スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2021年08月06日

ドラッグストア・薬局バイトの仕事内容と評判|きつい?ラク?を経験者の口コミを調査

「ドラッグストアのバイト」ってどんな仕事?
ドラッグストアのバイトは、レジ打ちや品出しなどが主な仕事です。初心者でも働きやすく、生活必需品や化粧品を安く買えるというメリットもある、「ドラッグストアのバイト」をご紹介します。

仕事内容

ドラッグストアや薬局のアルバイトの仕事は、レジ打ちや品出し、店内掃除、商品棚卸しなどを担当します。仕事に慣れてくれば、商品の発注や売場作りを任されることもあります。仕事内容はスーパーでのバイトによく似ており、高校生歓迎の求人や未経験歓迎の求人が多いです。スーパーとの違いは、「医薬品」の販売は、薬剤師や登録販売員の資格を持っていないとお客様へ販売ができないので、アルバイトの多くは「医薬部外品」や「食品」、「日用品」などの販売を担当することになり、薬の案内が必要なお客様には、薬剤師や登録販売員に案内をお願いする必要があります。

シフトや時給

シフトは「週2日~」「1日2時間~勤務OK」「未経験OK」といった場合もあるので、何かと忙しい学生や、バイト未経験者でも応募しやすくなっています。求人情報をしっかり確認して自分にあったお店を探しましょう。

時給は、東京近郊で1150円前後が大よその目安。深夜の時間帯は、25%時給がアップするため、稼ぎたい学生からの応募が増えるケースもあるようです。求人を見つけたら早めに問い合わせてみましょう。

ドラッグストアバイトの良かった・楽だったこと

ドラッグストアのバイトでの良かったこととして、商品の購入に社割が使えたり、試供品がもらえたりするというコメントが多くみられました。化粧品や薬などの商品知識を得られる点もメリットと言えます。また、業務内容は多岐にわたりますが、覚えてしまえば単純作業でラクだという声も。お客様から商品の場所を聞かれることが多く、感謝の言葉をもらえる機会があることもうれしいポイントのようです。

▼ドラッグストア・薬局バイトの経験談

社割で気になる商品を安く買えたり、試供品をもらえたりとお得でした(19歳/大学2年/女性)

・化粧品を含め、今まで何気なく使っていた商品のことを詳しく知ることができたのがよかったです(22歳/アルバイト/女性)

・レジ業務や品出しなどをしていました。ルーティン作業が多いので、慣れてしまえば時間があっという間に過ぎてく感覚になりました(19歳/短大生/女性)

・ドラッグストア勤務をきっかけに、調剤薬局事務に関する資格を取りたいと思うようになり、将来やりたいことが見つかりました(23歳/アルバイト/女性)

・商品案内がすぐにでき、お客様に直接笑顔で感謝された時は、嬉しかったです(21歳/大学4年生/女性)

・お客様にお礼を言われると嬉しかったです(22歳/アルバイト/男性)

 

ドラッグストアバイトのきついところ

ドラッグストアのバイトは、他の接客業のアルバイトよりも、きついと感じるところは比較的少な目な印象です。その中でも、デメリットとしてあった声は、商品数が多くて覚えるのが大変、立ちっぱなしや商品を運ぶのが大変などの体力面、忙しい時間帯でのお客様対応で苦労することがあるようです。

▼ドラッグストア・薬局バイトの経験談

・日用品から食品、医薬品や化粧品などさまざまな商品を取り扱っていたので、商品そのものや、棚の場所などを覚えるのが苦労しした(24歳/アルバイト/女性)

立ち仕事や重い商品を運ぶことが多く、体力的にきついと感じることがありました。奥にある商品を手前に移動する作業では立ったり座ったりを繰り返すので腰が痛くなる時もあります(21歳/大学4年/女性)

薬剤師の許可が無いと売れない医薬品があるため、許可証なしでレジに持ってこられたときは、薬剤師をレジまで呼ばなければならないので大変でした(19歳/大学2年/女性)

・レジを通した商品の袋詰めはすべて店員がしなければいけなかったのでお店が混んでいるときは忙しかったです(21歳/大学3年/女性)

商品が品薄になってしまった時など、お客さんの問い合わせやクレーム対応が大変でした(24歳/アルバイト/女性)

 

ドラックストアバイトでの面接対策

ドラッグストアのバイト面接では、志望動機、シフト希望、勤務開始希望日など、他の一般的なアルバイトの面接でも良く聞かれる質問を確認されます。当日、戸惑わないように、事前に回答を考えておくとスムーズです。
実際に応募を検討している人向けに、ドラッグストアのバイト面接での質問や当日の服装マナーをこちらで紹介しています。
ドラッグストア・薬局バイトの面接での質問・志望動機・服装など

ドラックストアバイトで有利になる登録販売者とは

ドラックストアでバイトをすると置いてある薬品や商品について詳しくなります。特に市販薬は正しい使用方法を学べれば、今後も家族や自分の市販薬を購入するときに役に立ちそうです。

実際、ある程度働いていると薬の知識が必要になるので「登録販売者」の資格を取っておいた方がいい、という声も耳にします。他の店舗やコンビニエンスストアなど、薬を取り扱うところで働く事になっても資格があれば有利ですし、化粧品に関する知識も、ある程度わかっていると仕事がしやすくなるでしょう。

販売登録者の詳しい内容はこちらを参考にしてください。
登録販売者とは? 資格難易度、合格率、合格後の就業の実務経験有無や志望動機&自己PR例文も合わせて解説

2021年6月 アルバイトの体験調査/N=2100/15歳~24歳の学生、パート・アルバイト/調査協力 株式会社マクロミル
早速バイトを探してみよう