スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2018年02月19日

部屋の片付けが苦手な人が片付け上手になる方法|汚部屋もスッキリ!

部屋の片付けが苦手な人が片付け上手になる方法|汚部屋もスッキリ!

スッキリ片付いた部屋を目指して収納グッズを買いそろえたり、模様替えを繰り返したりしているのに、なかなか片付けられないと悩んでいる人はいませんか?片付けや整理整頓が苦手な人には、共通した特徴があります。
この記事では、片付けが苦手な人でも部屋を片付けられるようになり、きれいな状態を保つことができる方法をご紹介します。片付けの基本を学び、今度こそ「汚部屋」を卒業しましょう。

【目次】
1.部屋を片付けられない人の特徴
2.上手な部屋の片付け方
3.部屋を片付けるメリット
4.片付けた部屋をきれいなまま保つ方法
5.片付け下手を克服して、快適な部屋を手に入れよう

 

部屋を片付けられない人の特徴

部屋の片付けが苦手な人が片付け上手になる方法|汚部屋もスッキリ!

片付けてもすぐに部屋が散らかってしまう人は、性格や考え方に原因があるのかもしれません。片付けが苦手な人の典型的な特徴を見てみましょう。

「いつか使える」と思っている

散らかっている部屋に共通しているのは、そもそも物が多いということです。これは、物に対する執着心が強い人によく見られます。物を大切にするのは良いことですが、「いつか使える」「もったいない」という理由で、何年も使っていない物まで残しておくと、部屋はいつまでたっても片付きません。「1年に1回も使わなかった物は捨てる」など捨て時の基準を設定した上で、使わない物は捨てたり人に譲ったりしましょう。

「片付けてもどうせすぐ散らかるし」と思っている

片付けが苦手な人は、「片付けたところですぐ散らかる」「片付けという行為自体に生産性がない」「片付けることに貴重な時間を費やしたくない」と考えがちです。しかし、散らかった部屋は、「探し物が見つかりにくい」「生活動線がふさがっていて身動きしにくい」などの弊害をもたらし、生産性を落とす要因になります。片付けて部屋をきれいにすることは、生産性を上げる行為であることを理解しましょう。

忙しくて手が回らない

学業やサークル活動、就活などで忙しい日々を送っていると、帰宅後は何もしたくないという状態に陥りがちです。しかし、生活していると、ゴミはどんどん溜まっていきます。忙しいからといって、定期的なゴミ出し、掃除、不要品廃棄を怠ると、あっという間に汚部屋になってしまいます。

浪費癖がある

片付けが苦手なのではなく、片付けが追いつかないくらい物を買い過ぎている可能性も考えられます。部屋に残っている食品を使い切らないまま次の物を購入してしまったり、ワンシーズンでは着回しきれないほどの洋服を買い込んでしまったりした経験がある人は、買い物をする前に「本当に必要な物か?」と自問自答してみましょう。

面倒くさがりで、先延ばしにする癖がある

掃除・片付けが面倒で、いつも先延ばしにしてしまう人は、定期的に部屋に人を招いてみましょう。お客様が来る前は片付けざるを得ないため、たとえ汚部屋になりかけていてもリセットできます。他人の目に触れる環境を意識的につくれば、自然と片付け習慣が身に付くでしょう。

収納を増やそうとする

物を捨てるのではなく、収納を増やして物を入れることで片付けた気分になっている人がいます。そういう人は、部屋が散らかるたびに収納グッズを買い込むため、物が減らないだけでなく、収納グッズで部屋がいっぱいになるという本末転倒な状態を招くことばあります。

片付けの基本は物を捨てること。収納グッズは、断捨離をしてから購入し、物が少ない状態で効率よく収納しましょう。

 

上手な部屋の片付け方

部屋の片付けが苦手な人が片付け上手になる方法|汚部屋もスッキリ!

正しい手順で片付けを行うと、部屋がスッキリと整理整頓されます。ここでは、片付けの基本的な4ステップをご紹介します。

物をすべて出す

1つ目のステップは「出す」です。机や棚の中にしまってある物を、いったん外へ出します。こうすることで、部屋全体にある物の量を把握できます。

その際、部屋にある全ての物を一気に出すと、一日では片付けきれなくなります。キッチン、リビング、寝室など、部屋ごとに区切って無理のない範囲で行いましょう。

物を要不要で分ける

2つ目のステップは「分別」です。出した物を、必要・不要で分別しましょう。
分別の際に、「いつか使えるから」と何でも必要な物に分けてしまうと片付きません。例えば、過去1年で一度も使用していなければ不要とするなど、基準を決めて分けましょう。

