スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2017年12月01日

SCANDALメンバーに聞いた「アーティストになると決心した瞬間は?」【コヤブソニック2017出演者インタビューVol.2】

SCANDALメンバーに聞いた「アーティストになると決心した瞬間は?」【コヤブソニック2017出演者インタビューVol.2】
 
11月3日〜5日までの3日間、インテックス大阪にてタウンワークが特別協賛したコヤブソニック2017が行われた。連日ステージには錚々たるアーティスト、芸人が集結。熱いパフォーマンスを繰り広げてくれました。

そんな、第一線で活躍する出演者たちも、かつては夢見る少年少女だったはず。今回タウンワークマガジンでは、彼ら、彼女らが夢を見つけた瞬間、そして今に至るまでの物語を語ってもらいました。シリーズ2回目のゲストは熱いライブを繰り広げてくれたSCANDALの4人です。
 

<子どもの頃の夢>
(子どもの頃になりたかった職業)

「自分はセーラームーンになるんだ!」ってそれしか考えてなかった

 
TOMOMI
TOMOMI(Bass & Vocal) 小さい頃、アニメ『美少女戦士セーラームーン』が大好きで。「自分はセーラームーンになるんだ!」って、それしか考えたことがないです(笑)。

 
MAMI
MAMI(Guitar & Vocal) 保育園のころは、建築士になりたいと思っていました。というか、設計やデザインはもちろん、土木工事まで含めて、将来は全部自分で家を建てたいなって。

 
TOMOMI
TOMOMI 昔からもの作りが好きな、MAMIらしい夢やな。

 
HARUNA
HARUNA(Vocal & Guitar) 私は幼稚園の年長さんあたりから安室奈美恵さんに憧れていて。歌って踊るアーティストになりたかったです。

 
RINA
RINA(Drums & Vocal) 私も、小さい頃からステージに立つ人になりたくて。幼稚園のころから劇団に入っていてレッスンを受けたり、小中学生になるといろいろなオーディションを受けながら、そういう華やかな世界への憧れがありました。

 

<夢を見つけた瞬間>
(今の仕事を目指そうと思ったキッカケ)

ある日突然、ダンススクールの先生から「楽器をやってみないか」と言われる

 
HARUNA
HARUNA 私たち4人とも、もともとは大阪のダンス&ヴォーカルスクールに通っていたんです。

 
RINA
RINA 私とHARUNAは小さい頃から追っている夢を叶えるためにね。

 
TOMOMI
TOMOMI 私はただダンスが好きで、趣味で習うっていう感じだったんですけど。

 
MAMI
MAMI 私も習い事感覚でした。

 
RINA
RINA そうしたら、ある日突然、スクールの先生から「楽器をやってみないか」って言われて、この4人でバンドを組むことになったんです。

 
――まさかの急展開!
 

RINA
RINA もう、びっくりでしたけど、私なんかはどんな手を使ってでも夢を叶えたい!っていう一心で、その提案に飛びついたんです。

 
TOMOMI
TOMOMI ただ……まず楽器を知るところからのスタートで、自分からバンドを始めたわけじゃなかったから、劣等感みたいなものも最初はあって。

 
MAMI
MAMI 私は、バンドといえばギターかな?っていうくらいのノリで、スクールの先生に勧められるままにギターを始めたから、わからないことがたくさんだったし。

 
RINA
RINA でも、2年後にデビューして、アメリカツアーをやることも決まっていったから、そこに追いつくために毎日レベルアップしなきゃっていう気持ちが、4人ともすごくあって。
 
HARUNA
HARUNA 自分たちで、大阪城ホールでライブをしようって決めてね。

 
RINA
RINA それから、大阪城ホールが見える大阪城公園でストリートライブを始めたんです。

SCANDALメンバーに聞いた「アーティストになると決心した瞬間は?」【コヤブソニック2017出演者インタビューVol.2】

 

<夢への道のり>
(今の仕事につくために、努力したこと、作戦を立てたこと)

