スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2018年09月18日

海外留学にかかる費用とは? 国別の平均的な相場と節約のポイントなども解説


学生のうちに、できたら一度は行ってみたい留学。でも実際、どのくらいの費用がかかるのでしょうか? みんなが気になる留学費用の平均金額を見てみましょう。具体的にはどのくらいの期間でいくらなのか、平均より安く行くためのポイントなどについても紹介していきます。

【目次】

期間や地域によって異なる留学費用の平均と、自分に合う留学先を探す

国別、期間別留学費用の相場は以下のとおりです。
留学の総費用は渡航先にもよりますが…1年間留学で200万円以上はかかると思っておいた方が良いでしょう。

  年間授業料
アメリカ 【大学】386万(私立 1学年間)

【語学学校】11万(大学付属4週間)

イギリス 【大学】143万~(1学年間)

【語学学校】2万1千~4万2千/週(グループレッスン)

カナダ 【大学】140万~(1学年間)

【語学学校】10万~15万(大学付属4週間)

オーストラリア 【大学】160万~280万(地域や学校、コースによる)

【語学学校】2万8千~3万6千(週)

マレーシア 【大学】80万前後(1学年間)
ニュージーランド 【大学】160万~183万(1学年間)

【語学学校】2万2千~3万3千(週)

(出典:https://www.tobitate.mext.go.jp/univ/countryguide/01.html
外国為替 https://www.tobitate.mext.go.jp/univ/countryguide/01.html 
(2018年9月18日のレートで計算しています)

アメリカ

「自由の国」アメリカは留学先候補の筆頭にあげられる人気の国です。多くの留学生にとって憧れの国であり、英語を学ぶには最適な環境といえるでしょう。世界中から様々な価値観を持った人々が集まってくるので、英語力を鍛えるのは勿論、色々な文化にふれ、グローバルな感性を身につけることもできます。また、魅力的な都市が多いため、観光先が充実しているのも、うれしいですね。

都市部か郊外かなど、留学する場所・通学する学校によって費用は大きく変わってきますが、全体として物価が高い傾向にあります。特に、留学生に人気のサンフランシスコや大都市のニューヨーク、ボストンなどに留学する場合はかなり高額な費用が必要となります。交通の便が良く、生活しやすい街は物価も高い…これは日本と同じですね。地方に行けば物価が安くなりますが、交通の便が悪く、車が必要となるので、その面で費用がかさんでしまいます。

イギリス

「歴史と伝統の国」イギリスはヨーロッパの中心の国であり、本場のクイーンズ・イングリッシュを学びたい!オックスフォード大学やケンブリッジ大学などの名門校で学びたい!という留学生も多いようです。ヨーロッパからの留学生が多く、日本人が少ない環境なので、思い切ってとびこんで、英語力を鍛えるチャンスです。また、ヨーロッパ各国に足を延ばしやすいロケーションということもあり、大変魅力的な国です。
アメリカ同様、物価は高めで、高額な費用が必要となります。やはり、都市中心部と地方都市での差も大きいようです。イギリスの留学は6ヶ月以内であれば、ビザがなくても滞在できます。

カナダ

「教育と大自然の国」カナダ。教育水準がとても高く、そのレベルは世界の中でもかなり高いです。学校数も多く、ほとんど方言のないニュートラルな英語なので、英語習得には非常に良い環境です。また、映画などでカナダの壮大な自然に憧れて留学する人も多いようです。
カナダの大学は州によって費用が異なるのも特徴です。留学生に人気のバンクーバーやトロントは生活費が高くなりますが、アメリカやイギリスの都市部に比べると安いです。ただし、カナダは税金が高いので、その点も考慮しておくと良いでしょう。

オーストラリア

親日家が多く、日本人を快く迎えてくれる国として有名です。都会と大自然の良さが共存し、留学先として人気の高い国です。治安も良いといえるでしょう。アジア諸国からの留学生が多いのも特徴です。留学費用は、オーストラリアはアメリカやイギリスと比較すると安価になりますが、年々大都市や人気の街は物価や地価が上がっているので、かなりの費用が必要となります。消費税も10%と、やや高めです。しかし、国が留学生の日常生活や学習環境を保障する法律や制度があるので、留学生は安心して学業に励めます。

フィリピン

近年、語学留学先として人気が急上昇している国。アメリカ、イギリスに続いて3番目に英語を多く話す国なのです。アメリカの統治下にあったことから、英語を第二公用語として学んでいるので、優れた教師も多く、マンツーマン授業がほとんどである点も魅力的です。飛行機で日本から約5時間という距離、そして、物価が安いので、留学費用を安くできるのも魅力的です。

ニュージーランド

国土は日本と同じくらいで、自然豊かなニュージーランド。ゆったりした環境、フレンドリーな国民性、高い教育レベルで留学先として人気があります。さらに、英語圏の中では物価や地価が安いのが魅力です。大都市であるオークランドでさえも、生活費や交通費は安価。消費税が15%ですが、物価が日本の約半分なので、安く済みます。オーストラリア同様、国が留学生の日常生活や学習環境を保障する制度があり、留学生に対しての受け入れ対応が充実しています。

