スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2022年08月30日

警備員バイトとは?仕事内容と評判、実際きつい?時給や勤務時間、体験談あり

タウンワークマガジン 警備員バイトとは?仕事内容、時給、勤務時間やメリット・デメリットを解説

警備員バイトとは

警備員のアルバイトとは、道路や駐車場、イベント会場、ショッピングモールやビルなどで、誘導や警備の業務を行うものです。人々の安全を守るために欠かせない仕事であり、大きなやりがいがあるアルバイトだといえます。初心者でも研修を受ければ業務に就け、勤務時間や勤務回数などは比較的自由度が高いことが特徴です。

 

警備員バイトってどんな所で働くの?

警備員のアルバイトには、大きく分けて「交通誘導」「雑踏警備」「施設警備」の3種類があり、それぞれで働く場所が異なります。まず交通誘導では、公道や駐車場が主な仕事現場です。また雑踏警備では、イベント会場など不特定多数の人々が集まる場で業務を行います。施設警備は、ショッピングモールやビル、娯楽施設などの施設内や、施設外部の敷地などで働きます。

 

実際には何をするの?

交通誘導のアルバイトでは、道路工事などによって交通整理が必要になった道路や、観光地やスーパーなどの混雑している駐車場で、混乱や事故を避けるために車両や人々の誘導を行います。また雑踏警備では、イベントやコンサート会場など一時的に多くの人でごった返すような場所で、転倒事故やトラブルが起こらないよう、誘導や警備をします。そして施設警備では、各種施設の警備室に常駐したり、敷地内を巡回したりして、火災、事故、犯罪の防止や突然のトラブルに対する緊急対応を行います。施設警備で担当する施設は、ショッピングモールなどの商業施設だけでなく、オフィスビルや大学などさまざまです。

 

勤務時間、時給は?

警備員の勤務時間は、交通誘導・雑踏警備・施設警備といった仕事内容によって、さらに実際に担当する現場によって異なります。たとえばイベントなどの雑踏警備では、イベント時間前後のみの勤務になるため、4〜5時間程度の拘束になることがあります。一方で交通誘導や施設警備の場合は、数時間〜8時間程度の勤務まで幅広くあります。交通誘導では、道路工事や駐車場の開場時間にあわせて勤務時間が決まることが一般的です。施設警備の場合は、夜勤を担当する可能性もあります。時給は勤務先や地域によってばらつきがありますが、800円〜1,200円程度が相場となっています。

 

警備員バイトの評判|よかったラクなところ

「シフトの融通が利きやすく入りたいときに入れる」「基本的に1人での仕事が多く、自分のペースで働ける」など自由度が高いところに良さやラクさを感じる意見が集まりました。現場にもよりますが、同世代含めて様々な年齢層の人たちと関われることも魅力のようです。仕事内容としては覚えてしまえば簡単で、難しいことがあまりなく黙々と仕事に取り組めるのも良いという声もあがりました。

・シフトの自由度がかなり高いため、自分のペースで働けて楽でした(20歳/大学2年生/男性)

・コンサートやイベントでは芸能人やアーティストの警備に携われるため、貴重な体験ができました(21歳/大学3年生/男性)

・特に問題が起こらなければ、業務内容は巡視と監視のみで比較的簡単なバイトでした(22歳/大学4年生/男性)

・警備員は大学生から社会人まで幅広い層の人が働いている職種だったため、いろいろな世代の人と関われて楽しかったです(22歳/大学4年生/女性)

・1人で仕事をしていたので、人間関係のわずらわしさもなく楽に働けました(21歳/大学3年生/男性)

・接客のストレスもないため、精神面では楽でした(21歳/大学3年生/女性)

 

警備員バイトの評判|きつい辛いところ

警備バイトの経験者で多かった意見は「立ちっぱなしで疲れる」「雨の日や暑い日は大変」など体力面のきつさ。他には「暇疲れ」をあげる人も。スーパーやショッピングモールの警備だと万引き犯の対応が大変だったり、駐車場の警備では誘導に従ってくれないお客さんがいたりと精神面での辛いところもあるようです。また、幅広い年齢層との関わりに楽しさを感じる人がいる一方で、付き合い方にきつさを感じる人もいるようです。1人の現場に孤独を感じる、とい声もありました。

・長時間立ちっぱなしなので足が疲れます。夏でも長袖長ズボンの着用義務があるので、日陰のない直射日光下で警備をするときはとても辛かったです(21歳/大学3年生/女性)

・対人の仕事が少なく、暇だなと感じることが多いです。時間が過ぎるのが遅く感じて、とても退屈でした(22歳/大学3年生/男性)

・施設警備は常に気を張っている必要があるため大変でした。万引き犯への対応は、相手が暴れたり逃げようとする可能性があるので、精神的にきつかったです(21歳/大学3年生/男性)

・年齢が高めの方が多いので気も遣うし、一緒に作業をするという機会もなかなかないので、仲良くもなりづらいと思います(19歳/大学1年生/男性)

・勤務中は1人で立っている場合が多く孤独感に苛まれるため、1人でじっとしていることや、黙って立っていることが苦手な人にとっては辛い仕事だと思います(19歳/大学1年生/男性)

・たまに誘導指示に従ってくれない車がいるので、身の危険を感じます。常に事故と隣り合わせであることがきつかったです(22歳/大学4年生/男性)

 

どんな人に向いている?

道路や駐車場、イベント会場、各種施設などで安全を守るために働くのが警備員であるため、真面目な姿勢で仕事に取り組み、広い視野で物事を見れる人に向いているでしょう。また勤務時間の自由さや時給の高さから、学生、Wワークなど様々なライフスタイルに人に適しているほか、高収入を狙っている人にも適しているアルバイトといえます。未経験者でも、研修を受ければ仕事ができるため、これからアルバイトを始めてみたいという人にもおすすめです。ただし、立ちっぱなしだったり、トラブル時に現場へ駆けつけたり、場合によっては高いところへ登ったり重い物を持ったりなど、体力を消耗することもある仕事です。

・アンケート出典:2022年3月 大学生アルバイト体験調査/N=2074/株式会社マクロミル

 
※2021年9月28日の記事を更新

早速バイトを探してみよう