スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2018年01月09日

“コミュニケーション”と“ただの雑談”の違い【DJあおいの「働く人を応援します!」】

独自の恋愛観を綴るTwitterが人気の謎の主婦、DJあおいが働くこと・毎日を楽しむためのヒントについて語ります。2018年、一発目のテーマは、『“コミュニケーション”と“ただの雑談”の違い』。一見ただの雑談に思えても、その会話から新たな発見があって仲が深まったり、何かアイデアが生まれたりすることってありますよね。一方で、残念ながら何も残らないただの雑談ということも…。さて、この2つ、どこがどう違うのかDJあおいが解説します!

イラスト:沼田光太郎

∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
コミュニケーションが不足することから、
様々なすれ違いが生じる

∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴

誰かの悪口や陰口に共感を求めるのは、
ただの雑談です。
誰かの悪口や陰口に困っているという相談は、
コミュニケーションです。

主語が『私たち』等の数で威圧するだけの話は、ただの雑談です。
主語が『私は』等の一対一の関係性にするのが、コミュニケーションです。

感情論をぶつけ合うだけの、妥協点のない話は、ただの雑談です。
理性的に話し合い、お互いの妥協点を探し合うのが、コミュニケーションです。

その場にいない誰かの噂話で盛り上がるのは、ただの雑談です。
お互いが目の前にいる人の話題で盛り上がるのが、コミュニケーションです。

お互いが自分の思っていることを発表し合うだけの、噛み合わない話は、
ただの雑談です。
お互いがお互いの本音を引き出し合い、聞き合うのが、
コミュニケーションです。

盛り上がるだけで、後になって何も残っていないのが、ただの雑談です。
笑いはなくても、何かひとつ心に残る言葉があれば、それはコミュニケーションです。

『でも私は、だって私は、どうせ私は』
ネガティブの3Dで自分のことしか頭にないのは、ただの雑談です。
目の前にいる人に、興味のベクトルを向けるのが、
コミュニケーションです。

相手への敬意を欠いた、距離感ゼロの馴れ合いは、
ただの雑談です。
相手への敬意を忘れずに、ある程度の距離感を確保するのが、
コミュニケーションです。

お互いが気を使わないだけなのは、ただの雑談です。
お互いが気を使わせないように気を使い合うのが、
コミュニケーションです。

共感だけを求めて異論を認めないのは、ただの雑談です。
異論も受け入れて、お互いの価値観の相違に新しい刺激を受けるのが
コミュニケーションです。


しているようで、していないのがコミュニケーション。
とくに馴れ合いの関係になってしまうと
無駄話ばかりで、コミュニケーションが不足しがち。
その人を知ることができる唯一の手段が、
コミュニケーション。

その人の全てを知ったつもりになって
コミュニケーションが不足することから
様々なすれ違いが生じるものなんですよ。

話は一生するもの、その話題が尽きることは決してありません。
話をしましょう、臆面も無く毎日毎日、
コミュニケーションとなるような話をしましょう。

 

+ + + + + + + + + + + +
▼ DJあおいさんの記事をジャンルごとに読む ▼

コミュニケーション(人間関係) / 恋愛 / モテ / 自分の将来 / 違いシリーズ / 人から好かれるには / 社会に出て役立つスキル / メンタル強化 / お金 / イタい人 / 女子の心理 / 欠点(短所)の克服

iconDJあおい
謎の主婦。ツイッターで独自の恋愛観を綴り、一般人としては異例のフォロワー22万。サブアカウントではフォロワーの恋愛相談にも乗り、こちらも異例のフォロワー15万。著名人のファンも多く、幅広い層から支持されているが、その素性はいまだ謎のまま。
■公式ブログ http://djaoi.blog.jp
■Twitter メインアカウント https://twitter.com/djaoi
サブアカウント https://twitter.com/DJ_aoi
■最新著書
キャリアなどに興味はない。それなりに稼げて、ストレスフリーなら、それがいいのだ!』(DJあおい:著/¥1,404/ワニブックス)
この連載を元にした、DJあおいの「仕事術本」が遂に完成! 仕事術と言っても、ただの仕事術じゃあ、ありません。『普通の幸せ』を手に入れるための仕事術。実はこれが一番難しい。「仕事は辛いけど、たっぷりお金を稼げる生活」よりも、「毎日が平穏無事で、それなりに稼げる生活」がしたい―― そう思っている女子は必見。
※この書籍は、本連載に大幅な加筆修正を加え書籍化したものです。

+ + + + + + + + + + + +
▼ DJあおいさんの記事をジャンルごとに読む ▼

過去の記事一覧はコチラ

バナー