留学に必要な費用について知る(事前準備としてかかるもの)


留学にはまとまった費用が必要です。したがって、その費用をどう工面するかが重要な問題です。ここでは、事前準備としてかかる費用をまとめてみました。

エージェントサポート料

留学エージェントとは、留学手続きを代行する旅行手配の代理店です。学校選びや出発前の準備など、留学全般におけるアドバイスの他、到着後の生活サポート、相談などのサービスを提供してくれる、留学生にとっては非常に心強い存在です。

エージェントによって料金システムやサービス内容が異なるので、利用する場合は、安心して依頼できるエージェントかどうか、しっかり確認することが大切です。有料のものだけでなく、無料のエージェントもあるので、調べてみることをおススメします。

英会話学校などの費用

留学の際に語学試験等が必要な場合、英会話学校に通って勉強する人もいます。語学試験の費用に加え、留学先の試験の出願料もかかります。

パスポートの申請費用

パスポートの申請時には2018年8月現在、10年有効パスポート(20歳以上)で16,000円、5年有効パスポート(12歳以上)で11,000円
の申請手数料がかかります。

ビザの申請費用

ビザの手続きは渡航先によってまちまちですので、当該国の在日大使館・総領事館等で詳細な情報を入手し、手続きしましょう。ちなみに、アメリカ留学の場合の学生ビザ申請料金は、米ドルで160ドル、日本円で18,000円程度(2018年8月時点の為替レート)となっています。

エアチケット手配

渡航に伴う飛行機代やリムジンバス等の費用。
費用を安く抑えるにはLCC(格安航空券)を利用すると良いでしょう。

保険代(学生保険・旅行保険など)

留学の際には、損害保険会社が提供する海外旅行保険を個別にかけておきましょう。海外でのトラブルに素早く対応してくれます。保険費用は年間で数十万程度になりますが、交通事故・ケガや病気の際に国によっては何千万円も治療費を請求されることもあるので、加入する必要があります。

現地生活のための準備としてかかる費用

上記の他、渡航時に必要なスーツケース、電子書籍、英和・和英辞典など、日本で購入しておいた方が良いものにかかる費用を調べておきましょう。

日常品は現地調達が絶対安い!

日常的に使用している歯ブラシやボディブラシ、ソープやシャンプーといった生活用品は、「使い慣れたものの方がいいから」と持っていく人も多く見受けられますが、長期で住むことを考えれば、現地の製品に早く慣れる方が良いとも言えます。日本からの持参は荷物になりますし、かさばるものも多いため、現地で調達するほうがいいでしょう。

留学に必要な費用について知る(現地へ行ってからかかるもの)

現地へ行ってからかかる費用にはどんなものがあるのでしょうか? 大別すると、「留学に関する費用」「滞在に関する費用」「生活に関する費用」の3種類。得に滞在に関する費用については、滞在の方法によって金額が大きく変わってくるので、メリット・デメリットをあげてみていきましょう。

留学にかかる費用にはどんなものがあるの?

滞在国や学校によって金額は異なりますが、授業料に加え、教科書代や文房具代などもかかります。アメリカ、特に私立大学の授業料は非常に高く、年間で2万ドル以上になることあります。逆にアジア圏の大学の授業料は一般に安くなっています。

<主な費用>
・教材費用
・授業料など学校に関する費用

滞在先にかかる費用とは?

滞在方法には、主に以下のような方法があり、それぞれの国や地域、期間によって金額は大きく変わってきます。ここでは、それぞれの特徴とメリット・デメリットについて解説します。

[ホームステイ]
初めて留学する人の多くがホームステイを選択しています。現地に慣れるまではホームステイし、その後、他へ引っ越す人もいるようです。

***メリット***
・毎日の生活を通して、その国の文化や習慣を体験できる
・ホストファミリーと話さなくてはならない環境が英語力をアップさせてくれる
・現地のお店や遊び場など、その土地の情報をホストファミリーから聞けるので詳しくなれる
・食事の支度をしてもらえる
・インターネット、光熱費、食事代などの生活費を相手先にまとめて支払う形が多いのでラクであり、勉強に集中できる
・短期留学生でも受け入れてもらえる

***デメリット***
・自分の家ではないので気を遣う、リラックスできない
・ホストファミリーとの相性が合わなかったり、コミュニケーション不足になると、ストレスに繋がる
・滞在費用が高い(食費の面では節約できるが、家賃は高めである)

[シェアハウス]
最近は、最初の数ヶ月はホームステイをして、生活に慣れてからシェアハウスに滞在する学生も多いようです。

***メリット***
・シェアメイトとは同等の関係なので、ホームステイやスクール寮よりも気楽であるし、居場所を確保できる
・同じ環境の仲間なので、お互いに助け合い、英語の勉強もできる
・自分でアパートを借りる手続きをするよりもラクである
・家賃が安いのに、グレードの高い物件に滞在できる

