スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2014年07月17日

「ドラッグストアのバイト」ってどんな仕事?

「ドラッグストアのバイト」ってどんな仕事?
ドラッグストアのバイトは、レジ打ちや品出しなどが主な仕事。初心者でも働きやすく、生活必需品や化粧品を安く買えるというメリットもある、「ドラッグストアのバイト」をご紹介しよう。

仕事内容

レジ打ちや品出し、店内掃除、商品棚卸しなど、業務は幅広い。仕事に慣れてくれば、商品の発注や売場作りを任されることもある。仕事内容はスーパーでのバイトによく似ているが、薬を販売するため、元気で明るく清潔感のある学生が喜ばれるようだ。
ドラッグストアで扱っている「医薬品」は、薬剤師の資格を持っていないと販売ができないので、バイトの大半は「医薬部外品」や「食品」などを販売することになる。

ドラッグストアは生活必需品を置いているため、アルバイトならば社員割引で安く買うことができ、一人暮らしの人にはうれしいポイント。化粧品も扱っているので、サンプルなどをもらえることもあり、女子にとっては、非常に魅力あるメリットだ!

待遇や給与

シフトは「週2日~」「1日2時間~勤務OK」「未経験OK」といった場合もあるので、何かと忙しい学生や、バイト未経験者でも応募しやすい。求人情報をしっかり確認して自分にあったお店を探そう。

時給は、東京近郊で「950円~1000円前後」が相場。21時以降は「1500円~」、忙しい都心部のお店になると「2000円」を越えることも。深夜の時間帯は、稼ぎたい学生からの応募が殺到するケースもあるので、求人を見つけたら早めに問い合わせてみよう。

■ 良かったこと
・「化粧品などの知識が増えた」
・「化粧品のサンプルなどをもらえる」
・「社員割引があるので化粧品が安く買える」
・「洗剤、薬剤、介護用品に詳しくなった」
・「サービスの一環でハンドマッサージを覚えた」
・「自由に売場作りなどを任された」

■ ツライこと
・「お客さんのクレーム対応が辛かった」
・「休日のみのシフトなので忙しかった」
・「薬剤師の不在時に薬を買い求める客の応対が大変」
・「風邪をうつされやすい」
・「薬について聞かれてもわからないことが多かった」

■ こんな人にオススメ!?
・「医療業界に勤めたい人はいいかも」
・「人の役に立つのが楽しいと思える人や社交的なタイプの人に向いていると思う」
・「接客が好きな人、化粧品などが好きな人はオススメ」
・「薬の勉強をしている人や化粧品に興味がある人にオススメ」
・「一人暮らしの人や日用品を買う機会が多い人」

体験者からのアドバイス

ある程度働いていると薬の知識が必要になるので、「登録販売者」の資格を取っておいた方がいい。他の店舗やコンビニエンスストアなど、薬を取り扱うところで働く事になっても資格が有利になる。あと化粧品に関する知識も、ある程度わかっていると仕事がしやすくなる。(ドラッグストア経験/22歳/女性)

※データ:大学卒業した22歳~25歳の社会人900人に調査(2014年3月27日~4月7日)/調査協力:株式会社クロス・マーケティング