スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2014年07月17日

結婚式場でのブライダルのバイトってどんな仕事? 仕事内容・時給・必要なスキル・身につくスキル・感動したことや辛かったことなど実際の体験談も

タウンワークマガジン 結婚式場でのブライダルのバイトってどんな仕事?結婚式の準備や進行をサポートするのが、ブライダルのバイトです。ホールスタッフやキッチンスタッフ、撮影・音響・照明スタッフに分けられ、それぞれの持ち場で、お客さまの一生に一度の晴れ舞台を支えます。また、そのような晴れ舞台に参加できるだけでなく、コミュニケーションスキルや会場全体を見渡す力など、自分の将来に役立つスキルを身につけられる点もブライダルバイトの魅力です。ブライダルバイトの仕事内容や待遇、給与、求められるスキル、先輩の体験談などを紹介します。

【目次】

仕事内容は?

タウンワークマガジン 結婚式場でのブライダルのバイトってどんな仕事?ブライダルのバイトでは、主に3種類の業務があります。

(1)ホールスタッフ

式場に料理やドリンク、デザートの配膳を行います。基本的な作業は、飲食店のホールスタッフとあまり変わりません。そのためファミレスや居酒屋などの経験があれば、業務に慣れるペースも早いでしょう。ほかには、式場の受付や進行、扉開け、参列者の誘導といった結婚式運営のサポートを行うこともあります。

(2) キッチンスタッフ

主な業務は、式場に出す料理の盛り付けや、ドリンク作り、食器洗いなど、キッチンでの調理補助です。補助的な作業が中心のため、料理が得意でなくても大丈夫です。飲食店のキッチンスタッフと同じく、経験者が優遇されやすい傾向があります。

(3) 撮影・音響・照明スタッフ

結婚式中のビデオや写真の撮影・編集や、会場の照明コントロールなど、クリエイティブな業務が中心となります。経験者が優遇される場合もありますが、未経験でも安心してチャレンジできるように、研修を行っているところも多くあります。音楽や音響、映像撮影・演出などに興味がある学生にはおすすめの仕事といえます。

仕事内容をマンガで読む

漫画で分かるバイト図鑑『結婚式場バイト』仕事内容編(作:すずゆき)

待遇や給与

タウンワークマガジン 結婚式場でのブライダルのバイトってどんな仕事?勤務形態は勤め先によって様々です。正社員同様の長時間勤務のほかに「週1からOK」、「土日のみ」といった基準があったり、1週間単位でのシフト申告制となっていたりと、勤務時間・シフト体制が多様であるため、自分のライフスタイルに合った勤め先が選べます。ただし結婚式は土日・祝日に行われることがほとんどであるため、週末勤務できる人が適しているでしょう。

時給は比較的高めで、東京都心部であれば1000円から1200円以上が相場となっています。また撮影・音響・照明スタッフの場合は、単発の勤務と日給での給与支給といったパターンが多く、1日あたり1万円から3万円以上と相場が幅広くなっています。経験の有無や仕事内容によって、もらえる給与が変わってきます。

必要なスキルは?

タウンワークマガジン 結婚式場でのブライダルのバイトってどんな仕事?一部の撮影・音響・照明業務を除き、特に専門的なスキルは必要としません。ただし、ブライダルのバイトは、結婚式という人生の晴れ舞台をサポートする仕事であり、失敗は許されません。そのため注意力や慎重さをもった人物が求められます。また最後までお客様と寄り添いながら式を遂行する、責任感も大切です。またお祝いの場であるため、場の雰囲気を支えるような笑顔やコミュニケーション能力が必要とされます。

身につくスキルは?

タウンワークマガジン 結婚式場でのブライダルのバイトってどんな仕事?ブライダルのバイトでは、基本的なマナーや丁寧な言葉遣い、公の場にふさわしい立ち居振る舞いを身につけることができます。また結婚式の内容や、お客様が求めるものは毎回異なるため、臨機応変な対応力も培われるでしょう。さらに、キッチンスタッフでは調理スキルを、撮影・音響・照明スタッフではそれぞれの専門技術を習得できます。

体験者に聞いてみた!感動したエピソードは?

