スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2014年10月27日

アンタッチャブル柴田の「バイト悩み相談」:人見知りが激しくて…

アンタッチャブル柴田の「バイト悩み相談」

Q.人見知りが激しくて、バイトの仲間たちと仲良くなれない

■ 相談者:Aさん(男子・21歳・大学3年生)
■ バイト歴:ファストフード店員(1カ月)

■ 相談内容
人見知りが激しくて、バイトの仲間たちと打ち解けられません。
どうやって声をかければいいのかわからず、気が付くと周りから浮いています。バイト仲間の輪に入って、楽しく働く方法はありませんか?

A.ノートにバイト仲間の良いところを書きまくろう

アンタッチャブルの柴田英嗣さん
ノートを用意して、前半ページに、業務オペレーションや注意事項など、先輩たちから教えられたことを、後半にはバイト仲間や店長などのいいところを書きまくろう。先輩のこんなところが素敵だとか、見習っていきたいとかね。表紙には「教わったこと」とか「重要」とか、目にした人が、つい読みたくなることを書いておくこと。そのノートを休憩場所など、バイト仲間の目にとまるところにそっと置いて帰るんだ。バイト仲間がそのノートを読んだら、君のことを見る目が変わるはず。「いつも黙々と仕事をしているだけだと思っていたけど、こんなに人情味があるんだ」、「ちゃんと見ているんだ」などと感じるはずだから。そう感じてもらえれば、向こうから声をかけてきてくれる。「ごめん、置いてあったから中見ちゃった」とかね。自分から話しかけられないのなら、周りから話しかけてくれる機会や環境をつくるというわけ。
これは、僕の弟が経営している中華料理店の中国人従業員を参考にした方法。彼は日本語が上手じゃないうえに、いつもしかめ面で働いていた。だから、周りからは「店のことが嫌いなんだろう」と思われていたんだ。ところが、ある日彼が忘れていったノートを見ると中国語でびっしり文章が書いてあって、訳してもらったところ、泣いてしまうようなことがたくさん書いてあった。「こんないい店で働かせてもらえてうれしい」とか「この店のために頑張りたい」とか。後で聞いたら、上手く伝えられない気持ちをノートに書いていたらしい。そのことを知ったら胸にグっときて、彼を大切にしようと思ったよ。その中国人は、その後ほかの店に引き抜かれて辞めちゃったんだけどね。
ノートに限らず、会話以外で気持ちを伝える方法を考えてみるといいと思う。

【編集部コメント】
自分から話しかけられないなら、周りから声をかけてくれる状況をつくり出す――これぞ、発想の転換! 仲良くなりたいバイト仲間の趣味がわかれば、それに関係したものを持ち歩くなんて方法もアリかも。