スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2019年11月27日

声優・羽多野 渉 インタビュー『言霊の力――好きなものは絶対に言葉に出したほうがいい』

波多野渉_声優_タウンワーク

声優として活躍する一方、アーティストとしても2年ぶりとなるシングル「フワリフワリ」をリリースする羽多野 渉さん。小さい頃から、“声優になる”と決めていたという熱量溢れる仕事観について、“好き”が溢れるインタビューをお届けします。

プロットを作成して取り組んだシングルが完成!!

波多野渉_声優_4
——今作はどのようなものにしたいと考えていましたか?

毎回新しいチャレンジをしようと考えているのですが、9作目となる今回のシングルは、自由な発想で作ってみることをコンセプトにしました。そこで、「フワリフワリ」は男性目線、「オモイノカタチ」は女性目線、そして「Re Intro」は、羽多野 渉目線というテーマを決めて、作曲家・作詞家さんに自分で作ったプロット(物語の筋)をお渡ししてお願いしました。

——ご自身でプロットを用意されるんですか?

はい。実はプロットといいながらも、歌詞よりも分量が多いので“自分で歌詞を書いたら?”と言われたりもするのですが、僕自身は音楽面でも、シンガーソングライターとして自分自身を表現するのではなく、作り上げていただいた人物像に役者として潜り込んで表現したいと思っているんです。作曲家、作詞家、声優という、プロフィッショナルが一番良いものを持ち寄って作品が出来る。そこに役者(声優)としての取り組みがあると感じています。

——「フワリフワリ」はSURFACEのお2人が楽曲提供に参加されていますが、受け取った時の印象はいかがでしたか?

ジャズロック要素のあるカッコイイ楽曲をいただいて大喜びしました(笑)。歌詞は、男性目線の心の繊細な部分や、素直になれない不器用さが描かれています。お2人にしか出せない世界を作っていただいて、そこに羽多野 渉がどういう絵を描けるかということを意識しました。

——そして女性目線となる「オモイノカタチ」はいかがでしょうか?

楽曲は切ないバラードですが、女性の心模様や強さを表現してもらいました。「フワリフワリ」とは、曲や歌詞が真逆にくるようにしたかったんです。

——そして、「Re Intro」は羽多野さんご自身の視線であると。

はい。この曲は、羽多野 渉視点にしたかったので、1st Single「はじまりの日に」(2011年リリース)でもお世話になった、前から僕を知っている山下洋介さんに楽曲をお願いしました。

実は曲が出来たあとに聞いたのですが、山下さんは作曲の前に、僕が生まれ育った長野県まで足を運んでくれたそうなんです。本当に驚きましたし、愛の深さに感動しましたね。そこで見た景色や肌で感じた雰囲気を歌にしてくれているので、僕の根底にある18年間暮らしてきた温かな原風景や、上京してからの一歩一歩、そんなストーリー性や景色を感じていただけると思います。

——3曲ともに全く違う表情が感じられました。

曲ごとに歌声でのアプローチも変化させているので、声優が歌っているという楽しみ方をしていただけたら嬉しいですし、1曲でも聞いてくださる方のお気に入りになれば幸せです。

母の一言で知った“声優”という職業に夢中になった

波多野渉_声優_6_タウンワーク
——ここからはお仕事について伺います。まずは、声優を目指したキッカケを教えてください。

昔からアニメが大好きで、小学生の頃にTVの前でアニメのセリフを真似している僕に、母親が「声優になったらいいんじゃない?」と声をかけたのがキッカケです。まだアニメのキャラクターが本当に喋っていると思っていたので、そこで初めて“声優ってどういう職業なんだろう?”と興味を持ちました。意識してアニメを見ると、同じ人が全然違う声色を使っていることも分かって“やってみたい!”と思った直後には“声優になる!”と思いこんでいましたね(笑)。

——中高時代に、他に興味が移ってしまうことはなかったのでしょうか?

他にも部活など楽しいことはありましたが、夢は変わらなかったです。中学3年の進路を決める三者面談の時に、当時は厳しかった学校の先生にも勇気を出して話したことで、東京の声優の専門学校に行くことになりました。

——誰も羽多野青年を止められなかったと(笑)。

あははは(笑)。そうかもしれないです。子どもの頃からずっと言っていたので、“とにかく気が済むまでやっておいで”という感じで、周囲の方に応援してもらえたのも嬉しかったですね。それと、僕がよく言っていることではあるんですが、「好きなものがあったら言葉にする!」ということ。言霊の力はあると思いますし、自分自身も1つ1つの“好き”を言葉にしてきたからこそ、今があると思うので。

新人時代にディレクターに教わったことが今の仕事の基盤になっている

波多野渉_声優_5_タウンワーク
——声優の仕事を始めた当時の印象に残っているエピソードはありますか?

事務所に入って1年目に、主人公をやらせてもらう機会があったのですが、その時のディレクターさんには多くのことを教えていただきました。

——たとえば、どういったことでしょうか?

