スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2019年06月14日

【名越康文×しいたけ. 《対談》】君たちはなぜ「やりたいこと」が見つからないのか~vol.1~

名越康文 しいたけ 対談 占い タウンワーク  townwork

将来どんな仕事をしたいのか。どんな働き方が幸せなのか。今、自分の「やりたいこと」がわからない若者が増えていると言われています。今なぜ、若者は「やりたいこと」が見つからないのか。精神科医・名越康文先生と人気占い師、しいたけ.さんが、自分のやりたいことが見つからない人たちに向けて、仕事、人生について全4回の対談形式でお送りします。

 
vol.1
「やりたいこと」が見つからない本当の理由

悩みのレベルが上がっている

名越康文 しいたけ 対談 占い タウンワーク  townwork――今日お二人にお聞きしたいのは、「自分のやりたいことを見つけるにはどうしたらいいか」ということです。

高校生や大学生にアンケートをとると、「将来やりたいことがみつからない」という悩みが上位に上がります。お二人は今、自分のやりたいことを仕事にされている印象を受けます。若いころは、どのように将来のことを考えていたのでしょうか。

名越康文 しいたけ 対談 占い タウンワーク  townwork
名越:しいたけ.さんって、今でこそ占い界のトップランナーとしてご活躍されていますが、実は最近までかなり長く、バイト生活だったんですよね。

名越康文 しいたけ 対談 占い タウンワーク  townwork
しいたけ.:はい、某ファミレスチェーンで12年くらい。しかも、リーダーとかじゃなくて、ずっとヒラで働いてました。

名越康文 しいたけ 対談 占い タウンワーク  townwork
名越:本当は何か別にやってみたい仕事はあったけれど、それができなくて仕方なく、ということだったんでしょうか。

名越康文 しいたけ 対談 占い タウンワーク  townwork
しいたけ.:いや、「本当にやりたいことがあった」とかじゃないですね。一生バイトで大丈夫だと思っていたわけじゃないですが、なんというか、自分が生きていける場所を探すのに精一杯だったというか。

大学に入ったときも「どのサークルに入るか」を選べなくて、とりあえず、キャンパスのベンチと仲良くなるしかなかったような人だったので。そういう僕からすると、「自分のやりたいことがわからない」という悩みって、ハイレベルというか、すごくハードルが高い! という感じで。

今日のお題をうかがった時に最初に思ったのも「あー、すごいなぁ。ハードルが高いなあ」ということで。嫌味じゃないですよ。ごめんなさい。

ちょっと前までだったら「とりあえず就職すればOK」だったのが、「やりたいこと」じゃないとダメになったというか。クリアしておかなければいけないハードルが高くなっているなあって。

「やりたいことを見つけなければいけない」って、昔からもちろんあった考え方でしたが、ちょっとずつそこのハードルが上がってきていますよね。

正直、自分が今、大学生だったらと思うと恐ろしいんです。LINEとか、どう使っていいものか、途方にくれてたんじゃないかな、と。

名越康文 しいたけ 対談 占い タウンワーク  townwork
名越:確かに。僕も大学時代、まったく友達がいないタイプでしたから。僕みたいにLINEで「北斗の拳スタンプ」しか使わない人なんて、絶対仲間に入れてもらえないですよね(笑)。

 

見つからない理由は、”周りから期待される範囲内”で見つけようとするから

名越康文 しいたけ 対談 占い タウンワーク  townwork
名越康文 しいたけ 対談 占い タウンワーク  townwork
名越:今回のテーマを聞いて、僕が最初に思ったのは、今、もし本当に「やりたいことが見つからない」と悩んでいる若い人が増えているんだとしたら、それってもしかすると「いい兆し」なんじゃないか、って。

名越康文 しいたけ 対談 占い タウンワーク  townwork
しいたけ.:それはどういうことですか?

名越康文 しいたけ 対談 占い タウンワーク  townwork
名越:もしも今の若者が「自分のやりたいことがわからない」というのであれば、それは今の僕らの社会が提示する選択肢の中に、「やりたいこと」が見つからないだけだからなのかもしれない。だとすれば、そういう若者は、今の日本の閉塞感を打ち破っていく可能性がある、ということだと思うんですよね。

周りのおじさんたちから期待される範囲内で「やりたいこと」を見つけようとしても、どうもしっくりいかない。だからこそ、本当に自分が心から「やりたいこと」ってなんだろう? と悩むことができているんじゃないかって。

