スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2015年12月25日

【ズボラ大掃除】材料費1000円&1時間でキレイさっぱりな年越しを!

sinnawin111100023
年末も差し迫ってくると、気になるのが大掃除。「一人暮らしだし、やらなくてもいっかな〜〜」と思うものの、どことなく汚れがたまった部屋をみるとそうもいかないもの。そこで元ズボラ女子、現キレイ好き主婦の筆者から、一人暮らしの部屋を「1時間&1000円」でキレイにするプチ大掃除をご提案。さあ、めんどくさがり&忙しいアナタも、レッツトライ♪

1時間掃除でできる範囲とは?

掃除は段取り命! ということで、まずは1時間で「掃除するところ」を絞り込みましょう。

1.キッチンの排水口と三角コーナー(5分)
2.冷蔵庫の中身仕分け&気になるところを拭く(10分)
3.電子レンジの中とそのまわり(5分)
4.ガスレンジ掃除(10分)
5.トイレ掃除(5分)
6.お風呂の排水口まわり&壁(10分)
7.洗面台の中身仕分け&シンクと蛇口磨き(10分)
8.掃除機かけ(5分)

ちょいと手間がかかる窓ガラスや網戸、照明まわりは華麗にスルー、見なかったことにします。続いて、掃除道具です。掃除にとりかかってから「アレがない!」となると、大変なので、ホームセンターや薬局などで、事前に揃えておきましょう。

用意するもの

掃除道具

・古歯ブラシ(家にあるもの)
・古スポンジ(家にあるもの)
・古タオルまたは汚れたふきん(家にあるもの)
・古いプラスチックカード(不要になったポイントカードなど)
・食器用洗剤(家にあるもの)
・トイレ用&お風呂用洗剤(家にあるもの)
・電子レンジ・冷蔵庫用シート 300円程度
・ガスレンジ用シート200円程度
・塩素系漂白剤300円程度
・メラミンスポンジ 200円程度

キッチン編 … 目安 30分

1.キッチンの排水口と三角コーナー(5分)
まずはキッチンまわりから。ぬめりが気になる排水口と三角コーナーに塩素系漂白剤をスプレーして5分ほど放置。次の冷蔵庫にとりかかりつつ、5分経ったら水でゆすぎ、洗剤を洗い流して古スポンジで汚れを落とす。気になる人はメラミンスポンジでシンクをこすると、ピッカピカに♪

2.冷蔵庫の中身仕分け&気になるところを拭く(10分)
続いて、冷蔵庫にある食品を仕分けて、不要なものはどんどん捨てる。あいたスペースができたところで、冷蔵庫用シートで拭く。最後に手アカが付いている扉をふくとキレイに。

3.電子レンジの中とそのまわり(5分)
電子レンジは冷蔵庫と同様に、シートで庫内と扉を拭けばOK。扉やその裏側、操作盤周辺は汚れが付いているので、念入りに。

掃除_電子

4.ガスレンジ掃除(10分)
ガスレンジはゴトクをはずし、汚れがヒドイ部分は洗剤湿布(ティッシュのうえから食器用洗剤を浸したもの)をして放置。
レンジ周辺はガスレンジ用シートでゴシゴシと拭く。汚れが浮いてきたらゴトクの洗剤湿布を外して、水洗いのうえ、もとに戻す。

掃除_ガス

 

トイレ・バス編 … 目安 25分

5.トイレ掃除(5分)
ブラシを排水の奥に数回押しこむようにして、水位を下げる。輪ジミになっている部分にトイレットペーパーを起き、トイレ用洗剤で覆って「洗剤湿布」をして5分放置。トイレットペーパーを流して、ジミ部分をこすればOK。

6.お風呂の排水口まわり&壁(10分)
キッチン同様、ぬめりやカビが気になる排水口やシャンプーボトルを一カ所にあつめ、塩素系漂白剤をスプレーして放置。カビが気になるよすみにも洗剤をかける。
シャワーや水栓の蛇口はメラミンスポンジで磨く。こびりついた水アカはプラスチックカードでこそげ落とす。
放置していた排水口と、シャンプーボトルの洗剤を洗い流す。残っている汚れやカビ、よすみは古歯ブラシを使って落とす。

掃除_風呂
掃除_風呂2

7.洗面台の中身仕分け&シンクと蛇口磨き(10分)
洗面所の引き出し、周囲のモノを確認。こちらも使い切れなかったヘアスプレーや化粧品、使いきれなかった試供品などを仕分けして、不要なものはガンガン捨てる。
続いて、洗面台の鏡。皮脂や化粧品の汚れが多いので、食器用洗剤がぴったりです。古スポンジに食器用洗剤をつけ、固く絞ったぞうきんで洗剤を拭き取る。
こちらも水栓の蛇口はメラミンスポンジで磨く。

掃除_蛇口

そして、最後の5〜10分、いつもより念入りに掃除機をかけて、たまったほこりや髪の毛、砂などを吸い取れば完了! ちゃんとやりたい人は、玄関のたたきや玄関扉を固く絞ったぞうきんで水拭きしてもいいでしょう。掃除の楽しさは、行った場所が目に見えてピッカピカになること! はじめるまでは気持ちが重いものの、やってみるとキレイになったな〜と達成感があるのがいいですよね。

ちなみに、窓やテレビ、照明、照明スイッチなどを磨くと「ぐっと掃除した感」は出るのですが、一方で洗剤や脚立を用意したり、仕上げ拭きが必要になったりするので、めんどくささは3倍増し。きちんと大掃除したい人は、こちらもぜひトライしてみてください。

今年も残すところあと少し。捨てるものはキレイに捨てて、部屋も一新気持ちのよい年を迎えましょうね。

撮影・文:嘉屋恭子