スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2019年06月18日

カレー沢薫の「バイト丸わかり図鑑」ゲームテスター/デバッカーバイト編

カレー沢薫 自虐の神 テスター デバッガー バイト タウンワーク townwork
私事だが無職になって一周年、先日ヤクルトレディの求人勧誘が来た時は真剣に考えたし、リアルに近隣のバイト情報をチェックするようになった。

しかし、私は地方住みなので、業種がホールスタッフ、工場内作業員など非常に限られている、珍しい所では葬祭ディレクターぐらいだ。
確かに葬式は、都会、地方関係なく、廃れることのないアツイ業種である。

今回紹介するバイトは、募集をみつけた暁にはぜひやってみたいバイトである。

「ゲームテスター/デバッカー」これが今回紹介するアルバイトだ。
最近はゲーム機を買わずとも、スマホで無料ゲームがいくらでもあるため、何かしらゲームをやっている人は多いと思う

そんなゲームのプレイ中、何をどうやってもゲームが進められなくなったり、呪いの如く文字化けしたり、キャラクターが突然、生首や全裸になったりした経験がないだろうか。

全裸は人によってはラッキーとも言えるかもしれないが、多くの場合それは「不具合」であり、起こってはならないことなのだ。
そんな不具合を起こす「バグ」がないかどうか調査するため、事前にゲームをテストプレイするのがお仕事である。

私もゲームは好きな方である。
どのくらい好きかというと、この原稿をやらずにゲームをやってしまい、今まさに困っているぐらい好きだ。

そんなゲームを仕事としてプレイ出来て、お給料までもらえるなんて、控えめに言って最高なのではないか。
しかし、私は元々、絵を描くことが好きで漫画家になった人間である。
それで今現在「最高」か、というと、最高じゃない時も多々あるし「最悪」と言っても良い時もなくはない。
それと同じように、ゲームテスター/デバッカーのバイトも、最高な部分もあるが、そうじゃない時もあるようだ。

 
気になるゲームテスター/デバッカーのバイトはここからチェック!>>
 

「ゲームテスター/デバッカー」の仕事の流れはというと、まずはチームとなって、リーダーから作業説明と、チェックリストが渡される。それに基づき、ゲームをプレイし、結果を記録、そして報告する、という流れだ。

ある日は、キャラクターが突然、体が消えていないかや自然界にない色になったりしないかグラフィックをチェックし、またある日は「ウコン」が大便の別称になっていないかなど、テキストの誤字脱字を確認したりとチェック項目は多岐に渡る

ゲームを仕事として、しかも発表前の物を先んじてプレイ出来るという点は、やはりゲーム好きにとっては「最高」であり、応募者の大半がゲーム好きだという。

では、ゲームに詳しくない人間は採用されないかというと「ゲーム」という概念すら知らないレベルでは厳しいが「スマホでゲームをしたことがある」程度でも十分可能だそうだ。

やっていく内に、コンピュータやIT知識が自然に身につくため、スキルアップにもなるという。
また、バグの報告はワードやエクセルですることが多いため、オフィスソフトの使い方も覚えることが出来る場合もあるそうだ。

だが、当然仕事なので、自分が好きなゲームをプレイできるわけではない
ゲームと言ってもその種類は様々だ。
私で言えばイケメンがたくさん出てくるゲームが大好きであり、一方で「いろんなゴリラが出てきます」というゲームにはあまり興味がわかない。
しかし、仕事となれば当然「今日はこのゴリラがたくさんでるゲームのデバックをしてもらいます」という時もあるし、苦手な分野のゲームを長時間プレイしなければいけないこともあるかもしれない。

だが、プライベートではプレイしないゲームに触れることにより「ゴリラゲーがこんなに面白かったとは…」と気づき、趣味の幅が広がった、との声もある。

また「ゲーム」というとエキサイティングなイメージがあるが、デバック作業は同じ画面を見続けたり、同じ作業を繰り返したりするという、単純作業的側面も大きいそうだ。

ただの単純作業なら、カーズ様のように考えるのを止めて手だけ動かすことも可能だが、デバックはそこからバグを発見しなければいけないので、集中力と、さらに注意力が求められることになる。
ゲームのことは全然知らなくても、一日中ウォーリーを探したり、梱包材のプチプチを1つ1つ潰すことに無上の喜びを感じる、というタイプには向いているかもしれない。

また、未発表ゲームをプレイすれば、誰だって内容をツイッターに投稿し3万リツイートぐらいされたいと思うだろうが、当然それは守秘義務違反であり、下手をすれば訴えられる

「ここで見たことは、墓場まで、もしくは発表まで言わない」という口の堅さが必要であり、気がついたら起こったことを全てSNSに投稿している、というタイプは応募しない方が身のためだ。

肝心の時給だが、かなり幅があるようで800円~1500円が相場らしいが、それ以上もあるようだ。
この時給が「現場の逼迫度」に比例しているかどうかは不明である

ゲームと言うのは当然、リリース予定日などの「期日」がある。
デバック作業もそれまでには終わらせなければいけない。
よって進捗具合によっては、深夜作業や、スマホ9台同時テストプレイ、という令和の聖徳太子状態になることもあるようなので、その点は覚悟しておこう。

また気になる「コミュニケーション」面だが、チームで作業するので、全くコミュニケーションがないわけではないが、人間よりは画面を相手にしている時間の方が圧倒的に長いので、接客よりは作業系の方が好きという人に向いている。

ただ、ゲームの存続に関わる致命的バグを見つけたが、シャイなので報告できなかった、というのでは意味がない。
「ホウ・レン・ソウ」がかなり重要視される仕事なので、見つけたバグは矢文でも良いから伝えるようにしよう。

私のように、原稿などの仕事そっちのけで、気づいたらゲームをしてしまっているというタイプはいっそこのように、ゲームを仕事にしてみるというのも手である。

だが、ゲームを仕事にしたら「ゲームそっちのけで原稿をやる」という現象が起きる可能性もある。

 
気になるゲームテスター/デバッカーのバイトはここからチェック!>>
 

カレー沢薫
1982年生まれ。漫画家・コラムニスト。2009年に『クレムリン』(講談社)で漫画家デビュー。SNSでは“自虐の神”と崇められる人気作家。
Twitter https://twitter.com/rosia29
↓ゲームテスター/デバッカーのアルバイト求人はこちらから↓
テスター デバッガー バナー

 
▼関連記事▼

カレー沢薫 自虐の神 パチンコ バイト タウンワーク townworkカレー沢薫の「バイト丸わかり図鑑」パチンコバイト編

私事だが、会社を昨年辞めた。以後、漫画や文章で生計を立てるフリーランスになって、早1年近くだが、あまりの不安定さに笑う。これを考えると、継続的に賃金を得られる「勤め」というのは神システムと言わざるを得ない。もちろん、アルバイトもそうだ、今回もそんな神の一つを紹介したい。今回取り上げるのは「パチンコ店スタッフ」だ。

カレー沢薫 自虐の神  軽作業 清掃 バイト タウンワーク townworkカレー沢薫の「バイト丸わかり図鑑」清掃バイト編

急な出費に困らないように平素からお金はコツコツためておく必要がある、今回紹介するアルバイトはそんなコツコツ型の仕事である。「清掃アルバイト」

早速バイトを探してみよう