スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2017年11月15日

出会いがない大学生必見! 良い出会いの引き寄せ方と出会いの場12

出会いがない大学生必見!良い出会いの引き寄せ方と出会いの場12

大学生になったら、素敵な出会いがあってすぐに恋人ができると思っていたのに、いざ大学に入学してみると、理想の出会いがなくて恋愛とは無縁……そんな状態になっている人はいませんか? 大学生は出会いのチャンスが多そうに見えますが、実際には「出会いがない」「彼氏・彼女ができない」と嘆いている人がたくさんいます。では、どうすれば心がときめくような出会いがあるのでしょうか。この記事では、良い出会いを引き寄せる方法や、大学生におすすめの出会いの場をご紹介します。

【目次】
1. あなたにはなぜ良い出会いがないのか?
2. 良い出会いの引き寄せ方
3. 大学生におすすめの出会いの場
4. 素敵な出会いを求めて、恐れず、凹まず、積極的な活動を

あなたにはなぜ良い出会いがないのか?

出会いがない大学生必見!良い出会いの引き寄せ方と出会いの場12

「出会いがない」と嘆いているだけでは、何も進みません。まずはなぜ出会いがないのか、自分の行動を振り返りながら考えてみましょう。

常に受け身で自分から出会いを探しに行かない

「出会い」とは文字通り「出て会う」ことであり、自ら外へ出なければ、人と会うことはできません。自身の生活パターンを振り返ってみましょう。家に閉じこもってばかりだったり、行動がルーチン化したりしていませんか?過去1カ月間を振り返って、一度も新しい場所へ出掛けていない人は、出会いに対して受け身な姿勢に問題があるかもしれません。

理想が高すぎる

「イケメン」「高学歴」など相手のスペックばかりを気にしている人は、高すぎる理想像が邪魔をして、せっかくの出会いを無駄にしている可能性があります。この場合、相手が自分の理想に該当しないと、相手の欠点ばかりが目についてしまいがちです。その結果、異性を見る選択肢がどんどん狭くなり、結局は「出会いがない」という状況に自分を追い込んでしまっています。出会いがないのではなく、出会ってはいるけれど、きちんと相手を見ていないというパターンです。

ネガティブ思考

愚痴や自己卑下が多い人も、恋愛から縁遠くなります。「どうせ自分なんか恋人はできない」「あの人は高根の花すぎて、自分には無理」といったネガティブ発言を繰り返していると、聞いている方もうんざりしてしまいます。自分では謙遜しているつもりでも、度が過ぎると周囲に良い印象を与えません。自身の行動や言動にネガティブ感が漂っていないか、振り返ってみましょう。

自分磨きを怠っている

出会いを引き寄せるには、いつ素敵な出会いがあってもいいように日頃から準備をしておくことも大切です。「どうせ大学と自宅の往復だけだから」とファッションやメイク、ヘアスタイルなどで手抜きをしていませんか?身だしなみに自信が持てないと、魅力的な表情が自然と少なくなります。

良い出会いの引き寄せ方

出会いがない大学生必見!良い出会いの引き寄せ方と出会いの場12

良い出会いがない理由がわかってきたら、次は解決策を考えてみましょう。行動や考え方を変えるだけで、恋を引き寄せる体質に少しずつ改善していけます。

引きこもらないで外出し、自分から話しかける

出会いに対して受け身になりがちな人は、難しく考えずにまずは人がたくさん集まる場所へ出掛けてみましょう。女子大に通っている人は、男性が集まりやすいスポットへ意識して足を運ばないとなかなか男性との出会いがありません。

できれば自分から異性に話しかけるなど積極的に動くのが理想的ですが、いきなりは難しいという人もいるかもしれません。自分から異性に話しかけるのは苦手という人は、まず同性に話しかけ、そこから少しずつ異性を含めた仲間の輪を広げていって、グループで仲良くなるきっかけをつくってみてはいかがでしょうか。

