スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2018年02月28日

彼氏と喧嘩した…上手に関係を修復できる仲直りの方法を教えて!

仲直り 彼氏 喧嘩 恋人 修復 バイト タウンワーク
彼氏と喧嘩をしたとき、関係修復に予想以上に時間がかかってしまった経験はありませんか?カップル間での喧嘩は、長引かせるほど別れ話に発展するリスクが高まります。必要以上に相手を責めたり、つまらない意地を張ったりすると、そのまま大切な彼氏を失ってしまうかもしれません。
では、破局しないように上手に仲直りするにはどのような点に気をつければ良いのでしょうか。この記事では、彼氏と喧嘩をしてしまったときに、深い溝をつくることなく関係を修復する方法をご紹介します。

【目次】
1. 仲直りをしやすいタイミングは?
2. 喧嘩の仲直りの仕方
3. 破局を呼ぶ喧嘩中のNG行動
4. 大好きな彼氏と喧嘩をしないために!
5. 上手に許してあげられる度量が、親密な関係を築く鍵

仲直りをしやすいタイミングは?

仲直り 彼氏 喧嘩 恋人 修復 バイト タウンワーク

彼氏と仲直りをしたいなら、関係修復のタイミングを逃さないことが大切です。喧嘩をしたら、まずは状況に応じて謝るタイミングを先に決めてしまいましょう。

喧嘩後すぐ

遅刻の連続や嘘がバレた場合など、喧嘩の原因が自分にあるとわかっている場合は、時間を置かずに、その場ですぐに「ごめんね」と謝りましょう。
謝罪を後回しにするほど、自分から言い出しにくくなって関係がぎこちなくなるだけでなく、相手に「浮気しているのでは?」と余計な詮索をさせたり、不快な思いをさせたりする可能性があります。

1~2日空ける

すぐに謝ることが難しい場合でも、関係悪化を防ぎたいなら、1~2日空けたら仲直りに動きましょう。
男性の中には余計なプライドが高くて、自分から頭を下げられない人がいます。浮気など深刻な理由でない場合は、できれば女性側から「ごめんね」と声をかけてあげたほうがスムーズに仲直りができるものです。気まずくて声をかけにくい場合は、自分から手をつなぐなど、軽く甘えるところから関係修復を図ってみましょう。

二人の将来に関することで意見が食い違ってしまった場合は、解決を急ぐよりも少し時間を置いて、頭を整理する期間を設けることが大切です。
ただし、冷却期間は1週間を限度と考えましょう。これ以上期間を空けると面倒くささや諦めの気持ちが勝ってしまい、破局に発展してしまう可能性があります。

喧嘩の仲直りの仕方

仲直り 彼氏 喧嘩 恋人 修復 バイト タウンワーク

素直に「ごめんね」と謝るのが一番ですが、なかなかできない場合もあります。そんなときは、具体的な行動で反省していることを示しましょう。

直接会う

喧嘩をしたとき、「顔も見たくない」と言って一方的に相手を拒絶してしまった経験はありませんか?
そうした行為は、自分にとっては楽かもしれませんが、相手は好きな人から拒絶された上、話し合いの機会すら奪われるという厳しい状況に陥ってしまいます。扉を完全に閉じてしまうのではなく、どんなに大きな喧嘩をしたときでも、直接顔を合わせて相手の話をきちんと聞くという姿勢を忘れないようにしましょう。謝られるほうは相手に対して寛容になることが、スムーズに関係を修復するためのポイントです。

電話で話す

顔を見るとまた感情的な言い合いになりそうな気がして、どうしても面と向かって謝ることができないという人は電話で話してみるのも良いでしょう。「この前はごめん」「言いすぎて、あの後すごく反省した」「喧嘩したことを親に話したら、すごく怒られた」「私にとって○○の存在は、とても大事だということが喧嘩してやっとわかった」など、普段は照れて言えないことでも、電話なら素直に伝えられるかもしれません。

LINEを送る

些細なことが原因で喧嘩をしてしまった場合は、頭の中でいろいろと考えるよりも、LINEでまず謝ってみるという手があります。上手に気持ちを文章にできないならスタンプを使うのも有効です。ただし、相手がかなり感情的になっているときや、別れ話になってもおかしくないような状況でお手軽にスタンプ付きのLINEを送ってしまうと、相手の怒りを増幅させるおそれもあるので注意しましょう。

