スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2015年11月30日

もうすぐ2016年! シールと手帳で恋愛運、金運、仕事運をアップする方法とは

DSC_0651
2016年まであと1カ月。来年の開運・飛躍を誓って、新しく手帳を購入する人も多いはず。

でも、単に手帳に予定を書き込むだけでなく、シールを使って運気アップができるってご存知ですか?

今回はシールと手帳で、恋愛運、仕事運、金運、それぞれ運気アップできる方法を風水師の李家幽竹さんに聞きました。

運気アップをしたいなら、シールはモチーフで選びたい

DSC_0611
キラキラしたものからプチサイズ、レディなデザインから、クラフト感のあるものまで。ずらりと並んだシールは、見ているだけでも楽しくなるもの。

そんなシールと手帳は、相性もよく、あわせて使うのが風水的にも良いそう。では、恋愛運や金運など、運気をあげてくれる「シール」ってあるのでしょうか。

シールで運気アップをしたいなら、モチーフで選ぶといいですよ」と李家さん。

具体的には以下がオススメだそう。

恋愛運アップは、花柄やリボン、香水瓶など女性らしい柄がイイ

DSC_0642

☆恋愛運アップ…お花柄、りぼん、香水瓶、オレンジ

女性らしいモチーフを貼ると、恋愛運アップに。特にリボンは「結ぶ」を意味して、縁結びに効果大。オレンジは、「出会い」をもたらす果実だとか。香りのするシールなども、ロマンティックで良いそう。

みのりを意味する、ももやメロン、パンダなどが金運アップに

DSC_0651

☆金運…もも、メロン、パンダ

ももやメロンなどのフルーツは、「実り」を意味しているため、金運アップにつながるそう。「市販の金運アップシールなども出ていますが、自分の好みにあっていることが前提。気に入らないのであれば、手帳に貼っても効果はありません」ときっぱり。

飛び跳ねるうさぎ・乗り物シールで、仕事運も上昇!

DSC_0646

☆仕事運…うさぎ、乗り物、機械

うさぎは、「跳ねる」ため、成長をもたらす動物だとか。乗り物や機械は仕事運を助けてくれる幸運のモチーフだそう。

シールは「見やすく」「わかりやすく」貼るのが運気UPのポイント

運気別のシールの選び方が分かったところで、貼り方にもコツ、ポイントはあるのでしょうか。

手帳をひらいたときに、幸せな気分、元気になるシール使いがいいでしょう。たとえば、楽しみな予定のところにシールを貼り、ひと目でわかるようにしておくとか。わかりやすく、見やすいのが、理想的な使い方です。一方で、いろんな色やキラキラのシールでなんでもデコる人もいますが、やり過ぎは禁物。金運に良さそうとキラキラにする人もいますが、あまりオススメできません」(李家さん)

DSC_0624

かわいいふせんも登場しているけど、ベタベタ貼ると運気ダウン

あわせて注意したいのが、ふせんの使い方。最近ではカワイイデザインのふせんも多数、登場していますが、実は風水の視点から見ると、ふせんは避けたいアイテム。

ふせんは付属物で、取れてしまうものを意味します。また、ベタベタとふせんを手帳に挟む人もいますが見栄えも悪いですし、手帳が重くなってしまうため、運気を下げてしまうんですよ」とのこと。

これは確かにやりがちな失敗かも。注意したいですね。

手帳は持ってうれしい、ひらいて幸せなものを選んで

せっかくなので、運気をあげる手帳の選び方や運気を下げる手帳の使い方についても聞いてみましょう。

手帳は手にとりたくなる、ページをひらいてうれしい気分になるものを選んでください。加えて、先ほどのようなシールやペンを賢く使うのがいいと思います」と話します。

そして、「ポジティブな予定、たとえば旅行や女子会わくわくするような楽しみな予定はどんどん書きこんで、書いたときのワクワクした気持ちを封じ込めて」。こうして「書いた時の思い」が積み重なっていくと、「楽しい時」が過ごせるようになるそう。「まれに予定が変わるかもしれないと書き込まない人もいますが、そうではなく“絶対楽しめる”と気を入れて書き込むことが大切なんです」と解説します。

嫌な予定・気が思い予定は、書き込まなくてもイイ!

気持ちの重い予定は小さく、目立たなく書くなどしてもいいんです。あと、予定が変更になった場合、大きく☓を書き込む人がいますが、これはやめてください。時を否定することになり、運の悪いほう、チャンスに恵まれない人生になってしまいますよ」とアドバイスします。

DSC_0612
ということで、2016年こそよい出会い&恋愛成就を目指すみなさん、リボン、花柄、香水瓶のシールをゲットして、さっそく楽しみな予定を書き入れてみてはいかがでしょうか。

取材協力:風水師 李家幽竹さん
http://www.aqua-leaf.jp

取材・文:嘉屋恭子