スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2021年06月01日

単発から働ける「派遣バイト・登録制バイトとは?」登録の仕組み、注意点など

登録制 バイト 派遣 単発 短期 タウンワーク townwork
派遣会社に登録し、自分の希望する日時、仕事を紹介を紹介してもらえる登録制バイト。シフトに合わせて働くレギュラーバイトとは異なったメリットがあります。ここでは、登録制バイトのメリットから、登録方法や働くまでの仕組み、応募時の注意点、働ける人の条件などを紹介します。

派遣バイト・登録制バイトとは

一般的に、派遣バイト、登録制バイトと呼ばれるアルバイトは、人材派遣会社に登録し、自分の希望に合う日程や職種で仕事を紹介してもらう働き方です。半日や1日単位、数日間など短期単発の仕事が多く、大学生などで、週末や夏休みなどにまとめて働きたい人におすすめです。

給料の支払い方法は即日払い、月1回あるいは2回払い、週1回払いなどさまざま。通常のアルバイトと違うのは、一度人材派遣会社に登録すれば案件ごとに履歴書を作成し面接を受けなくてもいいこと、給料は雇用主である派遣会社から支払われることなどがあります。

仕事内容は、コンサートやスポーツなどイベントの設営や警備、工場などでの軽作業、引っ越しスタッフ、催事での販売、ティッシュやサンプル配布、試食販売、化粧品やエステなどのモニター、コールセンタースタッフや試験監督など。未経験でも始められる仕事が多いです。

派遣バイト・登録制バイトで働くメリット

登録をすれば気軽に始められる登録制バイトには、たくさんのメリットがあります。

希望や条件に合った仕事を紹介してもらえる

派遣会社に登録する登録制バイトは、一度登録すれば、その後は履歴書の提出は不要で、メールや電話のやりとりでバイトを紹介してもらえます。また、日時や場所、仕事など希望条件に合ったバイトを選んでエントリーすることもできます。

短期単発の仕事が紹介してもらえる

授業やサークルのない日に働きたい、または夏休みや冬休みだけまとめて働きたいなど、空いている時間や日に合わせて働きやすいのも登録制バイトのメリット。「明日仕事をしたい」という希望も、案件があれば仕事を紹介してくれる場合もあります。

即日払い、月2回払いなど、すぐにお金が稼げる

シフトで働くアルバイトだと、月末締め・翌月○日払いなど、働いた翌月にまとめて給与が振り込まれるケースが一般的。登録制バイトの場合、日払いや週払いに対応していることも少なくないので、急にお金が必要なときに助かります。

ほかにも、単発の仕事が多いのでさまざまな仕事や環境を経験することができたり、短期間なので人間関係や仕事内容に悩むことが少なかったり、友達と一緒に働きやすいなどのメリットもあります。

派遣バイトで登録から働くまでの仕組み

タウンワークなどの求人サイトで、募集を探して問い合わせをすることから始めます。派遣会社によって多少の違いはありますが、一般的には以下の流れになります。

①求人サイトでやりたい仕事を探す。
②求人サイトで応募するか、扱い先の人材派遣会社に問合せをする
③派遣登録をする。登録の主な方法は3つ(派遣会社により異なる)。
・Webサイトで仮登録→説明会に参加して本登録
・Webサイトだけで登録完了
・Webサイトで仮登録→電話やオンラインで面談
※上つは大手人材派遣会社に多いので、登録したい会社に確認しよう。
④派遣会社から案件を紹介してもらい、希望の仕事に応募する。
⑤メールか電話で採否の連絡がくる。

派遣バイト・登録制バイトの注意点

バイト代の支払いタイミングを確認する

「日払いバイト」は、その日に給与がもらえるものとは限りません。その日にバイト代がもらえるのは「即日払い」です。派遣会社によって、即日払い、月1回払い、月2回払いなどと仕組みが違いますので、注意しましょう。

短期単発の場合、働けない人もいる

2012年の法改正により、派遣会社と30日以内の契約期間となる短期派遣(日雇い派遣)が原則禁止となりました。昼間に学校に行く学生は、原則問題ありません。通信制や夜間、休学中の人、主婦主夫やフリーターなどは条件に合わない人もいるので注意が必要です。ただし、単発の仕事がすべてできなくなるという意味ではありませんので、気になる仕事がある場合は、派遣会社に確認すると良いでしょう。
また、派遣会社を通さず、直接、バイト先に雇用される場合は、単発でも問題なく働くことができます。

※2017年5月27日公開の記事を更新しました。

早速バイトを探してみよう