友達に紹介を頼む

自ら出会いの場へ行く勇気がない人は、友達に紹介を頼む手があります。信頼できる友達なら、あまり変な人は紹介されないでしょうし、価値観が似ている人とつないでくれるかもしれません。変に気負わず、気軽にお願いをしてみましょう。

最初から一対一で出会うのはハードルが高いという人は、友達や仲間を交えて一緒に出掛けたり食事をしたりする方法もあります。

自己肯定感を高める

ネガティブ思考になりがちな人は、意識して自己肯定感を高めましょう。自己肯定感が低い人の中には、「成功体験が少ない」「自分らしく過ごせる居場所があまりない」「得意分野が少ない」といった特徴が見られることがあります。例えば、夢中になれる趣味や特技を見つけることで、今の生活に達成感や満足感をプラスできるかもしれません。「どうせ私なんて」が口癖になっていると、恋のチャンスは逃げてしまいます。自分を好きになれるようなきっかけを見つけましょう。

身だしなみを整える

人と人との出会いで最初に目につくのは、性格でも学歴でもなく、外見です。「人は外見だけではない」のは確かですが、一方で外見は人の印象を大きく左右します。自分に似合っているお気に入りのファッションでおしゃれをしていれば、表情は自然と魅力的になります。恋を始める準備として、ファッション・メイク・ヘアスタイルなどをいま一度見直してみましょう。アルバイトで資金を貯めて、新しいファッションやヘアスタイルに挑戦してみるのも、恋に近づく方法の一つです。

失敗してもめげずに、次の出会いを探す

出会った後に告白して失敗したとしても、恋そのものを諦める必要はありません。良い恋を成就させるためには、数をこなすことが大切な場合もあります。そのために、出会いの数をなるべく増やしましょう。「もっと良い人と出会うために、今回の経験を活かそう」と前向きに考え、積極的に動くことで次の出会いがやってきます。

大学生におすすめの出会いの場

出会いがない大学生必見!良い出会いの引き寄せ方と出会いの場12

最後に、大学生におすすめの出会いの場をご紹介します。「出会うチャンス自体がない」と嘆いている人は、もう一度自身の生活を見直して、日常の行動パターンを変えてみてください。

講義・ゼミ

平日ほぼ毎日通っている大学には、もう新しい出会いがないと諦めていませんか?同じ学部や学科でも、まだ話したことがない人はいるでしょう。例えば、いつも学食でランチを食べているのであれば、気分転換も兼ねてたまにはキャンパス内の広場でお弁当を食べるなど、通常とは違う行動を取ってみましょう。もしかしたら出会いのきっかけがあるかもしれません。

また、同じ講義やゼミを受けている顔なじみのメンバーの中にも、一度も話したことがない人はいませんか?気になる人と一緒に課題に取り組むきっかけなどがあれば、思い切って話しかけてみましょう。大学の中には、恋のチャンスはたくさんあります。

サークル

女子大に通っている人なら、他大学の男性と出会えるインカレサークルへの参加がおすすめです。インカレサークルに入ると、他大学に友達ができたり、男性がいないとできないアクティブなイベントに参加できたりと、さまざまなメリットがあります。人間関係や行動パターンを大きく広げるチャンス作りにぴったりです。インカレサークルではない場合も、共学の大学と一緒にイベントを計画するなどして、出会いのきっかけをつくりましょう。

アルバイト

定番の出会いの場とも言えるのがアルバイト。恋活とお小遣い稼ぎを兼ねて行いたいなら、男女比率で異性の割合が多めの職場や、同年代の仲間がたくさん働いている職場がおすすめです。例えば、居酒屋やカフェ、ファミレスなどは大学生に人気があります。シフト制を取っているお店が多く、学業と両立して働きやすいのも魅力です。

学祭

学祭で恋を見つけたいなら、自分の大学だけでなく他校の学祭にも足を運んでみましょう。他校の学祭では、男子学生が接客や案内係を担当していることも多く、コミュニケーションを取って仲良くなれる機会がたくさんあります。また、イベント独特の非日常的な雰囲気が、二人の仲をより親密にしてくれるでしょう。

