スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2021年05月19日

芹澤優インタビュー『落ち込んだ時は“まだ夢を追いかけている途中”と考えると焦らずに自分と向き合える』

芹澤優 インタビュー タウンワークマガジン townwork声優とアイドル活動を両立するハイブリッドユニットi☆Ris(アイリス)のメンバーであり、ソロアーティストとしても活動する芹澤優さん。ソロ作品3枚目となるシングルは『芹澤 優 with DJ KOO & MOTSU』名義で奇跡のコラボが実現。シングル制作エピソードについて聞いたほか、貴重なアルバイト時代のお話、仕事との向き合い方についてインタビューしました。

 

違うフィールドで活動してきた3人の素敵な科学反応が生まれました

芹澤優 インタビュー タウンワークマガジン townwork――今作はDJ、ラッパー、声優という異色のコラボになっていますが、どんな作品になっているのでしょうか?

「EVERYBODY! EVERYBODY!」は、アゲアゲなお二人(DJ KOO、MOTSU)の世界に私が連れて行ってもらったようなダンスミュージックで、「YOU YOU YOU」は女性の恋心が溢れた可愛らしい世界観になっています。3人がお互いのフィールドでやってきたことが重なって、素敵な科学反応ができた作品に仕上がりました!

――全く違うテイストの2曲になっていますね。まずは「EVERYBODY! EVERYBODY!」を受け取った時の印象を教えてください!

最初に聞いた時からフェスで歌いたいなと思いました。サビでは“EVERYBODY!”という掛け声が入るので、いつかお客さんと一緒に歌えたらすごく楽しいだろうなと。歌詞も含めて、みんなを巻き込んで元気にしてくれるような曲になっています。

――歌詞のフレーズで、特にグッときたポイントはありますか?

ラップパートの《老若男女も肌の色も ここで全部混ざりあう》というフレーズです。私を応援してくださる方は年齢や好きなジャンルも含め、幅広い層の方がいらっしゃるのですが、今までは出会うことがなかったような方たち同士が、ライブ会場で1つになる。それはライブをやるたびに、すごく魅力的なことだと感じていたので、今まで見てきたステージからの“いつもの光景”を感じられるフレーズが心に響きました。

――今回のレコーディングはどのような形でおこなったのでしょうか?

私の歌入れには作詞作曲をされたMOTSU さんが立ち会ってくださいました。「EVERYBODY! EVERYBODY!」は、あまり挑戦をしたことのないテイストの曲だったので何度も録り直しをしましたが、MOTSUさんが、私の声優としての経験をいかせるようなディレクションをしてくれたので、すごくやりやすかったです」

――「YOU YOU YOU」は可愛らしい楽曲ですが、これもMOTSUさんの作詞作曲となっていますね。

はい。MOTSUさんが作るこういう可愛らしい感じの曲が大好きで歌っていても楽しかったです。MOTSUさんはアニソンもたくさん作られていて、私が声優になりたいと思ったきっかけの曲を作った方でもあるので、レコーディングが全て終わった後は、感動で思わずホロホロときてしまいました(笑)。

――DJ KOOさんとの交流はあったのでしょうか?

MVでご一緒しましたが、現場でもみんなを笑わせてくれるエンターテインメント性を持った方で圧倒されました。お二人と共演出来たことが嬉しいですし、これからどんな活動が出来るかも楽しみです!

 

専門学校の学費の一部を返したくて始めたアルバイト

芹澤優 インタビュー タウンワークマガジン townwork――ここからは、アルバイトやお仕事との向き合い方について伺いたいと思います。

アルバイトは高校生の時に、回転寿司とハンバーグ店で3ヶ月くらい働いたことがあります。

――アルバイトを始めたきっかけは?

声優を目指すために、高校に行きながら専門学校にも通っていたのですが、2つの学校に通わせてもらうことに申し訳ない気持ちがあって…。全額は無理ですが、親に多少なりともお金を返したくて始めました。親は「無理はしなくていいよ」と言ってくれましたが私自身がそうしたかったので。

――アルバイト先にはすぐに馴染めましたか?

どちらも人気店で忙しい店だったこともありますが、当時は周囲の人と仲良くするという意識があまりなくて、すごく淡々と業務をこなしていた感じでした。

――楽しかったことや大変だったことは?

飲食店なので、すごく良い匂いがするんですよ! でもお仕事中は食べられないので、休みの日に家族と行くのが楽しくて。なにげなく行っていた頃に比べると、格段に美味しく感じるようになりました(笑)。

――アルバイトという初めての社会経験をしてみてどうでしたか?

“行きたくない日にも行かなきゃいけないんだな”ということに気づいたことが一番大きな変化でした(笑)。アルバイトは自分が休むことで周囲に迷惑をかけてしまう。仕事には責任がともなうという、当たり前のことにさえ気付けていなかったので、それを経験として学べたと思っています。

 

昔は自分を表現することに必死で、周囲の人を気遣うことが出来なかった

芹澤優 インタビュー タウンワークマガジン townwork――では、今のお仕事について。声優は小さい頃からの夢だったのでしょうか?

中学の頃からアニメが好きで、歌ったり踊ったりすることも大好きだったので、声優は“自分が好きなもの”が全部出来る理想の仕事だと思いました。声優の専門学校から、i☆Risのオーディションを受けたのがきっかけで今の仕事をするようになりました。

――仕事を始めたばかりの頃の自分を振り返ると、どのように感じますか?