***デメリット***
・ホームステイと一緒で、シェアメイトと相性が合わないと、住み心地が悪くなる
・キッチン、洗濯機、シャワーなど、シェアする部分も多く、自分がやりたい時に使えないこともある
・家賃は一緒なのに、部屋の間取りがシェアメイトと異なることがある
・自分が借りてシェアメイトを募集する際、なかなか相手が決まらなかった場合の家賃負担のリスクを伴う
・短期間で借りることができない

[アパート賃貸]
完全なプライベート空間がないと…という方には、アパート賃貸がおすすめです。自分に合う物件を見つけるバイタリティーがあるなら、トライしてみるのもよいでしょう。

***メリット***
・誰にも気兼ねせず、マイペースに生活できる
・色々と自分で行うことが多いので、海外生活の醍醐味を味わえる

***デメリット***
・留学生という理由で、物件を見つけにくい
・契約に労力を要する場合がある
・かなりの費用がかかる
・トラブルがあった際は、全て自分で対応しなければならない
・エリアによっては治安面でも心配がある

[スクール寮]
留学先でスムーズに友達ができる、それがスクール寮です。スクールの課題で不安な点があったときなどに、確認しあえる点も心強いですね。

***メリット***
・スクール近くにあることが多く、登下校がラクである
・学生同士の共同生活になるので、留学生や学生同士の交流ができる
・家賃に水道光熱費が含まれていることが多いため、気兼ねなく使える
・食事付きの寮だと食費を抑えられる

***デメリット***
・一般的に相部屋になることが多く、また、キッチンやシャワー、洗濯機などが共有なので、スペース的にも時間的にもプライベートの確保が難しい
・もし、一人部屋になった場合は、家賃がかなり割高になる(相部屋でも高め)
・スクール生たちが頻繁にイベントやパーティを行っており、付き合いで忙しい場合がある

生活にかかる費用

生活には、下記費用もかかることを念頭においておくといでしょう。

・食費
・その他(スマホや雑貨など、諸経費)

滞在国や地域によって金額は異なるものの、生活にかかる費用もきちんと計算して確保しておかなくてはなりません。

とにかく安く留学したい時に押さえておきたい5つのポイント


留学費用は、安く済む国を選択することや、生活面で工夫をすることでかなり節約できます。このポイントを押さえれば、費用面も安心です。

安く留学できる国を選ぶ

上記でも説明しましたが、滞在国によって留学費用はかなり異なります。留学費用を安く済ませたい人は、ニュージーランドや、最近では同じアジア圏のフィリピンに行く人が多いようです。費用について、予算を留学エージェントに相談すると良いでしょう。

英会話スクールへ行かずに語学力を磨く

留学をより充実したものにするために、日本にいる時から英会話の勉強をしておくと効果的です。英会話の勉強というと、英会話スクールに行かなければ…と考える人も多いと思いますが、かなり費用がかかってしまいます。そこで、お得なオンライン英会話を利用する方法があります。インターネットさえ繋がっていればどこにいてもレッスンが受けられますし、時間も自分のスケジュールに合わせて選べ、コストパフォーマンスが良いのも魅力です。

また、海外の映画やドラマを見て勉強する方法も効果的です。アメリカのティーンエイジャー向けの学園ドラマは、フレーズやストーリーは勿論、現地の四季折々のイベントや休日の過ごし方なども盛り込まれているので、留学生活の予習となり、おススメです。

その他、電車移動中に海外ラジオを聞いて耳を慣らしたり…なるべく多くの時間を語学学習に充てると良いでしょう。もし、自宅にCNNなどのワールドニュースを視聴できる環境が整っていれば、家にいる時はそれをつけっぱなしにしておくだけでも勉強になります。

エアチケットの安い時期に合わせてチケットを購入

航空券には正規運賃航空券、割引航空券(PEXチケット)、格安航空券があります。また、留学期間や時期、滞在先によって値段は変わってきます。チケットの取り方の工夫次第で、費用を抑えることができるので、インターネットのチケット比較サイトや旅行代理店などで調べて購入しましょう。

学割やキャンペーンなど、安くなるサービスを使う

一部の学校では学割や、「○月○日迄の申し込みで授業料△△%オフ!」というような早期申込割引キャンペーンを実施することがあります。こうした制度を上手く利用できれば、費用を安く抑えられます。

滞在は「シェアハウス」が安い

シェアハウスは上でも述べたようにデメリットもありますが、「安い家賃でグレードの高い物件に滞在できる」というメリットがあります。滞在先はシェアハウスにすることも、費用を安くするポイントになります。

「なんのために留学するのか?」留学目的を明確にし、費用を準備する

留学にかかる費用の平均金額は国や期間によってさまざまですが、一般的な基準がお分かりいただけたと思います。留学は自分への投資。細かくみていくと現実的には学費だけでなく、事前の勉強や滞在先での生活費など、まとまった費用が必要となりますが、その分得られるものも大きいと言えます。大切なのは、留学をする際の目的を明確にすること。留学の期間で目的が達成できるよう徹底的に情報収集を行い、予算を上手に使いながら、有意義な留学を実現してくださいね。