現る!」の回だ。

斉木楠雄のΨ難 アニメ 激レアバイト タウンワーク タウンワークマガジン townwork
本日の台本が渡され、セリフの説明を受ける。

配役は、斉木楠雄の中では珍しい「普通」のキャラクター佐藤広くんの友達の田中くんと鈴木くん。「普通」を強調したキャラクター設定だ。

「普通」のキャラクターを、プロではない「普通」の人に、一生懸命演じて欲しいということで今回のオファーが来ています。とにかく「普通」を意識して演じてください」と企画担当者。今回は普通らしさを表現することが求められるのだ。

斉木楠雄のΨ難 アニメ 激レアバイト タウンワーク タウンワークマガジン townwork
原作を見ながら、どのようなキャラクターか確認する。

「普通」の佐藤広くんのベタな友達、“小柄で眼鏡が特徴の田中”と“太った体型が特徴の鈴木”の2名。よくあるベタな「普通」の友達3人組として登場する。

斉木楠雄のΨ難 アニメ 激レアバイト タウンワーク タウンワークマガジン townwork
セリフを確認して印を付ける。セリフは、田中の「よー佐藤」「おはよー」「今日は朝ごはん何食べた?」「僕はトーストにコーヒーだったよー」と鈴木の「僕は納豆だよー」だ。

斉木楠雄のΨ難 アニメ 激レアバイト タウンワーク タウンワークマガジン townwork
僕はトーストにコーヒーだったよー」と、早速声にしてみる米森さん。声優を目指し演技の学校で学んでいるからだろう、とても上手に聞こえる。

キャラ感できすぎちゃってるかも」と自己分析をする米森さん。そう、今回は普通らしさが求められている。そのバランスに悩んでいるようだ。

斉木楠雄のΨ難 アニメ 激レアバイト タウンワーク タウンワークマガジン townwork
その後は、それぞれ、原作の漫画を読んだり、放送済みのアニメを確認したりしながらイメージを膨らませていく。

斉木楠雄のΨ難 アニメ 激レアバイト タウンワーク タウンワークマガジン townwork
イメージができたところで練習へ。米森さんは、普段の発声練習の成果からなのか、とても声の通りが良い。二人とも普通らしさを意識しながら、演じすぎず、棒読みにもならないように、模索しながら練習をしている。

斉木楠雄のΨ難 アニメ 激レアバイト タウンワーク タウンワークマガジン townwork
神谷さんもはじめての体験に戸惑いつつも、堂々と演じていて筋の良い感じがする。期待できそうだ。

斉木楠雄のΨ難 アニメ 激レアバイト タウンワーク タウンワークマガジン townwork
途中、米森さんが普段行っているトレーニングを披露してくれた。割り箸を口に挟み、外郎売り(ういろううり)という歌舞伎の演目を発声する練習だ。

外郎売りは、早口言葉のように言いにくく、長い演目のため、声優や舞台役者は、誰もが行うような練習法だそうだ。おそらく、野球でいう素振りのようなものだろう。5、6分くらいで長い演目を最後まで披露してくれた。

斉木楠雄のΨ難 アニメ 激レアバイト タウンワーク タウンワークマガジン townwork
神谷さんもチャレンジ。なかなか言いづらくしゃべるのも大変そうだ。これで外郎売り(ういろううり)をすらすら言えるようになったら、それは滑舌も良くなるはずだ。

アフレコの時間が近づいてきたので移動することに。はたして、ここでのトレーニングが本番につながるか。

ついに本番! 練習の成果はいかに!?

