スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2018年11月26日

本心を抑えて“つい周りに合わせてしまって疲れる”場合の対処法 【DJあおいの「働く人を応援します!」】

独自の恋愛観を綴るTwitterが人気の謎の主婦、DJあおいが働くこと・毎日を楽しむためのヒントについて語ります。第169回目場合のテーマは、『本心を抑えて“つい周りに合わせてしまって疲れる”』。自分ではそう思っていないのに、「みんなが言っているから…」と、つい周囲のノリに合わせてしまい疲れる。でも、自分の意見を言って場の空気が壊れるのは避けたいし、どうすれば…そんな風に人付き合いに疲れている人へ”空気を壊さず自分の意見が言えて疲れない”付き合い方をDJあおいがアドバイス!

イラスト:沼田光太郎

∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
親和欲求と承認欲求のバランス
∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵

『周りと同じでありたい』 という親和欲求と
『自分の主張を認めて欲しい』 という承認欲求。

どちらも人間関係の中で生き抜いていくためには
大事な欲求なのですが
親和欲求を優先すると個を損ない、
承認欲求を優先すると和を損ない、
個を取るか和を取るかは悩ましいところ。

和を尊重し個も認めてもらうためには、
親和欲求と承認欲求の
バランスを取っていくことが重要です。

どちらの欲求を優先しても
どちらかの欲求は満たされなくなりますので、
結局はストレスを生じてしまうものであり、
ストレスなしでは人間関係は成り立たないということです。

もし人間関係にストレスがないという人がいたら、
それは周りの人にストレスを与えている人です。

人間関係には総ストレス量が決まっていて、
それを均等に分け合うのが良い人間関係。
誰か独りが全てのストレスを請け負う関係や、
誰か独りがノンストレスで楽をしている関係はダメな関係。

『お互い様』 になるように
親和欲求と承認欲求の
バランスを取っていくことが重要ということですね。


ここで気をつけて欲しいのが
承認欲求の取り扱い。

その承認欲求は
自分の価値観に沿ったものなのか、
それともただコミュニティの中で、
自分の存在を浮き彫りにさせたいがための
中身のない主張なのか。

その承認欲求に
本当に自分の価値観があるかどうかは
自問自答して確かめてください。

よく考えてみると、
自分の価値観って
そんなにたくさんあるものではないんですよね。

『これだけは絶対に譲れない』 
というものは二つ三つあるだけ、
自問自答すると結構どうでもいいと思える価値観を
後生大事に抱えていたりするんです。

そういう余分な価値観は
早めに捨てて身軽になってください。
どうでもいいことが増えると、
どうでもいいことはストレスなく
周りに合わせることができるようになります。

『これだけは絶対に譲れない』
 という価値観だけ、
周りの状況やバランスを判断しながら
自己主張していけばいいということ。

それが最小限にストレスを抑える
人間関係になると思いますよ。

 

+ + + + + + + + + + + +
▼ DJあおいさんの記事をジャンルごとに読む ▼

コミュニケーション(人間関係) / 恋愛 / モテ / 自分の将来 / 違いシリーズ / 人から好かれるには / 社会に出て役立つスキル / メンタル強化 / お金 / イタい人 / 女子の心理 / 欠点(短所)の克服

iconDJあおい
謎の主婦。ツイッターで独自の恋愛観を綴り、一般人としては異例のフォロワー22万。サブアカウントではフォロワーの恋愛相談にも乗り、こちらも異例のフォロワー15万。著名人のファンも多く、幅広い層から支持されているが、その素性はいまだ謎のまま。
■公式ブログ http://djaoi.blog.jp
■Twitter メインアカウント https://twitter.com/djaoi
サブアカウント https://twitter.com/DJ_aoi
■最新著書
キャリアなどに興味はない。それなりに稼げて、ストレスフリーなら、それがいいのだ!』(DJあおい:著/¥1,404/ワニブックス)
この連載を元にした、DJあおいの「仕事術本」が遂に完成! 仕事術と言っても、ただの仕事術じゃあ、ありません。『普通の幸せ』を手に入れるための仕事術。実はこれが一番難しい。「仕事は辛いけど、たっぷりお金を稼げる生活」よりも、「毎日が平穏無事で、それなりに稼げる生活」がしたい―― そう思っている女子は必見。
※この書籍は、本連載に大幅な加筆修正を加え書籍化したものです。

+ + + + + + + + + + + +
▼ DJあおいさんの記事をジャンルごとに読む ▼

過去の記事一覧はコチラ

バナー