スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2016年11月30日

【ちょい足しご褒美!】プリンにテキーラをかけると美味しくなる

地主恵亮
自分にご褒美というものがある。バイトなどで頑張った自分に、自分で何かをプレゼントするというものだ。欲しかったものを買ったり、大好きな高い食べ物を食べたり、プレゼントの内容は様々だろう。

しかし、そのプレゼントが高いと、なかなか自分へご褒美をあげることができない。毎日頑張っているのだから、毎日プレゼントをしてもいいくらいだ。そこで普通のものにちょい足しするだけで、高級感が生まれるご褒美をご紹介したい。

プリンにテキーラ

ちょい足し、というものがある。既存のものに、既存のものを足すことで、さらに美味しくなるというものだ。カップヌードルにチーズ、コーヒーにバターなどが、有名なちょい足しグルメなのではないだろうか。

そこでこれです!

そこでこれです!


プリンにテキーラをかけます!

プリンにテキーラをかけます!


プリンにテキーラをちょい足しすると美味しくなるのだ。テキーラはこの量で2000円ほど、プリンは安いものは1つ40円もしない。そんな安い組み合わせなのに、高級なプリンのような、上質な味がするのだ。

めちゃくちゃ美味しいのです!

めちゃくちゃ美味しいのです!


バイトのように毎日あることだと、毎回自分へのご褒美は、懐的に厳しい。しかし、このプリンにテキーラという組み合わせなら、毎日でも大丈夫なのだ。しかし、これが本当に美味しいのか、不安もあるだろう。そこで専門家に聞いてみようと思う。

ということで、東京農業大学の、

ということで、東京農業大学の、


酒類生産科学研究室を訪ねました!

酒類生産科学研究室を訪ねました!

なんで美味しいんですか?

プリンにテキーラが美味しいということを裏付けるために、お酒の専門家であり研究をしている酒類生産科学研究室の穂坂賢教授を訪ねた。穂坂先生は醸造の専門家で、近年は自然界にある酵母からお酒を作る、という研究を行っている。

穂坂賢教授

穂坂賢教授

jinushi
プリンにテキーラが美味しいって、知っていましたか?

 
hosaka
知らないな、聞いたこともない

 
jinushi
先生でも知らないことはあるんですね!

 
hosaka
プリンはそのまま食べても美味しいじゃない

 
jinushi
その通りです、たださらに美味しくなるんです!

 
hosaka
そうなのかね、、、

 
jinushi
本日、先生は幸せという扉を開けるのです! おめでとうございます!

 
hosaka
あ、うん、そうだね

 
jinushi
はい、すごい発見だと自信を持っております!

 
hosaka
あ、うん、そうだね

早速食べていただきました!

早速食べていただきました!

hosaka
なるほどね!

 
jinushi
美味しいですよね!

 
hosaka
うん、まあまあ!

 
jinushi
え! え! どの辺が? 最高じゃないですか?

 
hosaka
テキーラって少し土臭い匂いがするんですよ。個性が強いというか。これは原料のリュウゼツランという植物の匂い。葉を落とすと茎の下部が出てくるんですけど、それを蒸して、潰して液を絞って蒸留して、それを樽に入れて熟成させるんです。原料が独特で、植物だから植物感があるんですよ。それがプリンに合わないね!

 
jinushi
テキーラって植物からできてるんですか?

 
hosaka
これです!

これがリュウゼツランです

これがリュウゼツランです


プリンとテキーラは好みが分かれるようだ。その原因はテキーラが「リュウゼツラン」という植物からできているから。芋などとは違うため、緑臭さというか、独特に個性が出てきてしまう。そのため万人受けしないようだ。自信満々で持ってきた自分が恥ずかしい。

先生のコレクションからプリンに合うお酒を探します!

先生のコレクションからプリンに合うお酒を探します!

何が合いますかね?

jinushi
プリンをより美味しくするお酒ってありますかね?

 
hosaka
あるね!

 
jinushi
先生! なんでしょうか! 先生!

 
hosaka
ラムだと思うよ。お菓子作りとかでも使うから意外性はないかもしれないけど、美味しいのよ。

 
jinushi
ラムは何からできているんですか?

 
hosaka
糖蜜だね。黒蜜みたいなものだね

これが「糖蜜」で、

これが「糖蜜」で、


それにより作られた「ラム」

それにより作られた「ラム」


プリンにかけると確かに美味しい!

