スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2015年10月26日

11月1日は「警備の日」。知らなきゃもったいない警備の魅力とお仕事内容をご紹介!

JS185_350A

2015年より11月1日を「警備の日」と全国警備業協会が設定し、一般社団法人日本記念日協会に登録されました。そこで、あまり世の中に知られていない、警備で働く魅力と実はたくさんあるお仕事の種類をご紹介いたします!

知らなきゃもったいない!警備で働く魅力!

さまざまな場所で防犯を担当する警備の仕事。皆の安全を守り感謝される、やりがいのあるお仕事だけど、そのほかにどんな魅力があるのかを紹介します。

1.未経験から始めやすい
どこの警備会社でも必ず合計30時間の研修があるので、初めての方でも安心して始められるんです。

2.シフトの融通が利きやすい
警備のお仕事は、週1日~OKだったり、1カ月以上休んでもOKな警備会社も多数ありますよ。(業務内容によります)。
実はプライベートとの両立がしやすいお仕事なんです。

3.働き方次第で高収入
日給制が多いので、短期間でまとまったお金が手に入ります。資格を取ったらさらに給与UPも見込めますよ。

4.防災に関する知識がつく
研修や実技で、防災に関する内容も教えてもらえるので、いざという時、警備をやっていて良かった!と思えるんです。

5.幅広い世代が活躍している
色んな現場があるので、自分に合った働き方が見つかります。

意外とイロイロ!警備のお仕事紹介

JS177_350A
一言で警備と言っても、たくさんの種類があるので、ライフスタイルに合わせて選びやすのもメリットのひとつ。では、どんな種類があるのか詳しく見ていきましょう。

1.施設警備
商業施設やオフィスビル等、契約施設にて関係者の出入管理、施設内巡回、防災センター業務などを行います。
ほかの警備に比べて室内業務が多いことが特徴です。

2.交通警備
道路工事現場や駐車場等で通行する人や車両の誘導を行います。車社会である日本では、とっても大切な役割を果たしています。

3.イベント警備
コンサート、花火大会、マラソン大会、夏祭りなどのイベントでの事故を防ぐため、主にチームを組んで警備にあたります。
学生やWワーカーが多く活躍しています!

4.機械警備
契約施設に各種のセンサーを設置し、警備会社の監視センターで侵入者や火災等の発生を監視します。異常があった際に、警備員が現場へ駆けつけ、対応します。

5.現金輸送警備
複数の警備員で連携し、契約先の財産である貴重品を安全に、目的地まで運搬します。
他にも、SPと呼ばれる「身辺警備」や空港を守る「空港保安警備」、万引き犯等の店内の犯罪を防止する「保安警備」等、様々です!

警備員さんがもらった「ありがとう」エピソード

11014005633_re
モノや人、場所の安全を守る、警備の仕事。大変な仕事なだけに、感謝されるシーンも多いはず。では、実際にどんな声が聞けたのか、エピソードを集めてみました。

■学校前の警備で・・・
校門前の横断歩道で子供たちの安全を守る警備。ある日、毎朝その道を通る子供たちから、「いつもお疲れ様です!ありがとうございます!」そんな言葉をもらえました。

■工事現場の警備で・・・
現場監督から、「今日も頑張ってるね!これからも頼むよ!」と缶コーヒーをもらいました。工事現場では建設会社の皆さんと「安全を守る」という立場から、一緒にその建物を作っているそんな感覚があります。

■商業施設の警備で・・・
施設内を巡回警備しているときに、迷子のお子さんを保護して、施設のアナウンスで流してもらいました。無事お母さんと再会でき、お子さんからもお母さんからも「ありがとうございました!」と言って頂けました。

■イベントの警備で・・・
サッカーイベントで、多くのサポーターの誘導を行ってました。熱狂するサポーターの安全を守るため、大きな声で誘導していると、「おつかれさま!お兄さんのおかげで、楽しいイベントが実施できてるよ!ありがとう!」そんな言葉を頂けました。

いかがでしたか?
一見、黙々と現場を守っているイメージの強い警備の仕事ですが、お客さんから感謝されるシーンも多いんですね。気になった方は、ぜひ求人もチェックしてみてくださいね。

警備員・監視員の求人を見る