また、不要と判断した物の中には、再利用可能な物が含まれているはず。再利用できる物については、オークションやフリマアプリなどを活用して換金すると無駄が生じません。

残した物をグループ分けする

3つ目のステップは「グループ分け」です。2ステップ目で「必要」に分別した物を、さらに細かくグループ分けしましょう。
「よく使う」「時々使う」「あまり使わない」の3つに分けて、使用頻度に応じて収納していきます。例えば、食器や勉強道具など日常的に使用する物は「よく使う」、書類や雑誌などは「時々使う」、アルバムやプレゼントといった思い出の品物は「あまり使わない」に分けていきます。

物を置く場所を決めて収納する

4つ目のステップは「収納」です。3ステップ目で「よく使う」に分けた物から順に取り出しやすい位置へ収納していきましょう。
その際、幅をとる大きな物から収納していくと、後になって収納スペースが足りなくなるといったトラブルを避けられます。

また、収納が終わったら、中に何が入っているのかひと目でわかるようにラベルを貼っておきましょう。こうすることで、元の位置へ物を戻す習慣が身に付きやすくなります。

 

部屋を片付けるメリット

部屋の片付けが苦手な人が片付け上手になる方法|汚部屋もスッキリ!

「片付けのノウハウはわかったけど、どうしてもやる気が起きない」という人のために、モチベーションアップにつながりやすい片付けのメリットを3つご紹介します。

気分がスッキリする

メリットの一つは、気分がスッキリすることです。まず「ついに片付けた」という達成感を味わえます。また、足の踏み場もないような部屋では、落ち着かなかったり、イライラしてしまったりする人もいますが、そうしたストレスも感じなくなるかもしれません。さらに、片付けによって、溜まっていたホコリを払ったり、ダニ退治ができたりするので、体の健康にもつながります。

探し物に時間がかからなくなる

物を断捨離し、使用頻度に応じて収納すると、必要なときに必要な物をすぐに取り出すことができます。忙しいときに探し物に時間を取られることもなくなり、集中して勉強できる環境を整えられます。

友達や恋人を部屋に呼べる

日頃から部屋をきれいな状態にしておくと、いつでも友達や恋人を招待できるようになります。友達と一緒にご飯を食べたり、恋人と映画を見ながらまったり過ごしたりできれば、日々の生活がより一層楽しくなるかもしれません。

 

片付けた部屋をきれいなまま保つ方法

部屋の片付けが苦手な人が片付け上手になる方法|汚部屋もスッキリ!

片付けた部屋をきれいなまま保つには、散らかさないための工夫が必要です。ここでは、汚部屋から卒業するために習慣づけたい3つのポイントをお伝えします。

使った物は必ず元にあった場所へ戻す

1つ目の習慣は「元に戻す」です。すぐに部屋が散らかってしまう人は、出した物を出しっ放しにする傾向があります。片付けることを面倒くさがったり、後で片付けようと思って、とりあえずその辺に置いたまま放置してしまうというわけです。

「使った物は必ず元の場所に戻す」というルールを自分の中に設定した上で、収納には中身がわかるラベルを貼って戻しやすい仕組みを作るなど、出しっ放しにしない習慣をつけましょう。

物を増やさない

2つ目の習慣は「物を増やさない」です。いくら収納を増やしても、部屋に収まる物の数には限度があります。物を購入する際には「本当に必要なのか」「購入したらどこへ収納するのか」「1年後も使用できるのか」など、いったん立ち止まって考えてみましょう。

汚れたらすぐに掃除する

キッチン、バス、トイレは放置すると特に汚れが落ちにくくなるエリアです。汚れがこびりついて掃除が面倒になってしまう前に、汚れたらすぐに掃除をする習慣をつけましょう。気づいたときにいつでも掃除できるよう、手の届く範囲にゴミ袋や雑巾、洗剤などを用意しておくと便利です。

 

片付け下手を克服して、快適な部屋を手に入れよう

片付けが苦手な人ほど、収納や整理整頓を難しく考えてしまいがちですが、片付いたお部屋を作るためのポイントは大きく分けて、「余計な物を買わない」「出したら元の場所に戻す」「使わない物は捨てる」の3つに絞ることができます。自分に必要な物だけを見極めて購入し、使いやすい場所に正しく収納すれば、部屋は自然と暮らしやすく片付きます。
「そろそろ部屋を片付けないと」「最近、部屋の住み心地が悪いな」と感じている人は、早速片付けを実践してみましょう。