スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2016年11月04日

【悩み相談】どこにでも彼女を連れてくる友人に困っています(石田衣良)

Problems of love triangle

仲間同士で楽しみたいのに彼女を連れてくる友人のせいで気を使ってしまう…、そんなお悩みに、作家の石田衣良さん(@ishida_ira)が答えてくれました。

Q.どこにでも彼女を連れてくる友人に困っています

19歳、男子大学生です。どこにでも彼女を連れてくる友人がいます。気の置けない仲間同士で遊びたいのに、気を使わなきゃいけなくてあまり楽しめません。こちらの気持ちを察してもらうには、どうすればいいですか?

A.まずは彼女が友人を拘束するタイプか探ってみよう

それはやっぱり、女の子のこと調べた方がいいよね。彼氏のことをすごく拘束するタイプで、「いつでも一緒にいないと、彼が何をするか不安でたまらない」みたいな人なら、女性側に問題があるので。でも男同士で話しているときに、「たまには男だけで遊ぼうよ」みたいなことを言えば、それでOKなんじゃないですか? それを言えないぐらいの「仲良し」って、どうなんでしょうね。

逆に彼女も入れて超盛り上がっちゃうっていう手はないの?  男性陣みんなで、彼女を徹底的にいい気持ちにさせる。みんなですごく褒めまくる。それぐらいのことをサラッとやれるような人だったら、「彼女を連れてくるのやめなよ」っていうのも言えるんだよね~。

そもそもこの女の子の、「男性の全部を把握しておきたい」という考えが間違いのもとだよね。「誰かの全てを知りたい」とか、「この人の行動を全部把握しておきたい」って思った途端に人間ってダメになりませんか? 知らなくていいことを知ってしまうと、本当に苦しいんですよね。なので、相手の余白みたいなのを残しておくべきじゃないですかね。でも、それがなかなかできないんですよね。特に19歳では。段々と苦しみながら学んでいくしかないんだろうな~。

あとは、ものすごく汚い店とか行っちゃったらどうですか。料理は手づかみで出るみたいな、強烈にワイルドな店とかそんなところなら、さすがに彼女もついてこないんじゃないかな?

 
※この記事は公式メルマガ「小説家と過ごす日曜日」よりお届けします。

企画:夜間飛行

ira_ishida のコピー石田衣良(いしだいら)
1960年、東京都生まれ。‘84年成蹊大学卒業後、広告制作会社勤務を経て、フリーのコピーライターとして活躍。‘97年「池袋ウエストゲートパーク」で、第36回オール読物推理小説新人賞を受賞し作家デビュー。‘03年「4TEENフォーティーン」で第129回直木賞受賞。 ‘06年「眠れぬ真珠」で第13回島清恋愛文学賞受賞。 ‘13年「北斗 ある殺人者の回心」で第8回中央公論文芸賞受賞。 「アキハバラ@DEEP」「美丘」など著書多数。 最新刊「オネスティ」(集英社) 公式サイト http://ishidaira.com/