コンパ・合コン

一度に大勢の人と出会いたいなら、新歓コンパや合コン、街コンなどに参加してみましょう。コンパへの参加に不安がある人は、友達の紹介による集まりなら人脈につながりがあるため、多少は安心です。「コンパはガツガツしている印象だから気が引ける」という人がいるかもしれませんが、コンパならではの良さもあります。それは、異性だけでなく同性の友達もできたり、多くの人と話すことで人脈や価値観が広がったりすることです。まずは「友達と飲む」という気軽な気持ちで参加してみましょう。

同窓会

同窓会も、出会いの場の王道です。今はSNSの発達で、昔の同級生とも比較的簡単につながることができます。連絡を取り合っている旧友と、同窓会を企画してみましょう。同窓会のメリットは、地元が一緒だったり同じ思い出を共有していたりするため、初対面の相手よりも簡単に親しくなれることです。また、身元も判明しているため、変なトラブルに巻き込まれる確率も低いでしょう。

ボランティア

合コンや飲み会といった派手なイベントが苦手な人は、ボランティアに参加してみてはいかがでしょうか?「人の役に立ちたい」という同じ目的意識を持った仲間と良い出会いがあるかもしれません。また、ボランティア経験は就活の際にもアピールポイントになるので、恋活と就活の一石二鳥になります。

習い事

語学や楽器演奏などの趣味をはじめとした習い事も、出会いに恵まれやすい定番の一つです。習い事に通えば、仲間同士で食事に行くなど交流の機会があるかもしれません。一緒に勉強に励んだり、発表会やライブのために練習を重ねたりする中で、仲間から恋愛関係に発展することもあります。

合宿免許

合宿免許もカップルが生まれやすいことで知られます。学生の参加者が多く、2~3週間ほど泊まり込みで同じ学校に通うため、参加者同士で仲が深まりやすい点がメリットです。合宿場所が観光名所の近くに存在するところもあります。1人で参加するのが不安な人は、友達同士何人かとグループで参加すると、旅行感覚で楽しめます。

就活

大学3・4年生の人なら、就活と恋活を同時進行するチャンスです。例えば、同じ業界内の企業を何社も回っていると、セミナーなどでいつも同じ人と会場で一緒になることがあります。声をかけて親しくなり、就活に関する情報を交換したり、一緒にセミナーに参加したりしているうちに恋に発展するかもしれません。

SNS・アプリ・マッチングサイト

自分から直接話しかける勇気がなかなか持てなかったり、住んでいる地域や時間的な問題などで自分から出会いの場へ出掛けることが難しい場合は、SNSやアプリを活用する方法もあります。アプリやマッチングサイトの中には、実際に多くのカップルを誕生させている優良なものもあれば、中には悪質なものも一部存在するため、プライバシー設定などがきちんと考慮された安全なサイトを見極めてから利用しましょう。

シェアハウス

大学進学を機会に地元を離れた人なら、シェアハウスに住むという手があります。近年、シェアハウスを舞台にしたテレビ番組なども人気ですが、番組と同様にドラマチックな恋愛関係に発展するかもしれません。社会人になると、住む場所や生活スタイルに制約が出てくる可能性があるため、シェアハウスを体験するなら、時間に余裕がある大学時代がおすすめです。

素敵な出会いを求めて、恐れず、凹まず、積極的な活動を

恋愛に限らず大学時代に出会う人々は、将来の進路や人生観など、さまざまな面で今後の人生に大きな影響を与えてくれます。切磋琢磨し合い、お互いを尊重できる恋人に出会えれば、大学生活は今よりさらに充実したものになるはずです。恋に失敗はつきもの、時に傷つくことがあるかもしれませんが、恐れずに出会いを求めてどんどん外の世界へ飛び出していくことが大切です。出会いに対して前向きな気持ちになれば、自然と周囲の人々や見える世界が変わってくるでしょう。