手料理を振る舞う

謝罪は言葉だけではありません。仲直りしたいという気持ちを込めて、少し豪華な手料理を彼に振る舞ってみてはいかがでしょうか。彼の好物を用意しておくと、笑顔が見られるかもしれません。美味しい料理やお酒を楽しみながら喧嘩の原因やこれからのことを話し合えば、前向きな答えを導き出せることでしょう。

プレゼントを贈る

自分に非があるのに、なかなか謝罪のきっかけをつくれないなら、記念日のタイミングに合わせてプレゼントを贈る方法もあります。記念日といっても、誕生日やクリスマスといった特別なイベントではなく、「交際1年3カ月記念」などで十分です。喧嘩以来、初めての対面シーンで、ぎこちない雰囲気を破るようにプレゼントを渡し、彼がラッピングを外したら「ごめんね」と書かれたメッセージカードが入っていたら、彼も振り上げた拳をあっさりと下ろして、「俺のほうこそ○○の気持ちに気づいてあげられなくてゴメン」と歩み寄ってくれるかもしれません。

時間が解決してくれるのを待つ

激しく喧嘩をした場合でも、それで完全に破局になってしまうわけではありません。お互いに意地を張り合って双方が歩み寄りの姿勢を見せられなくても、時間が解決してくれることもあります。ただ、その場合は放置しておくとそのまま自然消滅する可能性があります。自分からは謝らないと決めたら、自然消滅のリスクを覚悟しておくべきです。
一方、喧嘩の原因が「少し言い過ぎた」「ヤキモチを妬かせてしまった」程度であれば、そのまま放置して何事もなかったかのように過ごしてみるのも良いでしょう。多少のわだかまりはあっても、喧嘩の原因を双方が改善していけば、時間が解決してくれるはずです。

破局を呼ぶ喧嘩中のNG行動

仲直り 彼氏 喧嘩 恋人 修復 バイト タウンワーク

喧嘩して関係がギクシャクしているときに、「これをやったらおしまい」というNG行動があります。中には感情が高ぶるあまりに、ついやってしまいがちなものも含まれていますので、あらかじめ理解しておきましょう。

感情的に片方だけを責める

男女間の喧嘩において、どちらか片方だけが全面的に悪いというケースはあまりありません。喧嘩になってしまったら感情的にならず、落ち着いて喧嘩の原因を考えてみましょう。その上で、どう考えても相手が悪い場合でも、一方的に責めるのではなく、自分にも反省すべき点はないかを振り返ってみた上で、今後どうすれば喧嘩を防げるのか、二人でよく話し合うことが大切です。

気持ちがこもっていない投げやりな謝罪

怒っている相手を何とかなだめようと、「とりあえず謝っておこう」という投げやりな謝罪をしてしまうと、余計に相手の怒りに火をつけてしまうおそれがあります。謝罪をする際には、自分のどこに問題があったのか、今後どうしようとしているのかなどを言葉と態度で伝えましょう。

言い訳をする

「でも」「だって」といった言い訳が口癖になっている人がいます。謝罪をするときに、この口癖が出てしまうと、「本当は悪いと思っていないに違いない」と相手を不快にさせてしまいますので、NGワードとして覚えておきましょう。口癖になっていて、悪気はないのについ出てしまうという人は、日頃から友達に指摘してもらうなどして直しておくことが大事です。

過去の喧嘩の話を持ち出す

喧嘩をしたときは、興奮するあまりに日頃からため込んでいた怒りを爆発させてしまわないように注意する必要があります。また、彼がせっかく謝りに来てくれたときでも、「あのときもあなたはこうだった」などと言って過去の問題まで持ち出して責め始めると、話がこじれて仲直りが遠のいてしまいます。

連絡を無視する

いくら腹が立ったからといって、相手を無視する行為もNGです。相手は「話し合いたい」「謝りたい」と思って連絡してきているのかもしれません。そんな彼の気持ちをむげにすると、相手も態度を硬化させ、自分から連絡をしたときには、「もう好きじゃない」と切り出されてしまうおそれがあります。喧嘩中とはいえ、自分がされて嫌なことは、相手にもしてはいけません。

喧嘩の内容をSNSに投稿する

彼氏と喧嘩して、「〇〇にこんなことを言われた」「ひどくない?」「もう別れたい」といったネガティブな内容や愚痴をSNSに投稿する人がいます。本人は構ってほしいという気持ちやストレス解消、ウケ狙いなど軽い気持ちで書いたつもりでも、書かれた側にとっては、不特定多数の人に自分の悪口を言いふらされているのと同じです。相手は気分を害すだけでなく、裏切られたことに対する憤りとショックを感じるでしょう。

大好きな彼氏と喧嘩をしないために!

