スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2015年02月04日

もはやスイーツ!この冬は、甘~いあったかカクテルでおうち女子会☆

ホットカクテル_メイン今や定番の「おうち女子会」。気の置けない友達と、のんびりと寛ぎながら過ごす時間は、なんとも楽しいものだ。そんな女子会で欠かせないのがおしゃれなカクテル。しかも寒~いこの季節、ホットカクテルならなお嬉しい。そこで、市販の缶タイプのものもいいけれどせっかくならおうち女子会にぴったり!自分で簡単にできるホットカクテルを、レシピサイトを参考にアレンジしてみた。

赤ワインベース

■みかんでホットサングリア
みかんでホットサングリア

<材料>
赤ワイン…150ml
みかん…大1個
ハチミツ…大さじ1
シナモンパウダー…適量

1.みかんは一房ずつ皮を取り、赤ワインと一緒に小鍋に入れて弱火にかける。
2.1にハチミツを入れてかき混ぜ、沸騰しない程度まで温める。
3.2をカップに移し、シナモンパウダーを振りかけて出来上がり。

 

寒い季節の定番フルーツ・みかんを使ってみたところ、ホットサングリア風のドリンクが完成。みかんの果肉を潰しながら飲むと、フルーティーかつまろやかな味になって、う~んシアワセ。つぶつぶ感を楽しみながら飲めるところもgoodだ。さらにシナモンを振りかけると、香りが立って一気に華やかさが増し、より品のある味わいに。。シナモンは体を温める効果があるようで、いろいろなホットドリンクに応用してみるのが良さそうだ。

■桃香るホットミルク赤ワイン
桃香るホットミルク赤ワイン
<材料>
赤ワイン…50ml
牛乳…100ml
ピーチジュース…50ml
ハチミツ…大さじ1

1.小鍋に赤ワイン、牛乳、ピーチジュースを入れて弱火にかける。
2.1にハチミツを入れてかき混ぜ、沸騰しない程度まで温めたら出来上がり。

 
 

酸味のある赤ワインに牛乳を加えることで、まろやかな風味にしてみた。それだけだとなんだか物足りなかったので、さらにピーチジュースを加えたところ、フルーティーな風味と甘さが際立ってより飲みやすくなった。ハチミツは入れなくても甘味は十分だけれど、プラスした方がしっかりとした後味になるのでオススメ。ちなみに、この分量で弱火にかけると1~2分もあれば温まるので、加熱しすぎないように注意が必要だ。アルコールっぽさはほとんど感じなかったので、残った分は翌朝温めなおし、パンなどと一緒に味わうのもいいかも。

カルーアベース

■爽やかバナナカルーア
爽やかバナナカルーア
<材料>
カルーア…30ml
牛乳…150ml
バナナ…7cm程度
ミント…適量

1.小鍋に牛乳、ひと口大くらいに切ったバナナを入れて、弱火にかける。バナナは加熱しながら、スプーンで形が残る程度に粗く潰す。
2.1を沸騰しない程度に温めたら、カルーアを入れたカップに注ぐ。
3.2にミント適量を浮かべて出来上がり。

 

お酒が苦手な女子でも気軽に飲めるものと言えば、甘くて美味しいカルーアベースのカクテル。カルーアと言えば牛乳で割った「カルーアミルク」が定番だけど、そこにバナナの果肉を入れて、スイーツ感をアップさせてみた。バナナはある程度潰さないと、牛乳に味がしっかりと移らなかったので、その一手間は惜しまないほうがいいだろう。また、甘みが強いのでミントを添えたところ、口の中に清涼感が広がってグッと飲みやすくなった。チョコミントアイス&チョコバナナ好きにはおすすめ!

■ちょっと大人のオレンジカルーア
ちょっと大人のオレンジカルーア
<材料>
カルーア…20ml
ホットコーヒー…150ml
ホイップクリーム…適量
オレンジピール…適量

1.カルーアを入れたカップに、ホットコーヒー(缶なら無糖タイプ)を入れて、軽くかき混ぜる。
2.1の表面が隠れる程度に、ホイップクリームを絞る。
3.2のクリームの上にオレンジピールを散らして出来上がり。

 

ビターなブラックコーヒーに、同じくコーヒーのリキュールであるカルーアで甘みをプラス。これだけで飲んでもOKなのだが、ホイップクリームをのせて飲むとさらに美味! 自宅にいながら、おしゃれなカフェにいるような気分に浸れてしまう本格派の味わいだ。さらに、オレンジピールもトッピングしてみると、これまた相性抜群。噛むたびに柑橘の華やかな風味が広がって、良いアクセントになった。ちなみに缶コーヒーを使う場合には、加糖タイプを使うとかなり甘ったるい仕上がりになってしまうので、ぜひブラックを使うことをおすすめしたい。

  

ウイスキーベース

■ほっこりレモンウイスキー
ほっこりレモンウイスキー
<材料>
ウイスキー…50ml
市販のホットレモンジュース…200ml
シナモン…適量
スライスしたレモン…適量

1.ウイスキーを入れたグラスに、ホットレモンジュースを入れて軽くかき混ぜる。
2.1にスライスしたレモンを浮かべ、シナモンを振りかけて出来上がり。

 

市販のホットレモンジュースで割るだけで、気持ちがほんわり和らぐカクテルが完成。おうち女子会で飲むなら、一通り盛り上がって、まったりムードになったときに飲みたい感じ。割ったものだけグラスに入れると見た目がさみしいので、レモンのスライスも入れるとかわいくなる&香りが立つのでおすすめだ。試しにシナモンを振りかけてみると、味がまろやかになった感じがして飲みやすかった。ただしウイスキーが得意ではない人は、ホットレモンジュースにスプーンで少しずつ足して、調整するのがいいかも。

■ミルキーウイスキー
ミルキーウイスキー
<材料>
ウイスキー…25ml
牛乳…150ml
はちみつ…大さじ1程度(お好みで)

1.小鍋に牛乳を入れ、沸騰しない程度に温める。
2.ウイスキーを入れたグラスに、1を注いで軽くかき混ぜたら出来上がり。お好みでハチミツを溶かしながら飲む。

 
 

ネット上でも「美味しい!」と話題のウイスキー×ホットミルクの組み合わせ。温めた牛乳の甘みがウイスキーと合わさると、卵を思わせるような、こっくりとした濃厚な味わいになった。さらにハチミツを溶かしてみると、後味が濃く、引き締まった感じに(ちなみにシナモンもふりかけてみたが、筆者としてはイマイチ…)。こんなにもコクのある風味になるのは、ちょっと意外な発見だった。
 
 
手作りのカクテルは、意外な組み合わせを見つける楽しさを味わえるのが魅力。お酒が苦手な人も、スイーツ感覚で飲めるものを簡単に作れるのでおすすめだ。ぜひ好きな飲み物や食材、スパイスを使って、自分だけのオリジナルレシピも開拓してみては?

文:山田彩(エフェクト)/企画:エフェクト