スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2016年09月09日

「意識高い系」と言われてしまう人と本当に意識が高い人の違い│名越康文

意識高い系

ここ数年、一般でも使われるようになった「意識高い系」という言葉。日常でビジネス英語を使いたがったり、セミナーへ参加して成長を実感したことをSNSにアップする人たちのことを指しますが、実態が伴わないことが少なくないため所謂「イタイ人」として揶揄されることが最近では多いように見受けられます。そんな「意識高い系」の人と、本当に意識が高く仕事で実績を上げる人の違いについて、テレビでもおなじみの精神科医・名越康文先生(@nakoshiyasufumi)にお話しを伺いました。

違いは100日後に出る

やる気には、内発的なやる気と、集注欲求に基づくやる気の2つがあります。「集注欲求」というのは僕が心理学に応用した造語なのですが、「他人からの関心を引き寄せようとする欲求」と理解してください。赤ん坊や幼児は、泣き叫ぶことによって母親の関心を得ようとしますよね。これが集注欲求の原型です。

世間で揶揄される、いわゆる「意識高い系」というのは、集注欲求によるやる気が前面に出ている人だということが言えます。簡単に言えば、意識高い系の人は内発的なやる気に乏しく、「やる気があるように見せたい」だけの人だということができるでしょう。

実は、本当にやる気がある人と、やる気があるように見せたいだけの人は、簡単に区別することができます。両者の違いは「行動の変化」に現れます。

人間は習慣のなかで生きています。「やるぞ!」と口にすることは誰にもできますが、行動を変える人は滅多にいない。集注欲求によるやる気で動いている「意識高い系」の人が、実際に自分の行動を継続的に変えることはほとんどありません。

何かを口にした「100日後」に(場合によっては2週間後に)、その人の行動が変わっているかどうか。それを見れば、その人が内発的なやる気で動いているか、集注欲求で動いているか、ということは簡単に見分けがつくでしょう。

2つのやる気は同居する

gromovataya130200075.jpg -
内発的なやる気と、集注欲求によるやる気。実は、この2種類のやる気というのは多くの場合、一人の人間の中に同居しています。内発的なやる気だけ、あるいは集注欲求によるやる気だけの人というのは実際にはいない。ということは「意識高い系の人」はいつでも、「本当に行動する人」に変わる可能性を秘めている、ということです。

例えば「自分が尊敬している人から認められたい」という動機は、大きく分ければ「集注欲求によるやる気」ということになります。でも、「ほめられたい」と思って実際に行動をしているうちに、それがだんだんと内発的なやる気に転化していくことは少なくありません。

「意識高い系」の人の行動は、しばしば周囲に「うざい」「痛い」と感じさせてしまいます。それは、実際に行動しないのに、自己表現が稚拙かつ過大だからです。でも、長い期間でみれば、そういう人がだんだんと「内発的な動機」を育て、「口だけ」ではなく「行動」の人に変わっていくことは少なくない。

だから僕は、「意識高い系でも別にいいじゃないか」と思っています。若者が社会に出ると必ず、「驚くほどすごい人」に出会います。それを見て、自分も同じようになりたいと思う。その人に憧れて、言葉遣いや行動や服装を真似たりする。これはまさしく「意識高い系」そのものです。でも、人が成熟していく過程でその段階を踏むのは、むしろ当然ではないかと思うんです。

良い師を見つけるということ

father teaches son to find inner balance
若い頃というのは、多くの人が強い集注欲求を持ち、それをいわばエネルギー源として行動しています。誰かに認められたい、ほめられたいという思いは、若者を行動に駆り立てる「燃料庫」のようなものなのです。

しかし、継続的に行動を変えていこうと思うのであれば、人はいつか、それを内発的な「やる気」へと転化させていく必要があります。そして、その転化を引き起こしてくれるのは、優れた「師」の役割だと僕は考えています。

世の中には、自分に付き従ってくる人を、いつまでも自分の「子分」として従えようとする人がたくさんいます。耳障りの良いイエスマンを手元に置き続ける人にとっては、周囲の人間がいつまでも集注欲求に囚われているほうが、都合がいいのです。そういう人のそばにいると、その人にほめられること、その人に評価されることばかりを求める人間から脱皮することができなくなってしまう。

集注欲求によるやる気が、内発的なやる気へと転換していくというのは、それまで「師」に依存していた弟子が自立し、師から精神的に自立してゆくということでもあります。自分に付き従う人の自立を心から願える「師」というのは、それほど多くはありません。そういう意味で師は先生や上司や先輩でもあり同時に、親しい友人でもあるのです。

「いかにして良き師を見つけるか」ということ。それこそが、「意識高い系」から脱皮し、本当に社会で活躍できる人間に成長できるかどうかの分かれ目となるのです。

 
※この記事は公式メルマガ「生きるための対話」よりお届けします。

企画:プレタポルテby夜間飛行

<関連書籍情報>
『驚く力 さえない毎日から抜け出す64のヒント』名越康文 著/1500円+税

驚く力書影 - コピー毎日が退屈で、何をやってもワクワクしない。テレビを見ても、友達と話していても、どこかさびしさがぬぐえない。自分の人生はどうせこんなものなのだろう――。そんなさえない毎日を送るあなたに足りないのは「驚く力」。
現代人が失ってきた「驚く力」を取り戻すことによって、私たちは、自分の中に秘められた力、さらには世界の可能性に気づくことができる。それは一瞬で人生を変えてしまうかもしれない。自分と世界との関係を根底からとらえ直し、さえない毎日から抜け出すヒントを与えてくれる、精神科医・名越康文の実践心理学! amazonで購入する

精神科医・名越康文名越康文(なこしやすふみ)
1960年、奈良県生まれ。精神科医。臨床に携わる一方で、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画評論、漫画分析など様々な分野で活躍中。著書に『毎日トクしている人の秘密』(PHP、2012)、『自分を支える心の技法 対人関係を変える9つのレッスン』(医学書院、2012)、『驚く力 さえない毎日から抜け出す64のヒント』(夜間飛行、2013)などがある。