スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2016年04月15日

好きな人の前で可愛く振る舞いたいのに…

beautiful happy young asian couple

「好きな人の前で可愛く振る舞いたいのに…」そんなお悩みに、作家の石田衣良さん(@ishida_ira)が答えてくれました。

Q. 好きな人の前で可愛く振る舞えません

20歳の大学生です。私は昔からブリブリ系や妹系女子が嫌いです。そのせいか必要以上にサバサバキャラを演じてしまい、好きな人の前では少しくらいかわいくふるまいたいのに性に合わない気がしてできません。結局いつも男友達扱いしかされず、女子として見てもらえません。どうしたら好きな人の前でうまくかわいさを出せるでしょうか。

A. 自分を変えるのではなく、好意を伝えるようにして

なるほど。すでにこの質問が非常にかわいくないですか? これ、おじさんたちからすると、二十歳でこんなことを考えている女の子って、たまらないですね。男の子の趣味も本当にバラバラで、かわいこぶってたり、ブリブリしたりしている子が好きっていう人もいれば、「そういうのはちょっとな……」っていう人もいるんだよね。だからあなたも、その性格は自分のキャラクターなんだから気にしなくていいんじゃないかな。

あまりにも相手に好意が伝わってないということであれば、それこそ直接的に「2人で遊びに行きたい」とか「飲みに行きましょうよ」みたいなことを言うだけで十分だと思います。それと、あなたは一つ勘違いしています。「ブリブリキャラの子たちはうまくやっているに違いない」と思っているようですが、実はそうでもないんだよね。その子たちもやっぱりハズしたりしています。好きな人と毎回うまくいく人なんていないですから、「自分も彼女たちと同じ条件だし、私みたいな女の子が好きな男もたくさんいる」っていうのを忘れないでほしいですよね。

でも二十歳の恋愛って、そもそもそんなにうまくいかないものじゃないですか? 付き合ったことがあったとしても、ほとんどの子は1人か2人でしょ。その段階で10人と付き合っていたみたいな子はちょっとやばいですし。これからもいろんなことあると思うけど気にしないほうがいいと思うな。

それに、人間って結局、本当にお金が欲しいとか、男にモテたいと思っても、そのために自分を変えられないんだよね。自分自身のほうが好きだし、大事だから。そこの部分は動かさずに、好意を伝えるようにしていけば十分だよ。タイプに合わないことをやって付き合っても、その後が続かないじゃないですか。なので無理はしないほうがいいと思いますね。

男友達といつのまにか付き合っていたっていうパターンもあるじゃないですか。男友達だったら他にもいたのに、気づいたらこの人とエッチしていた……みたいな。そっちのほうを目指すといいんじゃないですかね。サバサバしながらも、冒険する瞬間を作ったほうがいいかもしれません。手をぎゅっと握るとか、急に抱きついてみちゃうとか。腕をグッと掴んで次のお店に行くみたいな。自分からちょっとしたアクションができるといいですね。僕の周りのスタッフなら、全員それで落ちるなぁ。

※この記事は公式メルマガ「小説家と過ごす日曜日」よりお届けします。

企画:夜間飛行

ira_ishida のコピー石田衣良(いしだいら)
1960年、東京都生まれ。‘84年成蹊大学卒業後、広告制作会社勤務を経て、フリーのコピーライターとして活躍。‘97年「池袋ウエストゲートパーク」で、第36回オール読物推理小説新人賞を受賞し作家デビュー。‘03年「4TEENフォーティーン」で第129回直木賞受賞。 ‘06年「眠れぬ真珠」で第13回島清恋愛文学賞受賞。 ‘13年「北斗 ある殺人者の回心」で第8回中央公論文芸賞受賞。 「アキハバラ@DEEP」「美丘」など著書多数。 最新刊「オネスティ」(集英社) 公式サイト http://ishidaira.com/