スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2017年05月22日

ネットカフェバイトとは?仕事内容、時給、勤務時間やメリット・デメリットを解説

タウンワークマガジン ネットカフェバイトとは?仕事内容、時給、勤務時間やメリット・デメリットを解説ネットカフェはインターネットを楽しむだけでなく、本を読んだりシャワーを浴びたりできるので、多くの人が利用しているところです。そんなネットカフェでバイトをしてみたいと思っている人は少なくないはず。そこで、ネットカフェでバイトをするなら気になる仕事内容や時給、メリットやデメリットについてまとめてみました。参考にしてみてください。

【目次】
1.ネットカフェバイトってどんな仕事をするの?
2.働く時間帯は?
3.一番忙しい時間帯ってあるの?
4.仕事が楽って聞くけどほんと?
5.実際に働いた人の体験談
6.ネットカフェのバイトはラクだった?辛かった?
7.人がいるのに個室へ入ってしまった!ネットカフェでよくある失敗談
8.パソコンに強くなる!?ネットカフェバイトで身に付くスキルとは?
9.どんな人に向いている?
10.まとめ

ネットカフェバイトってどんな仕事をするの?

タウンワークマガジン ネットカフェバイトとは?仕事内容、時給、勤務時間やメリット・デメリットを解説ネットカフェでの仕事はたくさんあります。まずは受付です。お客様が来たらブースの希望を聞き、システムの案内をします。それから、お客様に気持ちよく利用してもらえるように、清掃も大切な仕事です。ブースはもちろん、床やシャワールームなど店内のあらゆる場所の清掃をします。また、ブースに残っている本を本棚に戻すなど、本棚の整理も仕事のひとつです。さらに、ほとんどのネットカフェではフードの提供もするので、調理の仕事もあります。昼時や夕方などの食事の時間帯や、土日は調理も忙しくなるところが多いようです。

働く時間帯は?

タウンワークマガジン ネットカフェバイトとは?仕事内容、時給、勤務時間やメリット・デメリットを解説多くのネットカフェでは24時間営業をしています。そのため、昼間の勤務はもちろん、募集している時間帯の中には深夜勤務があるところもあります。ただし深夜は勤務する人数を減らしているとことが多いので、募集人数はあまり多くないでしょう。ほとんどがシフト制で、深夜から早朝まで、日中の時間帯、夕方から深夜にかけてと分かれています。

一番忙しい時間帯ってあるの?

タウンワークマガジン ネットカフェバイトとは?仕事内容、時給、勤務時間やメリット・デメリットを解説ネットカフェが一番忙しくなる時間帯は、夕方から夜の時間帯です。仕事や学校帰りの人が多く来店する時間帯なので、その時間が忙しくなります。受付業務やフードの調理など、やることがたくさん重なる時間帯です。特に金曜日など週の最後は、より混みあう店舗が多い傾向です。

仕事が楽って聞くけどほんと?

タウンワークマガジン ネットカフェバイトとは?仕事内容、時給、勤務時間やメリット・デメリットを解説ネットカフェのバイトは、他のバイトと比べると楽だという人が多いようですが、実際はどうなのでしょうか。ネットカフェでバイトをしたことのある100人に聞いたところ、「楽だと思う人は42人」「楽だとは思わないという人は58人」という結果になりました。具体的に「どんな部分が楽だと感じるのか」逆に「どんな部分が楽だと思わないのか」についてを、それぞれ紹介します。

実際に働いた人の体験談

タウンワークマガジン ネットカフェバイトとは?仕事内容、時給、勤務時間やメリット・デメリットを解説

楽だと思う人の意見

どんな仕事でも大変なものですが、ネットカフェでバイトをした人が実際に働いてみて、楽だと感じたのはどんな部分なのでしょうか。

◆「良いことだらけ」と感じる人多数!