結成当初はお金がなかったので衣装は制服

 
HARUNA
HARUNA 最初の頃は、制服で集まって、みんなでそのままスタジオに行って、そのノリでライブをしちゃおうっていう。

 
MAMI
MAMI 衣装を買うお金もなかったしね。

 
RINA
RINA だったら制服のままやってもいいんじゃない?っていうことになって、それを見てくれたスタッフさんが、「そのままデビューしてもいいんじゃないか」って言ってくれたんだよね。ただ、ロックバンドの仲間がなかなか増えなくて、アイドル方面にも、バンド方面にも、ダンス方面にもなじめないようなグループだったんですよ、ずっと。そんな中で、ちゃんとバンドになりたい!っていう気持ちがどんどん大きくなって。最初はスクールの先生に言われて受け身のままバンドを始めた4人なんですけど、自分たちでSCANDALを作っていくのが楽しくなっていったし、使命感すら芽生えるようになったんです。

 
TOMOMI
TOMOMI 結成したときはバンドとしては孤独だったけど、11年続けると仲間も増えてきてね。長らくフェスや音楽系のラジオ番組にご縁がなかったんですけど、そういう機会も少しずつ増えていくうちに、バンドらしくなっていったなと思います。

SCANDALメンバーに聞いた「アーティストになると決心した瞬間は?」【コヤブソニック2017出演者インタビューVol.2】

 

<創意工夫>
(人気者になるために、工夫したこと)

ストリートライブで手書きのチラシを配った

 
TOMOMI
TOMOMI ストリートライブのとき、手書きでチラシを書いて、それを歩いている人に配ったりとか。

 
HARUNA
HARUNA 大阪城ホールのすぐ近くでライブをしていたから、大阪城ホールでライブをやるアーティストの曲を、バンドでコピーをしたり。なんとか、自分たちの歌と音を聴いてもらおうと思って。

 
MAMI
MAMI  YUKIさんがライブをするとなったら、「JOY」をコピーしてね。

 
RINA
RINA あのときは、結構観てもらえたよね。

SCANDALメンバーに聞いた「アーティストになると決心した瞬間は?」【コヤブソニック2017出演者インタビューVol.2】

 

<血と汗と涙>
(今の仕事を通して辛かったこと、悔しかったこと。がんばった記憶)

バンドはメンタル勝負って、ホントに思います

 
MAMI
MAMI 最初のうちは、ストリートライブでなかなか人に足を止めてもらえなかったり、配るチラシももらってもらえなかったり……。

 
RINA
RINA 結構、精神的なダメージが大きくて(苦笑)。

 
TOMOMI
TOMOMI でも、毎週やっていくうちに本当に少しずつだけど観てくれる人が増えていって。

 
RINA
RINA ストリートライブのおかげで、大分メンタルが鍛えられたよね。
 
TOMOMI
TOMOMI うん、ストリートライブをやっていてよかったと思います。メンタルを鍛えられていなかったら、今までバンドが続いていないかもしれない。

 
RINA
RINA バンドはメンタル勝負って、ホントに思います。

 
HARUNA
HARUNA 私たち、メンタルがどんどんムキムキになっていって……(笑)。

 
TOMOMI
TOMOMI 『スーパーマリオ』で言う、無敵のスター状態(笑)。

 
――そして、誰かが落ち込んでいたら、メンバーが支えになったりも?
 