たとえばね、僕の知人に、東大とハーバードを行き来しながら最先端の研究をしている博士がいるんです。彼から聞いた話なんですが、あるとき東大に有望な、10年に1人と言われるような若手研究者が現れた。それでハーバードで研究をさせようということで連れて行ったところ、まったく能力を発揮できなかった、というんです。

誤解のないように言っておきますが、彼は、いわゆる「勉強バカ」じゃないんです。知識量や頭の回転の早さはもちろんのこと、想像力やクリエイティビティという点でも、とても優秀だった。その点では、向こうの学生にも全く負けていなかった。でも、ハーバードでは通用しなかったんです。

それはなぜか? とても単純化していうと、おそらくアメリカでは能力よりも前に、「俺はこれがやりたいんだ」という「自発的な何か」が求められた、ということだと。

名越康文 しいたけ 対談 占い タウンワーク  townwork
しいたけ.:ああ、なるほど。

名越康文 しいたけ 対談 占い タウンワーク  townwork
名越:彼には、それが足りなかった。外から「こんな研究テーマでいきましょう」とか「この問題を解決しましょう」というお題を与えられると、彼は抜群だった。10年にひとりの逸材だった。でも「ゼロから何かをスタートする」ということができなかったっていう話で。

名越康文 しいたけ 対談 占い タウンワーク  townwork
しいたけ.:自発性というか、まさに「自分からこれがやりたいです」がなかったと。

名越康文 しいたけ 対談 占い タウンワーク  townwork
名越:なぜ10年に一人の才能を持った人が「ゼロから何かをスタートする」ということができなかったか。これって、まあやっぱり、象徴的な話になってしまうと思うんですよ。

というのも、日本でも掛け声としては「もっとクリエイティブに」とか「自由な発想が大事」って言うわけですよ。でも、その内実を見ると、日本で評価されるクリエイティビティって、結構「周囲の期待の範囲内のクリエイティブ」なんです。周りが思いもしなかったものに取り組む人って、実はあまり歓迎されないんですね。

「1番から10番まで、いろんな選択肢があります。どれを選んでも自由です」と言われて、その中から選んで自分なりに工夫するのがクリエイティビティということになっている。でも、その10択と関係ないところで「私はAをやりたい」「僕はBを探求してみたい」みたいなのは、全然求められていない。

名越康文 しいたけ 対談 占い タウンワーク  townwork
しいたけ.:そういう周囲からの期待に応えられるだけの能力があると、かえって、自分の「やりたいこと」を見つけるのが難しい、ということですよね。

名越康文 しいたけ 対談 占い タウンワーク  townwork
名越:僕は最近バンドをやっているんですけど、これは自分にとってずっと「やりたいこと」だったんです。でも、譜面も読めないし、小さい頃から「医者になれ」って言われて育ったから医学部に入って、医者になった。で、医者になってからはずっと、音楽からは遠ざかっていたんです。

そんな僕が今、自分のやりたいこと=音楽をやれているのって、たぶん僕が、「医者」という仕事に100パーセント適応できなかったからだと言えると思うんですよ。
 

目の前の仕事にしっくりこないぐらいのほうが、やりたいことが見つかりやすい

名越康文 しいたけ 対談 占い タウンワーク  townwork
名越:もちろん、人によるとは思うんですけどね。でも、僕はもちろん、しいたけさん.も、たぶん、超不器用な人なんですよ。

名越康文 しいたけ 対談 占い タウンワーク  townwork
しいたけ.:はい、それは間違いありません。

名越康文 しいたけ 対談 占い タウンワーク  townwork
名越:そういう超不器用な人って、人生で苦労しそうじゃないですか。実際、たくさん苦労はするんだけど、僕ぐらいの歳になって同窓会に行くと、案外、器用に社会に適応してきた人のほうが、しんどそうなの。

名越康文 しいたけ 対談 占い タウンワーク  townwork
しいたけ.:ああ、そうなんですね。

名越康文 しいたけ 対談 占い タウンワーク  townwork
名越:ざっくりいうと、学生時代から利発でなんでもできた人は、今でももちろん能力はすごく高いのだろうけど、会社の仕事がつまらなくてちょっと愚痴っぽく見える。もちろん、生き方というのは人それぞれで、比較すること自体があまり意味がないのだけど、不器用で、社会に適応するのに苦労した人のほうが、僕の年になると、自分が「好きなもの」に行き着いている気がしたんです。

 

「本当にやりたいこと」は、「人から後ろ指を指されそうなこと」なのかもしれない

名越康文 しいたけ 対談 占い タウンワーク  townwork
名越康文 しいたけ 対談 占い タウンワーク  townwork
しいたけ.:起業して成功したり、会社員でも、すごい活躍をしたりしている人のお話を聞いていると、「すごい人」の原点って、なんていうか、ひとつ間違うと……みたいなところがありません?

