スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2015年12月07日

テレビの趣味が合わない彼女とはやっていけない?│石田衣良

リモコン争い

“テレビの趣味が合わない彼女とは付き合えない?”そんな質問に、作家の石田衣良さん(@ishida_ira)が答えてくれました。
※この記事は公式メルマガ「小説家と過ごす日曜日」よりお届けします。

長く付きあうには趣味が合わない人のほうがラク

若い人は、「恋人と趣味が合ったほうがいい」と思い込んでいるのかもしれませんね。でも実は、長く付きあうには趣味が合わない人のほうがラクなんですよ。恋人のことを全部知ると、相手に慣れてしまって、興味が失せてしまうので。

そういう意味では、「趣味のことはよく分からないけど、この人は好き」という状態のほうが長く付きあうのには都合がいいんです。なので、無理矢理テレビの趣味が合う女の子を探す必要はないんじゃないですか? 「テレビを見る番組が合わないので別れたい」というのは、ちょっとおかしいし、本末転倒な気がするな。

若いうちは「趣味や価値観が似ているほうがいい」と思うかも知れないけど、年をとると真逆になって、「なるべく趣味や世界がかぶらない人とお付き合いしたいな」と思うようになります。だからそれぐらいのことは気にするなということですね。趣味の悪いテレビなんて、好きなだけ見せてやればいいじゃない。でも、家に一台しかテレビがなくて一緒に番組を見たいというのであれば、「君がこれを見るんだったら、今度はこっちを見せてね」という感じで混ぜていけばいいので。その過程で、相手を感化させることができると思います。男の完璧主義者は面倒くさいし、ロクなことにならないので、もう少しゆるくなったほうがいいですよ。いろんな女の子を受け入れる幅の広さを持ちましょう。

企画:夜間飛行

ira_ishida のコピー石田衣良(いしだいら)
1960年、東京都生まれ。‘84年成蹊大学卒業後、広告制作会社勤務を経て、フリーのコピーライターとして活躍。‘97年「池袋ウエストゲートパーク」で、第36回オール読物推理小説新人賞を受賞し作家デビュー。‘03年「4TEENフォーティーン」で第129回直木賞受賞。 ‘06年「眠れぬ真珠」で第13回島清恋愛文学賞受賞。 ‘13年「北斗 ある殺人者の回心」で第8回中央公論文芸賞受賞。 「アキハバラ@DEEP」「美丘」など著書多数。 最新刊「オネスティ」(集英社) 公式サイト http://ishidaira.com/