HARUNA
HARUNA そうですね。最初のころ、RINAが自分でいいのかって悩んだときには……。

 
RINA
RINA 私にとっては先輩の3人とバンドをやることのプレッシャーと、でもやりたいという気持ちの間で揺れていて。
 
HARUNA
HARUNA その気持ちを素直に打ち明けてくれたから、「RINAじゃなきゃダメだよ」って言って。

 
RINA
RINA あのときの言葉、すごくうれしかった。音楽的にも精神的にも支え合える仲間は、財産でもあります。

 
――信頼関係とお互いへの尊敬があればこそですよね。
 

RINA
RINA 技術も知識もなんの根拠もなかったけど(笑)、この4人ならおもしろいことができるんじゃないかっていうワクワクの空気が、最初からあったもんね。

 
MAMI
MAMI そうそう。この4人なら楽しいことができる!っていうね。

 
――そのワクワクは、11年経った今もあるのでしょうか。
 

HARUNA
HARUNA そう、あるんですよ。

 
RINA

RINA ずっと仲がいい友だちだから、ライブのあとに一緒にご飯に行ったり、休みの日に誰かが車出してみんなでディズニーランドに出かけたりとか。

 
TOMOMI
TOMOMI みんな近くに住んでいるし……。

 
MAMI
MAMI よく一緒にいるもんね。

 
RINA
RINA 近々、4人で韓国に行こうと計画もしてるし。楽しいこともつらいことも一緒に経験してきた4人の絆は、だいぶ固いと思います。

 

<私の夢>
(仕事、人生の夢)

どんな形であれ、続けていくことが大事

 
HARUNA
HARUNA 大阪城ホールでライブをしたい!って願っていたときみたいな明確な夢は今はないんですけど……もっといい曲や詞を書けるようになりたいとか、いいライブをしたいとか、今できていることをブラッシュアップしていきたいっていう想いはあります。

 
TOMOMI
TOMOMI ずっとライブ中心の生活をしてきて、まだまだライブに来てくれる人たちをたくさん増やしたいしね。

 
MAMI
MAMI どんな形であれ、続けていくことが大事。まだまだやりたいこと、できていないこともたくさんあるので、ひとつずつ、自分たちのペースでやっていきたいです。

 
HARUNA
HARUNA そして、ライブハウスでも、ホールでも、アリーナでもライブができるバンドで居続けられたらいいなって思います。

 

<思い出深いバイト>
(過去にした仕事の話)

バイトしていた牛丼屋さんに100人分のオーダーが入る

 
MAMI
MAMI 国道沿いにある牛丼屋さんの大型店舗でバイトをしたことがあるんですけど、働き始めて1ヵ月くらい経ったころ、少年野球のチームから100人分くらいのオーダーが入って。なんとかこなしましたけど、そのときはもう、大パニックでした。でも、仕事に慣れてくると、来店するいろいろなお客さんがそれぞれにいろいろなものを抱えているのが見えて、人間観察も密かに楽しんでいました。

 
HARUNA
HARUNA 高校卒業後、地元の名古屋を離れて大阪でひとり暮らしをしていたときに、ネットカフェでバイトしていたことがあって。たまに深夜12時から朝6時までバンドでスタジオ練習をして、そのまま7時から15時くらいまでネットカフェで働いて……そのときは、ちょっとしんどかったですね。

 
――寝る時間、なかったのではないでしょうか?
 

HARUNA
HARUNA そう、全然なかったから、ネットカフェの先輩が心配して、1、2時間仮眠をとらせてくれたりして。そのやさしさに救われました。

 
――TOMOMIさんとRINAさんはバイト経験がないそうですが、興味があるバイトは?
 

TOMOMI
TOMOMI 普段あまりお酒を飲まないんですけど、飲めるようになりたいという願望もあるから、居酒屋とかバーとかカラオケとかで、お酒を作って、人とコミュニケーションできる仕事がいいですね。

 
RINA
RINA パン屋さんか古着屋さん。引っ越しするときは駅まで何分か、パン屋さんまで何分かっていう2点で決めるくらい、パンが大好きなんですよ。そういうパンの近くにいたいというそういう気持ちを、活かしてみたいです(笑)。あと古着も大好きで、海外にライブ行くときはよく古着屋さんに行って、日本にはないような服を見るだけで幸せになれるので、買いつけをしてみたいなって。やっぱり、好きなことを仕事にしたいです。

SCANDALメンバーに聞いた「アーティストになると決心した瞬間は?」【コヤブソニック2017出演者インタビューVol.2】

 

