スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2019年04月05日

【激レア体験レポ】月刊漫画誌「少年エース」の編集部に潜入!1日編集アシスタントバイト

少年エース 編集 KADOKAWA アシスタント 激レアバイト タウンワーク townwork今回の激レアバイトは、KADOKAWAの人気漫画誌「少年エース」で1日編集者を務めるというものだ。プロの編集者のアシスタントとして、知られざる編集部に潜入! 果たして、どんな体験が待っているのか?

 

漫画家が夢! 漫画に携わる仕事を体験したい!

少年エース 編集 KADOKAWA アシスタント 激レアバイト タウンワーク townwork採用されたのは、漫画が大好きという山口将史さん舟崎舞さん

少年エース 編集 KADOKAWA アシスタント 激レアバイト タウンワーク townwork
山口さん「きれいに絵を描き、さらに物語にしている漫画はすごいと思います。漫画家さんや編集されている方々が日頃、どのような努力をされているのか非常に気になっていました。普段は見られない編集の方々の仕事ぶりを肌で感じ、自分自身もその力になれるように頑張りたいと思います。」

少年エース 編集 KADOKAWA アシスタント 激レアバイト タウンワーク townwork
舟崎さん「小学生の時から漫画家になることを夢見ていました。5年前には同人誌に掲載させていただいたこともあります。大学を休学して、美術学校に通ったこともありますが、自分の絵の下手さに落ち込み、描けなくなってしまいました。春からは漫画とは無縁の会社で働きますが、漫画に携わる仕事を体験し、そのお手伝いができたらと思って、応募しました。」

少年エース 編集 KADOKAWA アシスタント 激レアバイト タウンワーク townwork最初のミッションは、会社について知ることからスタート!
会議室でご担当者さんとご挨拶をした後、飯田橋駅周辺に点在する「KADOKAWA」の自社ビルをそれぞれ見て回る。

少年エース 編集 KADOKAWA アシスタント 激レアバイト タウンワーク townwork
少年エース 編集 KADOKAWA アシスタント 激レアバイト タウンワーク townwork
少年エース 編集 KADOKAWA アシスタント 激レアバイト タウンワーク townwork「少年エース」編集部があるのは、KADOKAWA富士見ビルだが、打ち合わせのために各ビルを回ることも多いという。第3本社ビルの入り口には有名キャラクターがお出迎え。メディアミックス事業を展開する大手出版社の雰囲気に圧倒される二人。

一通り見終わったところで、再びKADOKAWA富士見ビルへ。次はどんなことが待っているのか?

 

部外者立ち入り禁止の編集部に潜入!

少年エース 激レアバイト タウンワークマガジン
何をおいても少年エースの勉強から!
仕事を体験する前に、ご担当者さんからのオリエンテーションを受ける二人。

「少年エース」はKADOKAWAのまさにエース的存在の月刊誌。毎号1000ページを超える読み応えのあるボリュームも人気の理由だ。

少年エース 編集 KADOKAWA アシスタント 激レアバイト タウンワーク townwork
ご担当者さん「有名な連載では『ケロロ軍曹』を始め、『未来日記』『日常』などがあります。オリジナルをやったり、コミカライズ(漫画化)をやったり。時代とともに変遷している雑誌です。」

少年エース 編集 KADOKAWA アシスタント 激レアバイト タウンワーク townwork二人の理解が深まったら、いよいよ編集部の見学だ。

少年エース 編集 KADOKAWA アシスタント 激レアバイト タウンワーク townworkエレベーターに乗って編集部へ。
ご担当者さんの机の上には様々な雑誌が山積みされており、なかには出版前の企画や作品の資料も。

少年エース 編集 KADOKAWA アシスタント 激レアバイト タウンワーク townworkロッカーにはバックナンバーがズラリ。
背表紙のデザインだけでも変化しており、創刊1994年の歴史と変遷が感じられる。

ご担当者さんから「何か聞きたいことはありますか」と言われ、二人が質問。

少年エース 編集 KADOKAWA アシスタント 激レアバイト タウンワーク townwork
山口さん「1日どれくらい働いていらっしゃるのですか?」

少年エース 編集 KADOKAWA アシスタント 激レアバイト タウンワーク townwork
ご担当者さん「11時くらいに出社して、帰るのは20時くらい。雑誌の校了前は忙しいので、終電近くになることはありますが、平均すると、9時間くらいです。」

少年エース 編集 KADOKAWA アシスタント 激レアバイト タウンワーク townwork
舟橋さん「忙しい時は会社に泊まったりするのですか?」

少年エース 編集 KADOKAWA アシスタント 激レアバイト タウンワーク townwork
ご担当者さん「出版社と言えば、そういうイメージもあるかもしれませんが、うちの編集部ではないです。健康上も警備上もよくないですよね。終電前には帰って、翌日早く会社に来ることが多いです。」

少年エース 編集 KADOKAWA アシスタント 激レアバイト タウンワーク townwork
山口さん「机の上には『少年ジャンプ』がありましたね。個人で買われたのですか?」

少年エース 編集 KADOKAWA アシスタント 激レアバイト タウンワーク townwork
ご担当者さん「各社の雑誌は編集部で購入しているので、読むことができます。各社の雑誌を読み比べるのは大事な仕事の一つです。」

編集者の仕事への興味が尽きない二人だが、次は漫画製作を実体験できることに…。

 

写植指定に挑戦! 漫画家の卵さんとの打ち合わせに同席も!