今とは全く違いますね。始めた頃はアルバイト時代と同じで、i☆Risのメンバーとも仲良くしようという意識がありませんでした。多感な時期だったのもあると思いますが、とにかく自己表現に必死だったんです。周囲の人に自分を覚えてもらいたい、誰よりも突出しないといけないという想いが強かったんだと思います。他のメンバーが周囲に気を使う場面でも、自分だけ「私が!」と言っているようなタイプだったので、すごくトゲトゲしていました。

――それがどのように変化していったのでしょうか?

特に大きな何かがあったわけではないんです。メンバーとは四六時中一緒にいたのでケンカもよくしましたが、長い時間の流れの中でいつの間にか気持ちの面でもグループになっていきました。今思うと、1年目にメンバーから愛想を尽かされなかったことが奇跡だなと(苦笑)。今でもメンバーには当時のトゲトゲな私をイジられますが、メンバーと周りにいてくれたスタッフさんの優しさには改めて感謝したいです。

 

グループでの活動を続けたからこそ、自分を客観視できるようになった

芹澤優 インタビュー タウンワークマガジン townwork――グループで活動をしたことで芹澤さん自身も変化したわけですね。

メンバーとの個性の違いや、実力の差を目の当たりにすることで徐々に自分を客観視できるようになっていった気がします。たとえば、歌のパート分けにしても“この曲はあの子のほうがパートが多いけど、確かに彼女の声のほうが合っているな”とか、相手の良いところを素直に受け止められるようになっていきました。

――もし昔のままだったら…。

その理由も考えずに“なんで私じゃないの!?”と自己主張していたかもしれないですね。そう思うと、少しは謙虚になれたのかなぁ(笑)。今でも人と比べてしまうところはあるので“どうしてもあの子に追いつけない”とか、“自分はどうしてあんなふうに出来ないんだろう”と考えると落ち込みますが、その悔しさは成長するためのバネに変えていけるようになりました。

 

仕事が上手くいかない時は、憧れていた頃のキラキラした感覚を取り戻すようにしてる

芹澤優 インタビュー タウンワークマガジン townwork――落ち込んだ時はどのように対処していますか?

どうしても上手くいかない時はいっぱい泣きます。それで、頭を空っぽにした後に、声優になりたいと感じた頃のことを思い出して、“今は憧れていたキラキラした世界で夢を追いかけている途中、夢に近づく1歩1歩を進んでいるところなんだ”と考えるようにしています。

――その気持ちを持ち続けるためにしていることはありますか?

好きなアーティストや声優さんのライブを観ます。ライブ映像ってすごく胸がときめくんです。そのアーティストの方がステージの中央で歌って、その人のためのセットや衣装がある。そのキラキラした姿に憧れて、改めて“この仕事が好きだな”と感じることができています。それもあって、仕事という響きにとらわれるより、ずっと夢を追いかけているような感覚でいられたらいいなと思っています。

――ちなみに、これまでに大きな挫折はあったのでしょうか?

声優や歌の仕事をしているのに、喉が弱くて声が思うように出せなかった時は辛かったですね。頑張るほどに声は出なくなっていくし、マネージャーさんが仕事のキャンセルや延期のために電話で謝っている姿を見た時は、私はこの仕事をするべきじゃないのかもしれないと思いました。今は、レッスンに通いながら喉の負担がかからない発声をしています。

――では、仕事をするうえで大事にしていることはありますか?

“仕事は一人じゃできない!”ということを忘れないことです。昔の自分を思い返すと本当に変化したと思います。今は身近なスタッフさんや、現場の方たちも含めて、みんなと気持ち良くお仕事がしたいなと感じていますね。

そのために、なるべく思ったことや感謝は口に出すようにしています。たとえば「ステキなメイクにしてくれてありがとう」とか、その人自身にも「今日着ている服かわいいね」とか。せっかく感じたことなら言わないよりは言ったほうがいいですし、現場で「楽しいね」と言葉にするだけでも気持ちの共有が生まれるので、それはこれからも続けていきたいなと思います。

 

■Profile
芹澤優(i☆Ris)

声優とアイドル活動を両立するハイブリッドユニットi☆Ris(アイリス)のメンバー。声優として数々の作品に主演し、第13回声優アワードでは助演女優賞を受賞。ソロアーティストとしても、2016年に12月に自身初のソロライブをZepp Diver Cityにて開催。翌年2017年4月には、ミニアルバム『YOU&YOU』でソロデビューも果たすなど多岐に渡り活動中。

◆芹澤優 OFFCIAL SITE: https://yu-serizawa.com/
◆芹澤優 Official Twitter:@iRis_s_yu

■リリース情報
芹澤 優 with DJ KOO & MOTSU
New Single 「EVERYBODY! EVERYBODY!/ YOU YOU YOU」5.19 Release!!

芹澤優 インタビュー タウンワークマガジン townwork
【CD+Blu-ray】
価格:¥3,850(税込)

芹澤優 インタビュー タウンワークマガジン townwork
【CD+DVD】
価格:¥3,300(税込)

芹澤優 インタビュー タウンワークマガジン townwork
【CDのみ】
価格:¥2,200(税込)

企画・編集:ぽっくんワールド企画 撮影:河井彩美 取材・文:原 千夏

早速バイトを探してみよう