スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2015年11月25日

人生に「目的」なんてない──自分の物語を見つめるということ

len44ik130700330

“「このために生きている」というような、人生の目的はありますか?”そんな質問を、起業家・家入一真(@hbkr)さんにぶつけてみました。この記事は公式メルマガ「家入学級」よりお届けします。

生きている間に人生の目的なんてわかりようがない

僕、死ぬのが痛そうだし怖いから生きてるんですよね。目的みたいなものは持っていません。生きている意味なんていうのも探しませんね。そもそも、生きてる意味なんて死んだあとにしかわからないと思っています。たとえばゴッホは生前絵を描きたくて描いていたわけで、ゴッホが生きた意味というのは死んだあとに評価されてから見いだされた。そんな風に、死んだあとに誰かが意味をつけたりするから、生きている間に自分の人生の意味なんて、わかりようがないんです。

そう考えると、とりあえず自分がやれること、やるべきことをやるしかないと思うんですよね。目的や夢があるって素敵なことかもしれないけど、僕は重視していません。

だって、僕が「孫さんみたいな社長になる」という夢を持ったとして、そこに至るまでに、現実的にどういうステップを踏んでいくべきかって考えると……遠すぎる。僕がいきなり『ワンピース』のルフィみたいな海賊王になるって言ったって、なれるわけがない。夢や目的のために何をしなきゃいけないのか、ちゃんと考えていくと、もう夢なんか持たずにとりあえず自分がやるべきことをやっていく方がいい。それが点になって線になって、自然とつながっていくから。

自分の「物語」の延長線上に何かが見えてくる

mx0010000022l
僕の言っている「自分がやるべきこと」というのは、「自分の物語を作る」ということです。自分は今までこういう人生を送ってきて、こういう嫌な目にあって、こういうコンプレックスを抱えていて、こういう悩みがあって……って、今まで生きてきた人生を振り返る。そこから自分がやるべきことというのを割り出すんです。そうすると物語がつながって、うまく動いていくから。

単純に「面白そう」とか「やりたいから」という動機でもいいのかもしれないけど、それだといまいち必然性にうすい。同じことをほかの人がやったっていいもん。そうじゃなくて、たとえばいじめられてた子が、いじめ撲滅のウェブサービスやメディアを立ち上げるというと、それだけで物語が生まれるわけですよ。

「なんでこれを立ち上げたんですか?」と聞かれたときに、「僕、実は昔いじめにあってて……」と答えられる。物語がつながっているんです。だけど、いじめにあったことのない子がいじめのメディアを立ち上げて、「なんでこれやろうと思ったんですか?」って聞かれても、「なんとなく」としか答えられない。そこで物語がブツっと終わっちゃう。

自分の物語をどう描いていくかが重要なんです。誰の人生にも、小説にできるくらいの物語が絶対にあるはずなんですよ。そこを意識してみてください。こういう過去があって、こういう自分がいて……ということの先を見れば、おのずと物語を描いていくことができる。つまり、自分がやるべきことが見えてくるはずなんです。これは目的とは違います。

だいたい、夢とか目的とか言ったところで、自分が明日生きているかさえもわからないよね。坂本龍馬の有名な手紙の言葉で「運の悪い人は風呂場ですべって死ぬ人もいるけど俺は生きている」みたいな内容のものがあるけど、風呂場ですべって死んじゃう人もいるわけですよ。そう考えると、あんまり目的とか生きる意味なんて考えずに、次の自分をどう見つけていくかってことじゃないですかね。だから、物語の次の一文を書いていきましょう。

企画:プレタポルテby夜間飛行

家入一真家入一真(いえいりかずま)
1978年生まれ。起業家/投資家/クリエイター。悪ふざけをしながら、リアル・ネットを問わず、カフェやWEBサービスや会社など、遊び場を作りまくっている。JASDAQ最年少上場社長。40社程の若手ITベンチャーにも投資している。解放集団Liverty代表、JASDAQ上場企業paperboy&co.創業者、カフェ運営企業partycompany Inc.代表取締役、ベンチャー投資企業partyfactory Inc.代表取締役、クラウドファンディングCAMPFIRE運営企業ハイパーインターネッツ代表取締役。個人名義でも多数のウェブサービスの立ち上げを行うクリエイターでもある。