少年エース 編集 KADOKAWA アシスタント 激レアバイト タウンワーク townwork編集者の仕事は、多岐にわたる。
その業務の一例として、24周年記念のプレゼントページのレイアウトの指示書を参考に、説明してくれた。

少年エース 編集 KADOKAWA アシスタント 激レアバイト タウンワーク townwork「記事部分は自分で原稿を書いたり、レイアウトします。まず、メインの見出しを何にするか、どういうビジュアルを使おうかを考えます。ほかには、コミックスのカバーを決めたり、帯のキャッチコピーを考えるのも編集者の仕事です。さらには、アニメ化が決まっていれば、その打ち合わせをしたり、漫画家さんの持ち込みの対応をすることもあります。」

少年エース 編集 KADOKAWA アシスタント 激レアバイト タウンワーク townwork
舟橋さん「記事ページの作成にはどれくらいの日数がかかるものなんですか?」

少年エース 編集 KADOKAWA アシスタント 激レアバイト タウンワーク townwork
ご担当者さん「記事の中身にもよります。確認作業がいらないものは作業開始からデザイナーさんから仕上がってくるまで1週間くらいです。アニメ化決定の記事などは、その権利を持っている製作委員会さんがいますので、確認が必要なので、10日程度かかります。」

少年エース 編集 KADOKAWA アシスタント 激レアバイト タウンワーク townworkと、ここで、実際に編集者の仕事を覚えるために、写植指定に挑戦することに!

写植指定とは、漫画の吹き出しの部分に、文字のフォントや大きさを書き込む作業のこと。作品の世界観を左右する重要な仕事だ。

少年エース 編集 KADOKAWA アシスタント 激レアバイト タウンワーク townwork用意してくれたのは、ご担当者さんが受け持つ新人漫画家さんの未発表原稿の一部。手書き原稿ではなく、デジタルデータなので、吹き出し部分には既に文字が印字されているが、ここに適切な文字フォントを指定していく。

少年エース 編集 KADOKAWA アシスタント 激レアバイト タウンワーク townwork原稿と同時に二人に渡されたのは「Q数指定表」という編集者のアイテム。文字の物差しのようなものだ。

少年エース 編集 KADOKAWA アシスタント 激レアバイト タウンワーク townwork吹き出しに「Q数指定表」を合わせて、適切なサイズを決め、脇に「20Q」という具合に書き込んでいく。

少年エース 編集 KADOKAWA アシスタント 激レアバイト タウンワーク townwork
少年エース 編集 KADOKAWA アシスタント 激レアバイト タウンワーク townwork二人も写植指定に挑戦。「Q数指定表」をセリフに当てて、数字を書き込んでいく。

少年エース 編集 KADOKAWA アシスタント 激レアバイト タウンワーク townworkこうして完成したのがこちら。

今回はQ数指定のみ行ったが、四角の吹き出しのモノローグには、ほかのフォントを指定するのが約束事なのだという。文字の大きさ、形の使い分けによって、漫画世界が豊かになっていることを知り、二人も関心しきりだった。

少年エース 編集 KADOKAWA アシスタント 激レアバイト タウンワーク townwork最後はデビュー前の漫画家の卵の方との打ち合わせに立ち会わせていただいた。

この方は2年前に海外から来日し、漫画家の勉強を続けている青年。今回は漫画の下描きにあたる「ネーム原稿」を持ち込んできた。

少年エース 編集 KADOKAWA アシスタント 激レアバイト タウンワーク townwork
プロの編集者の仕事を垣間見たところで、この日のミッションは終了に。

最後に、二人に感想を聞いた。

少年エース 編集 KADOKAWA アシスタント 激レアバイト タウンワーク townwork
山口さん「ひとつひとつが新鮮で、普段見られない場所や物を見ることができて、興奮しました。セリフの吹き出しや文字の大きさ、表現は編集者の方が担当しているのだと初めて知りました。普段、ただ楽しく読んでいるだけの漫画でしたが、作家さんと編集者の二人三脚で作り上げているんだなと思いました。今後、漫画を読む度に思い出すような、素晴らしい体験ができました。」

少年エース 編集 KADOKAWA アシスタント 激レアバイト タウンワーク townwork
舟橋さん「編集の仕事はぼんやり分かったつもりでいましたが、思わぬ発見があったり、昔からの疑問が解消されました。ネームの指定は簡単そうに見えて、奥が深かったです。1冊の本には多くの方が関わっているのだと知り、驚いたと同時に、世界が広がった気がします。」

二人にとって未知だった漫画誌製作現場。
作品の表現を漫画家とともに創り出す編集者の仕事ぶりを知り、より漫画の世界に魅了されたようだ。

 

▼激レアバイトに興味を持った方はこちら▼

早速バイトを探してみよう