スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2017年01月20日

その行動「汚ブス」かも!? バイト先でやりがちな「汚ブス」行動6

KENJI 汚ブス研究家
「汚ブス」という言葉を知っていますか? 

汚(お)=思いやりのない人
=ブスッとした表情の人
=隙だらけの人

これは年間400回以上の女子会をプロデュースし、2万人以上の女子を見てきた汚ブス研究家のKENJIさんが提唱している言葉。汚ブス行動は自分で気づきにくく、無意識で行っていることで周りの評価を下げる行為のこと。そこでバイト中で「これをやったら汚ブス認定」の行動をKENJIさんに教えてもらいました。アナタはいくつ当てはまっているでしょうか?
 

1.汚まとめブス

汚ブス
●髪をまとめずにバイトする清潔感のない女子

「アルバイトって仕事をする場所よね。それなのに髪もまとめないで清潔感なく働いている女子は汚ブス認定。アナタにとっては自慢のサラサラヘアかもしれないけど、周りはその長い髪が床に落ちていたら不快だし、飲食店のバイトだったら食べ物の中に入らないか心配よ! ある程度まとめられる長さの髪なら、きちんとまとめることが鉄則ね」

認定行動:「髪を結ばないで働く」「抜けた髪の毛を平気で床に落とす」

 

2.汚戻しブス

汚ブス
●物を元の場所に戻さない思いやりのない女子

「バイト先で使うものって基本的にスタッフ同士が共有して使うことが多いじゃない。ハサミとかペンとかこまごましたものよ。そういうのを自分が使った後、もとの場所に戻さないヤツ、結構いるの。これって自分のことしか考えていない“思いやりのない人”。最初は『ごめ~ん、戻すの忘れちゃった』で許されるけど、それが続くと思いやりがなくて、且つだらしのない人、って思われるわよ」

認定行動:「共有して使うものを元の場所に戻さない」「3回戻さなかったらアウト」

 

3.汚返事ブス

汚ブス
●人の話しを聞かず自分の話しがしたい自己チュー女子

「これは返事をしないのではなくて、しすぎるタイプが汚ブス認定。相手が話している最中に『わかるわかる~』とか『私もそう思ってたんだよね』とか食い気味に返事するオンナ。一見、共感しているようなんだけど、結局、自分の話にもっていきたいのがバレバレ。そんなヤツと話したいなんて思わないわよね。大体、『わかる』とか『なるほど』を連呼するヤツってまったくわかってないことが多い。人の話しは最後まで聞くものよ!」

認定行動:「人の話を最後まで聞かないで返事をする」「仕事でミスを指摘されたときに相手の話を遮ってとりあえず謝る」

 

4.汚ことわりブス

汚ブス
●できないことでも軽くOKしちゃう迷惑女子

「何でもOKと引き受けてしまい結果がともなわないのも汚ブスよ。そういうタイプは仕事をやたら押し付けられて、結局できなくて勝手にパンクしちゃったりするの。断らないことを美徳だと思っているかもしれないけど、口だけになってしまったら信用をなくすだけ。できないものはしっかり断わることも大切よ」

認定行動:「仕事でお願いされて“Yes”と言ったのに、時間内にできていなかったりして、結局周りに迷惑をかける」

 

5.汚しゃべりブス

汚ブス
●どんな場所、状況でもベラベラ喋る空気が読めない女子

「TPOをわきまえずどこでもしゃべっちゃうオンナって多い! 仕事中なのに『あの映画観た?』とかまったく関係ないことを話してきたり、あげく『ラストはこうなるんだよ』とか知りたくない情報まで教えてきたり。休憩時間なら構わないけど、思いついたことをどこでもすぐしゃべりたがるタイプは要注意。気がついたら、周りに人がいなくなっていた…なんてことになるわよ」

認定行動:「仕事中なのに、必要のない話をやたらしたがる」

 

6.汚約束ブス

汚ブス
●守れないと分かっていても軽く約束しちゃう無責任女子

「バイトの飲み会に誘われて『行けたら行く』って答える子、多いんじゃないかしら。これは隙だらけブスよ。本当は行きたくないけれど、とにかくその場を取り繕うために曖昧な返事をしちゃうの。それで結局、来ないのよね、この手のオンナは。そんなことやっていたら、そのうち誰も誘ってくれなくなるんだから。誘われたときの返事は早いほど、周りが信頼してくれるわ」

認定行動:「飲み会や集まりなどに誘われて「行けたら行く」と答えて、結局行かない」

 

他人の目で自分を見つめてみよう

アナタはいくつ当てはまりましたか?

KENJIさん曰く「汚ブス行動は自分で気が付かないことが多く、友達も指摘するほどではないと思って、何も言わずに離れていってしまうパターンが多い。だから一生、治らないの! 汚ブスを脱却するには自分を客観視することが必要。これをやったらどう思われるだろう、と第三者の目線で考える余裕をもって」とのこと。ひとつでも当てはまったら、客観的に自分を見て、周りからの評価を取り戻しましょう!

KENJI■Profile
汚ブス研究家・女子会プロデューサー
KENJI
ブログ:http://ameblo.jp/obusu-kenji/
Twitter:@obusukenji

取材・文:中屋麻依子 撮影:田辺さちこ