何かの拍子で、うまくプラスのほうに転じたから成功したけど、その人の原点にあるのは、あまり世間からいい顔をされないと言うか、危なっかしいエネルギーで、それって一つ間違ったら反社会的なところがあるような気がするんです。

名越康文 しいたけ 対談 占い タウンワーク  townwork
名越:僕も、まったくしいたけ.さんが言うとおりだと思います!(笑)

……と言うのもね、「自分のやりたいことをやる」っていうのは、往々にして、「社会から評価されづらいことをやる」っていうことになるんですよ。逆にいうと、最初から「社会から評価される」とか「他人から認められる」ということを目指すと、それは往々にして、「やりたいことをやる」にならない。

ここは結構、若い人が気づきにくい、落とし穴なんですよ。

もちろん、最初から上の人からかわいがられたり、評価を受けたりする人もいます。そういう人って意外と、中長期で見た時には、だんだんと身動きが取りにくくなることがあるんです。

自分では「やりたいことをやっている」つもりなのに、30代、40代とキャリアを重ねる中で、「あれ? これって本当に、自分のやりたいことだったのかな?」という不安がだんだんと募ってくる。自分では「やりたいことをやっている」つもりだったけれど、実は「上司や社会から歓迎される範囲でのやりたいこと」でしかなかったのかもしれない……と気づく。

いや、気づけばまだいいほうですね。むしろ、そのことを自覚しないまま、「俺はやりたいことをやっているぞ」と自分に言い聞かせながら頑張って、ミリ単位で少しずつストレスを蓄積させて、どこかで耐えきれなくなって落ち込んでしまう。今の3-40代は、そういうメンタルリスクを抱えている人って多いんです。

そういう意味では、もし今の10代や20代の人たちが、「やりたいことがわからない」と悩んでいるなら、それはむしろ希望といっていいんじゃないか。少なくとも、それくらいのほうが、本当の意味で「やりたいこと」にたどり着ける可能性があるんじゃないかと僕は思っているんです。

名越康文 しいたけ 対談 占い タウンワーク  townwork
しいたけ.:たぶん、「本当にやりたいこと」って、「口にしたら怒られること」とか「人から後ろ指を指されそうなこと」なんですよね。実際、僕が今やりたいことっていうのは「すべての連絡を断ってひとりでゲームをしたい」なんですけど、これを口に出すと……マネージャーさんに怒られちゃいます(笑)。

 

 

—Profile—

名越康文 しいたけ 対談 占い タウンワーク  townwork
名越康文(なこし・やすふみ)
1960年、奈良県生まれ。精神科医。相愛大学、高野山大学客員教授。
専門は思春期精神医学、精神療法。近畿大学医学部卒業後、大阪府立中宮病院(現:大阪府立精神医療センター)にて、精神科救急病棟の設立、責任者を経て、1999年に同病院を退職。引き続き臨床に携わる一方で、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画評論、漫画分析など様々な分野で活躍中。
夜間飛行よりメールマガジン「生きるための対話」通信講座「名越式性格分類ゼミ(通信講座版)」配信中。取材・依頼は株式会社夜間飛行(担当:板倉)まで。
担当:板倉
mail: itakura@yakan-hiko.com

 
 
名越康文 しいたけ 対談 占い タウンワーク  townwork
しいたけ. 
占い師、作家。早稲田大学大学院政治学研究科修了。哲学を研究するかたわら占いを学問として研究。2014年からウェブマガジン『VOGUE GIRL』で連載開始し、毎週更新の「WEEKLY! しいたけ占い」で注目を集める。現在は「note」で月間占いやコラムを発表し、作家として活動の幅を広げている。名前の由来は、唯一苦手な食べ物が「しいたけ」であり、それを克服したかったから。近著に『しいたけ占い 12星座の蜜と毒』『しいたけ.の部屋 ドアの外から幸せな予感を呼び込もう』(KADOKAWA)、『anan特別編集 しいたけ.カラー心理学 2019 春・夏編』(マガジンハウス)などがある。

しいたけ.note:https://shiitakeofficial.com/
しいたけ.のブログ:https://ameblo.jp/shiitake-uranai-desuyo/
しいたけ.Twitter:@shiitake7919

早速バイトを探してみよう