仲直り 彼氏 喧嘩 恋人 修復 バイト タウンワーク

では、彼氏との無用な喧嘩を避けるためには、日頃からどのようなことを心がけておけば良いのでしょうか。二人の関係を長続きさせるのに役立つ6つのルールを見てみましょう。

お互いの価値観を尊重する

そもそも喧嘩は、お互いの価値観の不一致が原因で起きてしまうものです。そのため、思わぬことで喧嘩をしないためには、相手が大切にしていることや嫌いなこと、許せないことは何かを把握し、価値観のすり合わせをしておくことが大事です。その上で、お互いの価値観を尊重し合う姿勢を常に心がければ、ちょっとしたことで喧嘩に発展することは避けられます。

違和感はよく話し合う

言いたいことを我慢してストレスをため込んでしまうと、いつか爆発して取り返しのつかない喧嘩にエスカレートしてしまうおそれがあります。それを避けるためには、日頃から相手の意見や行動に対して少しでも違和感を抱いたときに、我慢しないで、そのつど話し合って解消しておくことが大切です。違和感の原因について話し合うことは、二人の関係を良くすることにもつながります。

一人の時間をつくる

ずっと二人でいるのではなく、時には距離を置いて一人の時間をつくってみましょう。一人の時間を持つことで、相手の良い部分や悪い部分を冷静に見つめ直すことができるはずです。また、相手に対する不満や悩み事がある場合は、信頼できる友達に自分の考えをどう思うか相談してみると、客観的なアドバイスをもらえることがあります。

依存しすぎない

喧嘩の原因の一つに、嫉妬や束縛があります。特に、常に交際していないと満足できない「恋愛体質」で、相手を思う気持ちが一方的に強くなりすぎた場合は、対等な関係ではいられなくなってしまいます。依存しすぎると、相手は疲れ、ストレスを感じます。お互いに依存することなく、相手の生き方や考え方、ライフスタイルを尊重し、自立した大人として付き合うことを意識しましょう。

感謝の気持ちや愛情表現は口に出して言う

喧嘩を防ぐには、日頃から感謝の気持ちや愛情表現をきちんと示して、お互いに安心できる関係性を作っておくことも大切です。言わなくてもわかっているだろうと、感謝や愛情の表現を怠っていると、相手は「自分はそれほど大切にされてはいないのではないか?」などと誤解してしまうおそれもあります。「ありがとう」「大好き」といった何気ない一言が、喧嘩の予防に効果的なのです。

マンネリ化しないように工夫する

二人の関係がマンネリ化すると、相手に対するときめきの感情が薄れ、次第に欠点のほうが目につき始めます。そうすると、些細なことで喧嘩に発展しがちです。いつまでもラブラブな関係でいるためには、話題のスポットでデートをしたり、記念日にはいつもよりおしゃれをして少し大人っぽい格好をしてみるなど、マンネリ化を防ぐための工夫をしてみましょう。

上手に許してあげられる度量が、親密な関係を築く鍵

女性側が謝罪するケースを中心に見てきましたが、彼氏側に原因があって喧嘩になった場合はどのように対処すればいいのでしょうか。中にはそう簡単に相手を許す気にはなれないという人もいるでしょう。
しかし、「相手に心から反省してほしい」「これからも長く付き合っていきたい」という気持ちがあるのなら、怒りをこらえて許してあげてはどうでしょうか。
男性は、怒っている女性に対してはなかなかうまく謝れないものです。だからこそ、その難しさを理解して、謝りやすいように折れてくれた女性に対しては、それまで以上に愛情や感謝、尊敬の念を感じてくれるはずです。
喧嘩はしないに越したことはありませんが、してしまった場合には、二人のこれからを冷静に見極め、上手に許してあげられると、それまで以上に関係が深まることでしょう。