台本に沿って感情に熱のあるお芝居をした時に「炎にも、“赤い炎”と“青い炎”があるけど、今のお芝居はどの色をイメージしてやったの?」と言われて、何も言えなかったんです。感性だけで向き合おうとしていたことを見抜かれているわけで、もう丸裸ですよね(笑)。そこで答えられるくらい台本を読み込めていなかったのが悔しかったですね。

それと、ディスカッションをしてスタッフさんとイメージを一致させて演技をすることで、作品として求められているお芝居に辿り着くということも知りました。

——大きな出会いでしたね。

はい。そういえば最近、そのディレクターさんと当時の話をしたんです。「羽多野は、速球のボールを自信満々に投げてくるのに暴投ばっかりで“そこじゃねぇよ”って思ってた。でも、10球に1球飛んでくる、とんでもないドストライクが面白くてお前を使ってたんだよ」と言っていただいて……。

その上で、「一生懸命にやっていることは分かった。コントロールはこっちでやるから、とにかくおまえは一生懸命に投げればいい」という気持ちだったそうです。そういう風に熱量を受け止めてくれる方がいたことには感謝しかないですし、一人では今の羽多野 渉はいないと感じています。

どんな時も救いになるのは、“この仕事が好き”だという一念

波多野渉_声優_6_タウンワーク

——仕事をするうえで大事にされていることは?

“どれだけ準備したか”を大事にしています。声優は、舞台とは違って全員で稽古を積むことができないので、その日に初めてお会いした方と会話劇をすることもあるんです。そこで、いきなり相手に合わせたアレンジをしようとしても無理なので、まずはしっかりと家でベースを作ることが必要だと思っています。

——これまで仕事に対しての熱量が途切れたことはないのでしょうか?

波のあるお仕事ですし、プロになったからといって仕事がすぐに来るわけではないので、事務所に入ってからが本当のスタートでした。特に初年度はオーディションを受けてもビックリするくらい落ちるんですよ(笑)。でも、それはみなさん同じ経験をされていると思います。それでも、メンタルを助けてくれるのは、“この仕事が好き”だという一念ですね。その気持ちが尽きることは死ぬまでないと思います。

声優という職業の魅力を極限まで楽しみつくしたい

波多野渉_声優_7

——声優というお仕事の醍醐味を教えてください。

役者には色々なタイプがいて、役柄さえも自分に引っ張り込んでしまうカリスマ性のある役者さんと、逆に役柄に自分が入りこんで以前からその世界で生きてきたように演じる役者さんがいて、僕は後者に魅力を感じているんです。

たとえば1日に3作品を演じる場合、朝はスラッとした男の子、昼は大柄な男性、夜は人間以外の小さな妖精とか。それだけ色んな人生を追体験できるのは、この仕事ならではですし、その魅力を極限まで楽しみつくしたいんです。なので、頂いた役柄に“どうやって入り込んでいこう”ということばかり考えていますね。

——好きの熱量がすごいですね(笑)。

そうなんです、ちょっと重いですよね(笑)。でも、何をするにしても楽しい事が一番だと思います。好きなものを言葉にして伝えていれば、同じ世界の“好き”を持った人と出会える機会も増えると思いますし、夢に近づけると信じています。

🎁Twitterプレゼント実施中🎁
今回のプレゼントは・・・

波多野渉_声優_3_タウンワーク

🎁プレゼント内容
羽多野 渉さん 直筆サイン入りチェキを抽選で2名様にプレゼントします! 「タウンワーク」公式twitterをフォローのうえ、指定tweetをRTして、応募してください。

※どちらの賞品が当選するかは、選択できません。

応募方法
1.「タウンワーク」公式twitter (@townworknet) をフォロー(既にフォローしている場合も対象です)

2. 指定tweet(下記参照)を、RT(リツイート)

🕒キャンペーン開催期間
2019年11月27日(水)〜2019年12月3日(火)23:59 まで
対象のツイートはコチラ

※キャンペーンについてその他詳細はコチラをご確認ください。

■Profile
羽多野 渉(はたの わたる)

声優として、TVアニメ『千銃士』ラップ役、TVアニメ『中間管理録 トネガワ』山崎健二役、TVアニメ『アイドリッシュセブン』八乙女楽役、TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』心操人使役、TVアニメ『弱虫ペダル NEW GENERATION』段竹竜包役など精力的に活動するほか、2011年12月に音楽活動を開始。自身が声優として演じたアニメの主題歌も多数担当。2015年よりライブ活動も継続的に開催中。

◆羽多野 渉 Official Website:https://hatanowataru.dive2ent.com/
◆羽多野 渉Official Twitter:@hatano_official

■リリース情報
9th Single「フワリフワリ」11.27 Release!!

波多野渉_声優_1
【CD+DVD盤】
価格:¥2,310(税込)
波多野渉_声優_2
【CD only盤】
価格:¥1,650(税込)

企画・編集:ぽっくんワールド企画 撮影:河井彩美 取材・文:原 千夏

早速バイトを探してみよう