・接客が嫌でなければ楽なバイトだと思う。あまり忙しくもなく、お客さまがブースに入れば後はあまりやることがない。(男性/30代/会社員)

・1度注文されると、その後はネットに集中されるせいか、あまり頻繁に注文されることがないから。(女性/40代/派遣社員)

・基本は清掃と単純な接客だけ。ある程度PCの知識があれば良いし、時間に追われることもない。他業種も経験した身からすればものすごく楽。しかも静かだし空調も完備されている。(女性/30代/主婦)

1度入店したお客様はパソコンや好きなことに集中するので、ほかの接客業と比べると楽に感じるようです。特に、ほかの仕事を経験した人からすると、仕事の内容が決まっていて空調も完備された環境で働けるのは楽だと感じるのでしょう。

楽ではないと思う人の意見

楽だといわれているネットカフェですが、意外と楽ではないと感じる人も多いようです。具体的にどんな部分なのでしょうか。

◆接客業ならではの大変さがある!

・24時間開店しているのでシフトの無茶ぶりがひどかったり、お客さんもいろんな事情を抱えていたりする人が多くて、その対応にも難儀しました。(女性/40代/主婦)

・予約や掃除、お会計はそれほど難しくはないが、調理もしなくてはいけなかったため、予想していたよりやる仕事の種類が多かった。(男性/30代/会社員)

・業務は簡単なことが多いが、マナーを守らないお客さんに注意したり、汚れたところを片付けたり、精神的にしんどいところがあった。(女性/30代/主婦)

「ネットカフェでのバイトは楽ではない」と回答した人の中でも多くの人は、仕事の内容は簡単と感じるようです。その代わり、年代も性別もさまざまなお客様を相手にするので、時にはその対応が大変なこともあるようです。また、基本の業務に加えて、調理も一緒にこなさないといけないため、仕事内容の多さに驚く人もいました。

ネットカフェのバイトはラクだった?辛かった?

タウンワークマガジン ネットカフェバイトとは?仕事内容、時給、勤務時間やメリット・デメリットを解説
ネットカフェのバイトをやる前とやってみた後で、どのように印象が変わったのでしょうか。バイト経験者に聞いてみると、思っていたよりも辛かったと答えた人が100人中44人、思っていたよりも楽だったと答えた人が56人で、楽だったと答えた人のほうが少し多い結果となりました。それぞれのコメントを見てみましょう。

【思っていたよりも辛かった】

・癖のあるかたや酔っ払いの方に絡まれるなど、嫌な思いをたくさんしました。(女性/40代/パート・アルバイト)

・お客さんが使う部屋の清掃がとにかく辛かったです。きれいに使ってほしいなと思いました。(女性/20代/無職)

・密室でいちゃつくカップルを見るたびきつかったですね。度の過ぎたスキンシップを見せられるので。(女性/30代/パート・アルバイト)

【思っていたよりも楽だった】

・客の少ない曜日や時間帯は、特にやることがなかったので、のんびり過ごせたので。(男性/40代/正社員)

・特にクレームもなく、マニュアル通りに接客していたら問題なかったから。(女性/30代/専業主婦(主夫))

・常連客が多かったので、時間が経つにつれ仲よくなる事ができたからです。(男性/20代/正社員)

思ったよりも辛かった意見として多かったのが、質の良くないお客様に対する接客、個室の使い方に対する精神的負担、汚い個室の掃除などです。仕事そのものが辛いというよりも、お客様に関する意見が中心でした。ネットカフェには性別、年代を問わずさまざまな人が訪れるだけに、決して接しやすいお客様ばかりとは限らないのでしょう。一方、思ったよりも楽だった側の意見としては、のんびり過ごせた、漫画を読んでもOKだった、マニュアル通りの接客で大丈夫だったという回答が多数を占めました。また、常連とのコミュニケーションを楽しんでいた人もいるようです。ネットカフェが辛い、楽と感じる基準は、客層によるところが大きいといえるでしょう。

人がいるのに個室へ入ってしまった!ネットカフェでよくある失敗談

どんなバイトでも思わぬ失敗で気まずい思いをすることがあります。ネットカフェでよくあるミスや失敗とは何か、実際にバイト経験した人に聞いてみました。

・飲み物を運んだときにパソコンにこぼしてしまったこと。お客様には場所を代わっていただき、その場をひたすらきれいにしました。(女性/20代/パート・アルバイト)