斉木楠雄のΨ難 アニメ 激レアバイト タウンワーク タウンワークマガジン townwork
アフレコが行われるスタジオに入る二人。声優を目指している米森さんも、通っている学校の設備とはまた違うようで、初めて来る場所のようだ。期待と緊張の両方が表情から伝わってくる。

斉木楠雄のΨ難 アニメ 激レアバイト タウンワーク タウンワークマガジン townwork

監督や音響監督、関係者一同とご挨拶。「よろしくお願いします!」と元気に言えた。

今回は平凡なキャラクターなので、「普通」の方に「普通」の演技を精一杯して欲しいです」とスタッフさんから改めて説明を受ける。

斉木楠雄のΨ難 アニメ 激レアバイト タウンワーク タウンワークマガジン townwork
画面に映し出されているのは完成前の映像。それを元にアフレコをしていくのだ。動いていない分、タイミングがとても難しそうだ。

監督から「もし出遅れてもそこで止まらず、その分後ろにズレて言い切ってもらえれば大丈夫」との説明を受けた。

斉木楠雄のΨ難 アニメ 激レアバイト タウンワーク タウンワークマガジン townwork
また、この場でセリフの割り振りも一部変更が入り、説明を受ける。ひと言だと思っていた鈴木のセリフが増えることに。

太ったキャラの鈴木を米森さんが担当。まずは二人ともテストで声入れをしてみる。

斉木楠雄のΨ難 アニメ 激レアバイト タウンワーク タウンワークマガジン townwork
小柄で眼鏡キャラの田中は神谷さんが担当。


テストを聞いて、「んー「普通」だ」と監督。これはNGではなく、とても良い感触。求めている普通らしさがでているようだ。

斉木楠雄のΨ難 アニメ 激レアバイト タウンワーク タウンワークマガジン townwork
何回かテストをしながら、少しずつ修正をしていく。

笑顔なんで、もう少し笑顔な感じで」、「鈴木はもうちょっと太ってる感じの声でお願いします」と監督から指示が入る。

斉木楠雄のΨ難 アニメ 激レアバイト タウンワーク タウンワークマガジン townwork
僕は納豆だよー」とセリフを読み上げる米森さん。

語尾を下げ気味から 上げ気味にしてみて」、「ちょっと太りすぎたかも、もう少し痩せ気味で」と次々と指示が入っていく。

斉木楠雄のΨ難 アニメ 激レアバイト タウンワーク タウンワークマガジン townwork
監督や音響監督からの指示に応える二人。

斉木楠雄のΨ難 アニメ 激レアバイト タウンワーク タウンワークマガジン townwork
「バッチリです!」と監督。満足な出来に仕上がったようだ。

最初から予想以上に「普通」だったよ。これやってくれっていってもプロにはなかなかできない」と監督からお言葉をいただけた。練習での成果もあったはずだ。今回の普通らしく演じるというミッションは達成でき、二人の収録は大成功で終えることができた。

斉木楠雄のΨ難 アニメ 激レアバイト タウンワーク タウンワークマガジン townwork
収録後にみなさんにご挨拶。

「普通」を求めていたので、あまりうまくやりすぎるなよ、と思っていましたが。一発目からとても良かったです。素人の感じは、逆にプロになってしまうと出せない。プロじゃないからこその雰囲気を出せたと思います。もしプロになっても、この感じを覚えておいて欲しい」と監督。

監督から二人へのエールをいただいたところで、本日の激レアバイトも終了に。声優としてアニメの世界で1日奮闘した二人に感想を聞いた。

斉木楠雄のΨ難 アニメ 激レアバイト タウンワーク タウンワークマガジン townwork
米森さん「前日は、あまり眠れないほど緊張しましたが、本番は楽しみながら臨むことでき、ホッとしています。学校では味わえない現場の雰囲気や、スタッフさんの指示も体感できて、これからの自分への改善点を学ぶことができました

斉木楠雄のΨ難 アニメ 激レアバイト タウンワーク タウンワークマガジン townwork
神谷さん「いかに「普通」を演じるかがとても苦労しました。個性を出し過ぎてもいけないし、かといって強すぎてもダメ。さじ加減が難しかったです。未知の領域に踏み入れる、勇気と挑戦心を学ぶことができました。自身の可能性に見切りをつけるのではなく、何事も挑戦することが大事だと感じました

二人の言葉から、充実した体験ができたことがわかる。この経験は、二人の今後に役立つはずだ。声優としてデビューして、再びエンドロールを飾る日もくるかもしれない。

 

▼このバイトに興味が湧いた人はコチラ▼