スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2021年09月28日

アパレル販売バイトはどんな仕事? 実際きつい? 評判、メリットデメリットを解説

「アパレル販売バイト」ってどんな仕事?ファッション好きな人憧れのアパレル販売のアルバイト。「好きなショップ・ブランドで働きたい」「オシャレが好き」という理由で、バイトに応募する人も多いといいます。そんなアパレル販売のアルバイトをご紹介します。

アパレル販売バイトの仕事内容

アパレル販売バイトの主な業務は、フロアでの接客、レジ業務、ストックの整理、品出し、清掃、タグつけなどです。お店によってはマネキンのコーディネートや在庫管理などを任されることもあるようです。
接客内容は、試着希望のお客様の案内や、サイズや商品の質問に答えるなどが多いようです。お店によってはコーディネートの提案をすることもあるので、ある程度、ファッションへの興味があると良いでしょう。実際は接客以外の業務も多く、ストックで商品を整理やタグ付け、フロアへの品出しなどです。量販店だと商品の種類が多いので一通り覚えるのに時間が必要です。アルバイトでも商品や接客に対する研修やマニュアル、先輩のフォローがあるところも多いので、始めやすいバイトでもあります。

 

時給やシフト

地域や店舗にもよりますが、首都圏の平均時給額は1088円(2021年7月度※)で、新宿や渋谷など都心の繁華街では、もう少し時給を高めに設定している店舗も多いようです。シフトは「週3日以上~」「土日祝日のみOK」など様々です。シフトの勤務時間も店舗によるので募集内容をよく確認してみてください。

アルバイト・パート募集時平均時給調査/(株)リクルート ジョブズリサーチセンター

 

アパレル販売バイトの評判|メリット、よかったこと

アパレル販売のメリットは、洋服やアイテムが社割で買えること。次いで多かったのは、仲間ができやすいとの意見です。学生や同世代が多く、ファッション好きという共通点もあって仲良くなるのが早いようです。仕事内容に関してもマニュアルがしっかりしているので始めやすいとの声もありました。

社割で洋服を安く購入できる

・通常より洋服を安く購入することができるため、良い服を安く手に入れられました(21歳/大学4年生/女性)

・お洋服はもちろん、雑貨なども社割で安く買えるのは、働いていて得したなと思います(22歳/アルバイト/女性)

新作商品をいち早く知ることができる

・靴の販売をしていましたが、構造やブランド知識、新作商品の情報などを知れるのがよかったです(21歳/大学4年生/男性)

・トレンドの服がいち早くは入荷してくるので、流行が他の人より早く知れたのがよかったです(23歳/アルバイト/女性)

よい仲間に出会えた

・同年代の学生が多く、他のスタッフも若い人ばかりで仲の良い友達もでき楽しくバイトができました(20歳/大学3年生/女性)

マニュアルがあるのがいい

・業務内容は覚えてしまえば基本は変わらないので、マニュアルや先輩スタッフの指導をもらいながら覚えていければこなせると思います(23歳/アルバイト/女性)

センスが磨かれた

・仕事中の服装もスタッフと話しながら決められるため、洋服選びのセンスが高まった気がします(21歳/大学4年生/女性)

・商品知識が身に付けられ、ファッションへの感度が高まったこと(21歳/大学4年生/女性)

お客様との会話がラク

・お客様と世間話やプライベートなお話をすることもあり、あまり気負いせずに働くことができる点は楽です(21歳/大学4年生/女性)

・人と接する仕事なので、人と話すことが好きな方にとっては気持ちがラクだと思います(22歳/アルバイト/女性)

 

アパレル販売バイトの評判|デメリット・きついこと

きつい意見として多かったのは、最初は商品の場所がわからない、お客様からの質問に答えられないという回答。特に大型店は、売り場もストックも広く、覚えるだけで大変のようです。また、営業時間中は基本的に立ちっぱなしなので、バイト後は足が棒になる…なんて声も。また、理不尽なお客様への接客はツライなどお客様との距離感が近いバイトならではの回答もありました。

覚えることが多い

・最初の時はまだどの商品がどこにあるのか分からなくて大変でした(19歳/大学1年生/男性)

・新商品が出たり価格が変わることがとても多く、覚えきれませんでした(23歳/アルバイト/女性)

商品について答えられない

・商品数が多く、お客様から質問をいただいても答えられないことがありました(21歳/大学4年生/女性)

・どの商品がどこにあるのか分からず、バイトを始めた直後はお客様の質問に答えられないことが多く精神的に疲れました(19歳/大学1年生/男性)

立ち仕事なのできつい

・常にフロアを動き回るのでかなりの重労働でした(21歳/大学4年生/男性)

・1時間休憩はありますが、8時間店頭に立ち続ける日もあるので疲れます(21歳/大学4年生/女性)

お客様からのクレームや無視

・理不尽なクレームにも快く対応しなければならない点が精神的に厳しいです(22歳/アルバイト/女性・お声かけしても無視をされるお客様がいると精神的にダメージを受けます(21歳/大学4年生/女性)

フロアに立つ洋服が自腹できつい

・出勤時の洋服を自費で買わなければいけないので、バイトで稼いだお金が減ります(21歳/大学4年生/女性)

 

2021年6月 アルバイトの体験調査/N=2100/15歳~24歳の学生、パート・アルバイト/調査協力 株式会社マクロミル

※2018年3月2日の記事を更新

早速バイトを探してみよう