スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2015年08月17日

人からどう思われているのかが気になります【精神科医・名越先生のカウンセリングルーム】

人の心

テレビでおなじみの精神科医・名越康文(@nakoshiyasufumi)が心の悩みにズバッと答える! この記事は公式メルマガ「生きるための対話」よりお届けします。

お悩み:人からどう思われているのかが気になります…

20歳、女子大生です。学校などの友人たちから自分がどう思われているのかが気になって仕方ありません。気が小さいかもしれませんが、もしかして、影で反感を買っていたりすのではと心配です…。相手が自分のことをどう思っているのか、会話や行動から判断するコツはありますか?

表情に振り回されない

他人からの評価や評判が気にかかって仕方がない、という人は、他人の顔色、すなわち「表情」に振り回されているケースが少なくありません。相手がちょっと険しい表情をしているのを見ると、「あ、ちょっと余計なことを言ってしまったかな?」とか、こちらがおもしろい話をしているのに、ちっとも笑ってくれないのを見て、「私のことが嫌いなのかな?」というふうに人の表情が気になってしまい、心を揺り動かされてしまう。

でも、注意してほしいのは、表情というのは必ずしも、内面とはイコールではない、ということです。これは、人のタイプによって大きく異なります。ほとんど何も表情に表れない人もいれば、表情が豊かな人もいる。あるいは、相手をコントロールするために表情を変える人もいれば、あなたとの関係性とは無関係に、自分の中の「気分」によって表情がコロコロ変わる人もいるわけです。

そう考えると、表情の変化に振り回されるのはろくなことがない、ということがわかります。そういう瞬間的なことよりも、僕はむしろ、中長期的な「評判」を気にかけたほうがいい、と考えています。

「評判」というのは中長期的な評価の積み重ねのこと。半年や一年単位の中で積み上げていかないことには、なかなか自分の評価というのは高まっていきません。

たとえば「人に挨拶をしよう」とか「机の周りを片付けてから帰る」ということに取り組みはじめたとして、それによって周囲の評判が変わるには、やはり2か月や3か月は最低限かかります。それくらいの時間をかけて、自分の評判をあげる、ということに取り組んでいく。そうすれば、瞬間的な相手の表情の変化に振り回される、ということは少なくなるはずです。

企画:プレタポルテby夜間飛行

こんな求人みつけました
コミュニケーション接客対人成長

 

<関連書籍情報>
『驚く力 さえない毎日から抜け出す64のヒント』名越康文 著/1500円+税

驚く力書影 - コピー毎日が退屈で、何をやってもワクワクしない。テレビを見ても、友達と話していても、どこかさびしさがぬぐえない。自分の人生はどうせこんなものなのだろう――。そんなさえない毎日を送るあなたに足りないのは「驚く力」。
現代人が失ってきた「驚く力」を取り戻すことによって、私たちは、自分の中に秘められた力、さらには世界の可能性に気づくことができる。それは一瞬で人生を変えてしまうかもしれない。自分と世界との関係を根底からとらえ直し、さえない毎日から抜け出すヒントを与えてくれる、精神科医・名越康文の実践心理学! amazonで購入する

精神科医・名越康文名越康文(なこしやすふみ)
1960年、奈良県生まれ。精神科医。臨床に携わる一方で、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画評論、漫画分析など様々な分野で活躍中。著書に『毎日トクしている人の秘密』(PHP、2012)、『自分を支える心の技法 対人関係を変える9つのレッスン』(医学書院、2012)、『驚く力 さえない毎日から抜け出す64のヒント』(夜間飛行、2013)などがある。