・誰もいないと思って、鍵のかかっていない個室へ掃除に入ってしまった。カップルがいたが、謝ったら快く許してもらえた。(女性/20代/学生)

・フライドポテトを注文した客に大盛りフライドポテトを注文したと勘違いし、持って行ったこと。(男性/30代/公務員)

ネットカフェの失敗談として、飲み物をこぼしてしまったという回答が多数寄せられました。なかにはお客様の服にかけてしまい謝罪したというエピソードも。次に多かったのは、空き室だと思って扉を開けたらお客様がいたというコメントです。お客様が薄着で寝ていたり好きな動画を見ていたりしているケースもあるので、扉を開ける前は必ず人がいないか確認したいところです。提供する料理の間違いなどクレームに対しては他のバイトや店長総出で対応したという回答も返ってきました。ネットカフェはお客様がリラックスできる空間なので、スタッフによって快適性を乱されるのをよく思わないお客様がたくさんいます。バイト中にお客様と接する際は、念には念を入れて動くのが失敗を防ぐポイントです。

パソコンに強くなる!?ネットカフェバイトで身に付くスキルとは?

ときには失敗を犯してしまうこともありますが、ネットカフェバイトはさまざまなスキルアップの機会を与えてくれます。ネットカフェのバイト経験者にどのようなスキルが身に付くのかを聞いてみました。

・人間観察能力。それも、相手に「見ている」感じを与えずに、そっと観察できる能力が身に付いた。(女性/30代/個人事業主・フリーランス)

・短時間で掃除をするスキル、素早く簡単な料理を作れるスキルが身に付いた。(男性/40代/派遣社員)

・簡単なパソコントラブルや、配線作業など直せるようになりました。(女性/20代/専業主婦(主夫))

ネットカフェは接客業であるものの、飲食業などの接客と比べると求められるスキルがソフトです。つまり、人見知りの人でもマイペースで接客スキルを学んでいける職場だといえるでしょう。一方、お客様が多い時間帯では料理や掃除などを素早くこなす必要があります。いろいろな作業を素早くこなせるようになったという意見も目立ちました。次の作業を予測しながら、臨機応変に動けるようになりたい人にはネットカフェが向いています。また、ネットカフェではバイトがパソコンについて質問される場面も出てくるようです。その結果、パソコンの配線など簡単なトラブルなら対応できるようになった人も多いようです。これらの知識は、ネットカフェでのバイトを辞めても役に立つスキルです。たとえば、業種によっては就職活動の自己PRにも使える場合もありますし、就職先でも同僚から重宝してもらえるでしょう。

どんな人に向いている?

タウンワークマガジン ネットカフェバイトとは?仕事内容、時給、勤務時間やメリット・デメリットを解説基本的に、バイト仲間でワイワイ楽しんで仕事をするところではないので、マイペースにたくさんの仕事を淡々とこなせる人が向いています。接客業ではありますが、飲食店や販売のバイトと比べれば、マニュアルで決まった対応でほとんどの業務をこなせるので、接客が苦手な人でも大丈夫でしょう。また、パソコンを扱う店舗なので、何かトラブルがあったときにすぐに対応できるようなパソコンに詳しい人であれば、知識を活かせることもあります。店舗によっては暇な時間帯に漫画を自由に読んでも良いところもあるので、漫画好きな人にもおすすめです。

まとめ

ネットカフェでのバイトは、意外と業務内容が多く、時間帯によっては忙しく大変なこともあります。しかし、ほかのバイトをしてきた人なら、楽な仕事だと感じることもあるようです。ネットカフェは楽ではないと感じる人が多いというアンケート結果になりましたが、接客業に慣れている人なら上手くこなせるのではないでしょうか。

【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:男女
■調査期間:2017年03月03日~2017年03月16日
■有効回答数:100サンプル