スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2014年06月05日

「試食・試飲販売バイト」ってどんな仕事?

「試食・試飲販売バイト」ってどんな仕事?
スーパーやデパートなどでよく見かける試食・試飲販売というデモンストレーターのアルバイト。短期バイトの定番の一つだ。「ひと口いかがですか?」と、笑顔でお客さんにドリンクや調理した商品をアピールする。そんな「試食・試飲販売バイト」をご紹介。

仕事内容

食品売り場などで、新商品・オススメ商品を実際に食べてもらい、PR・販売するのが主な仕事となる。

■ 試食販売バイト
実際に商品をお客さん食べてもらい、買ってもらえるようにさりげなくアピールする仕事。実際に簡単な調理をすることもある。

■ 試飲販売バイト
こちらは飲み物編。試飲用の小さい容器に入れた飲み物を配り、試飲してもらう。

どちらも事前に研修があるため、そこで商品知識を覚えてからでも大丈夫。声掛けの方法や話し方、困ったときの対処法なども教えてもらえるので、未経験でも安心して始められるバイトだ。

ちなみに、試食・試飲販売バイトは、求人情報サイトなどを見ると「ノルマなし」が多いようで、そういう意味でのプレッシャーは感じずに済むものが多いようだ。
仕事は1日~2日の土日週末程度と短期が多く、勤務時間は、お店の営業時間内で7~8時間程度。そのため、ほかのバイトと掛け持ちしている学生や、土日だけ働きたいと考える学生に人気だ。

待遇や給与

短期のアルバイトがほとんどなので、派遣会社に登録するスタイルが多い。給与は時給・日給とまちまちだが、日給に換算すると東京近郊でおおむね「8500円以上」が相場のようだが、中には「1万円」を越える求人もある。
なお、交通費は支給されることが多いが、派遣会社によっては出ないところも。応募前に求人情報や面接などで確認をしておこう。

経験者の評価

試食・試飲販売バイトの評価
■ よかったこと
・「日給がよかった」
・「接客のノウハウを学んだ」
・「無料で食事や飲み物を頂いて食事代が浮いた」

■ ツラかったこと
・「立ちっぱなし」
・「服に臭いがつく」
・「何時間も声を出さないといけない」

■ こんな人にオススメ!?
・「調理が得意な人」
・「人と接することが好きな人」
・「臨機応変な対応ができる人」

体験者からのアドバイス

予定の空いている日、自分のやりたいときにできるのがいいところ。自分は1人で行ってすべて1人で仕事をするところだったので、予期しない事態が起こっても冷静な対応が必要だった。(試食・試飲販売経験/25歳/女性)

※データ:大学卒業した22歳~25歳の社会人900人に調査(2014年3月27日~4月7日)/調査協力:株式会社クロス・マーケティング