プリンにかけると確かに美味しい!

jinushi
すごい美味しいです! テキーラが一番、と思っていた自分が恥ずかしいです!

 
hosaka
でしょ! ラムは日本でも人気がありますが、「カクテル」としての人気です

 
jinushi
他のものと相性がいいことが多いんですね!

 
hosaka
そうそう! ストレートで人気あるのはウイスキー、ブランデー、テキーラかな

 
jinushi
ラム以外にもプリンに合うお酒はありますか?

 
hosaka
樽に入れて熟成させたものがいいと思うのよ

 
jinushi
樽?

 
hosaka
テキーラがプリンに合うと感じたのも、樽で熟成させたからだと思うんだよね。ラムも、テキーラも、ウイスキー、ブランデーも「オーク樽」で熟成させたものです。甘い香りがするでしょ。これがオーク樽の影響です。蒸留酒をオーク樽で熟成させたものが、プリンの美味しさを際立たせると思うよ

これがオーク樽です!

これがオーク樽です!

jinushi
なんでオーク樽で熟成させると甘い匂いがするんですか?

 
hosaka
オークの樽で熟成させると、バニリン酸というバニラに似ている匂いがつくんです。それがプリンに合うんだよね

 
jinushi
オーク樽で熟成したものだとなんでも合う?

 
hosaka
テキーラのようにそうでもないこともある。テキーラとかブランデーだと少し原材料の個性が強いから、ラムとか個性がない方が、より合いやすいかなとは思います

いろいろなお酒で試しました!

いろいろなお酒で試しました!

プリンにお酒は合う!

先生の意見を参考に、先生の部屋にある、いろいろなお酒をプリンにかけて食べた。確かに、オーク樽で熟成させたお酒がプリンにあった。日本酒なども試したけれど、どこかの地域の流行らないお土産、みたいな味になっていた。オーク樽がポイントだ。

順番をつけていきました!

順番をつけていきました!


また先生が言うように、特徴がありすぎるブランデーなどは、お酒の主張が強すぎた。テキーラと同じように原材料の原料感が強くなりすぎるのだ。さすがお酒のプロ、食べずとも味が想像できるのだ。そして、食べたらその通りで驚いた。

その結果、こうなりました!

その結果、こうなりました!


あらゆるお酒で実験して、上記のような結果になった。1位は「ラム」、2位は「ズブロッカ」、3位に「テキーラ」ということになった。テキーラが一番ではないのだ。答えは「プリンにラム」なのである。

この組み合わせを覚えましょう!

この組み合わせを覚えましょう!


プリンに合うお酒は「オークの樽で熟成されているもの」と「原材料のクセがありすぎず、なさすぎずなもの」がポイント。ぜひこれを覚えていただきたい。これによりプリンは美味しくなるし、ちょい足しで、バイトで疲れた自分に安くご褒美を与えることができるのだ。

最高です!

最高です!

自分へのご褒美は安価で!

頑張った自分へのご褒美をどうにか毎回与えることができないか、と考えたのがプリンへのちょい足しだった。テキーラとプリンを発見した時は、世紀の発見と思ったけれど、専門家に聞けば、ラムという答えを導くことができた。ラムも物によるけれど高くはない。バイトで頑張った自分へのご褒美は、「プリンにラム」で決定なのではないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

先生の話を聞きつつ、普通にお酒を飲んでいた! 注:みなさま、お酒の飲み過ぎにはくれぐれも注意しましょう。

先生の話を聞きつつ、普通にお酒を飲んでいた! 注:みなさま、お酒の飲み過ぎにはくれぐれも注意しましょう。

 
企画・取材・構成・文:地主恵亮

▼史上最大の鳥の卵で目玉焼きを作る地主さんの記事一覧はこちら▼

史上最大の鳥「エピオルニス」の卵で目玉焼きを作る_地主恵亮