■Profile
SCANDAL

2006年に結成した女性4人組のロックバンド。メンバーはHARUNA(ボーカル&ギター)、MAMI(ギター&ボーカル)、TOMOMI(ベース&ボーカル)RINA(ドラムス&ボーカル)。2008年「DOLL」でメジャーデビュー。翌年には「少女S」でレコード大賞新人賞受賞。2015年SCANDAL史上最大世界9カ国41公演の初の単独ワールドツアーを行い、2016年8月に結成10周年を迎え、結成地大阪にて1万人を動員し野外コンサートを開催するなど、名実ともに日本を代表するガールズバンドである。

SCANDAL HPhttp://www.scandal-4.com/
LINE: https://line.me/ti/p/%40scandal
Twitter:@scandal_band
Facebook@scandalofficial
Instagram@scandal_band_official

■リリース情報
 
SCANDALメンバーに聞いた「アーティストになると決心した瞬間は?」【コヤブソニック2017出演者インタビューVol.2】

10/22(日)Digital Single『恋するユニバース』
好評配信中!

■ライブ情報
12/24(日)赤坂BLITZにて、SCANDALのクリスマスライブ「BEST★Xmas 2017」開催!

会場:赤坂BLITZ
開演:18:00(開場17:00)
料金:4,860円(税込)+ドリンク代

※詳細は、http://www.scandal-4.com/

▼関連記事▼

千鳥・大悟&ノブに聞いた「芸人になると決心した瞬間は?」【コヤブソニック2017出演者インタビューVol.1】千鳥・大悟&ノブに聞いた「芸人になると決心した瞬間は?」【コヤブソニック2017出演者インタビューVol.1】

11月3日〜5日までの3日間、インテックス大阪にてタウンワークが特別協賛したコヤブソニック2017が行われた。連日ステージには錚々たるアーティスト、芸人が集結。熱いパフォーマンスを繰り広げてくれました。そんな、第一線で活躍する出演者たちも、かつては夢見る少年少女だったはず。今回タウンワークマガジンでは、彼ら、彼女らが夢を見つけた瞬間、そして今に至るまでの物語を語ってもらいました。全4回シリーズでお送りします。まずトップバッターを飾ってくれるのは千鳥のお二人です。

ゆりやんレトリィバァに聞いた「芸人になると決心した瞬間は?」【コヤブソニック2017出演者インタビューVol.3】ゆりやんレトリィバァに聞いた「芸人になると決心した瞬間は?」【コヤブソニック2017出演者インタビューVol.3】

11月3日〜5日までの3日間、インテックス大阪にてタウンワークが特別協賛したコヤブソニック2017が行われた。連日ステージには錚々たるアーティスト、芸人が集結。熱いパフォーマンスを繰り広げてくれました。そんな、第一線で活躍する出演者たちも、かつては夢見る少年少女だったはず。今回タウンワークマガジンでは、彼ら、彼女らが夢を見つけた瞬間、そして今に至るまでの物語を語ってもらいました。シリーズ3回目のゲストは今年大ブレークしたゆりやんレトリィバァさんです。

キュウソネコカミ コヤブソニック コヤソニ ヨコタ ソゴウ オカザワ ヤマサキ カワクボ にゅーうぇいぶ タウンワーク タウンワークマガジン バイトキュウソネコカミメンバーに聞いた「アーティストになると決心した瞬間は?」【コヤブソニック2017出演者インタビューVol.4】

11月3日〜5日までの3日間、インテックス大阪にてタウンワークが特別協賛したコヤブソニック2017が行われた。連日ステージには錚々たるアーティスト、芸人が集結。熱いパフォーマンスを繰り広げてくれました。そんな、第一線で活躍する出演者たちも、かつては夢見る少年少女だったはず。今回タウンワークマガジンでは、彼ら、彼女らが夢を見つけた瞬間、そして今に至るまでの物語を語ってもらいました。シリーズ4回目のトリを飾ってくれるのはキュウソネコカミの5人です。

編集:ぽっくんワールド企画 撮影:内藤恵美 文:杉江優花