タウンワークマガジン 結婚式場でのブライダルのバイトってどんな仕事?結婚式といえば、新郎新婦の門出にあたって感謝を伝える場でもあります。体験者が忘れられない、感動エピソードを聞いてみました。

・披露宴を開いた後の二次会で、ご新郎・ご新婦が両方ともサプライズを用意していたことでした。ご新郎はプレゼント、ご新婦は披露宴に参加することができなかったご新郎の友人たちのビデオレターを用意していました。2人ともサプライズを用意していて、とても愛しているのだなともらい泣きしました。(男性/20代/フリーター)

・姉と妹に挟まれた、長男の方の結婚式でのこと。人前式で、結婚誓約書に姉妹が立会人としてサインされる形を取られたのですが、サイン後のスピーチで、姉と妹それぞれの立場でご本人様について涙ぐみながら話される姿に、兄弟の存在の良さを感じて感動しました。(女性/30代/主婦)

・新婦さま側が、親子二代で同じホテルで挙式、披露宴をされたお客様がいらっしゃいました。ご両親の写真と同じアングルで記念写真を撮っていて、家族の歴史を実感しました。(女性/40代/主婦)

このように、家族それぞれの感動エピソードに立ち会えるという魅力があります。

体験者に聞いてみた!辛かったエピソードは?

タウンワークマガジン 結婚式場でのブライダルのバイトってどんな仕事?華やかな結婚式は、スタッフの苦労によって支えられているともいえます。体験者が語る辛かったエピソードを紹介します。

・結婚式はお祝いの場であり、出席される方皆様が祝福ムードの穏やかな空気です。しかし、新郎・新婦にとっては人生で大きな晴れ舞台であり、特に新婦様のご親族にはスタッフの些細なミスについても厳しく見られる方もおり、仕事中は一般的な接客業よりもより一層の緊張感を強いられる点は辛かったです。(女性/30代/主婦)

・披露宴の時間が定刻内に終わらない時です。次の式典に向けて準備していますが、どうしようもなくただ待って、終わり次第、次のお客様用のレイアウトに変更します。慌てて行う為どうしてもミスが発生します。(男性/50代/フリーター)

・料理の配膳が多く、一皿一皿が重いので、1日に2つの式をした時は腕がおかしくなりそうだった。また、乾杯のシャンパンをうまく注ぐのがとても緊張した。(女性/20代/主婦)

このように、常に神経を研ぎ澄まし、振る舞いに気を配ることが求められるバイトです。

思わずほっこり?クスッと笑えるエピソード

タウンワークマガジン 結婚式場でのブライダルのバイトってどんな仕事?新郎新婦をはじめ、つい緊張してしまう結婚式。そんな場では、思わずクスッと笑える、心温まるエピソードに出会うこともできます。

・披露宴に参加している人の余興では、思わず笑ってしまうものも。体を張っていった笑いもあれば話で笑わせる人もいましたので、私も楽しませてもらっていました。(男性/20代/フリーター)

・入退場のドアを開けるときに、新郎新婦さまがものすごく緊張している姿を見ると、思わず「大丈夫だよ」と声をかけたくなりクスッとなってしまいます。あとは余興をみながら、流行りのネタをやっていると笑ってしまいます。(女性/20代/主婦)

・一生懸命のあまり、汗だくの新郎が何回も小さな間違いをしながら、式に臨んでいた姿。何度か笑いそうになりましたが最後はその姿に胸をうたれました。(男性/50代/会社員)

一生に一度のシーンに立ち会えることが、ブライダルならではの醍醐味でしょう。

体験談エピソードをマンガで読む

漫画で分かるバイト図鑑『結婚式場バイト』エピソード編(作:すずゆき)

まとめ

ブライダルのバイトは、未経験者でもチャレンジできるところが多くあります。一生に一度の舞台をサポートするからこそ、失敗は許されず、慎重さや責任感、コミュニケーション能力が求められる仕事です。しかしブライダルならではの嬉しさや辛さ、心温まるエピソードに出会える点が魅力といえます。将来にも役立つマナーや言葉遣いなどを身につけられる点も、ブライダルバイトのメリットです。

【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:男女
■調査期間:2017年03月03日~2017年03月16日
■有効回答数:100サンプル
■調査会社:株式会社ウィルゲート