スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2022年09月26日

「塾講師バイト」とはどんな仕事? 仕事内容・時給・勤務時間・身に着くスキルなどを解説

「塾講師バイト」とはどんな仕事? 仕事内容・時給・勤務時間・身に着くスキルなどを解説学力向上を目指す生徒達の手助けをする、やりがいのある塾講師の仕事。大学生になってはじめてのバイトとして選ぶ人も多く、学生に人気の高いアルバイトです。そこで、今回は、その仕事内容や時給、身に着くことなど、体験談を交えながら詳しく紹介します。

塾講師バイトの仕事内容

塾講師の仕事の内容は、「集団指導」と「個別指導」の2つに分けられます。

集団指導

学校で行われる授業のように、多くの生徒に対して先生が一人で授業を行うという指導スタイルです。黒板やホワイトボードに授業の内容を書きながら進めていきます。生徒の数は塾の規模によって異なりますが、おおよそ20〜30人ほどです。

個別指導

生徒1人、多くても2〜3人という少数に対して、先生が一人つくという指導スタイルです。座っている生徒の周りを先生が回り、生徒ひとりひとりがどのくらい理解しているのかをその都度確認し、指導しながら授業を進めていきます。

どちらも授業前に、その日の授業の準備が必要になりますが、「集団指導」はホワイトボードに書く内容をまとめておく必要があるため、準備に時間がかかる場合があります。そのほかにも、学校の授業のサポート(予習・復習)、テスト採点や受験指導、さらには保護者会への参加や三者面談による進路指導までと業務は多岐にわたります。大学生だけでなく、大学進学が決まっている高校生のアルバイト募集もあります。

 

塾講師バイトの時給や給与

塾講師の給与体系は、時給で支払われる場合と、1授業(コマ)あたりの金額で支払われる場合とがあります。時給にすると、およそ1,200円〜1,500円が多いですが、教える内容によっては、時給が2,500円〜4,000円になることもあります。ただし、授業前後の準備時間や振り返り、その他の事務作業は時給に含まれないことが多いので、事前によく確認しておきましょう。

 

塾講師バイトの勤務時間やシフト

塾講師は平常時は夕方から授業を行うことが多いため、1日に働ける時間は2〜4時間程度になります。時給は高くても、常にシフトに入れるとは限らず、なかなか思うように稼げないこともあります。また、生徒に分かりやすい授業をするためには、まず自分自身がしっかり理解しておく必要があり、予習が必要不可欠となります。この予習の時間そのものは勤務時間に入っていないので、慣れるまでは勤務時間外に時間をとられ、拘束時間が長くなることもあります。

 

集団授業時の各教科の特徴

数学

こちらが一方的に話すだけでは、生徒の「解く力」が身に着きませんので、授業の中で生徒自身が問題を解く時間を多く確保することが必要になってきます。さらに、数学は単純な暗記科目ではないため、授業前の予習・授業後の復習が何より大事になってくることをしっかりと伝えることも必要です。数学は苦手意識を持っている生徒が多いため、置いてきぼりになっている生徒がいないように配慮することも重要です。

英語

数学と同様、こちらも苦手意識を持っている生徒が多い科目です。特に、長文読解に対してアレルギーを持っている生徒は多いです。読解問題は、訳を写していくというものになりがちですが、それでは読解能力が身に着いてきません。語学ではありますが、数学同様に「解き方」をしっかりと教えてあげるようにしていけば単調な授業になることはないでしょう。

理科

中学校では一分野と二分野、高校で物理・化学・生物と分野が分かれてくるので、講師も念入りな予習が必要な科目です。また、分野によって、得手不得手が分かれる人も多いので、ポイントを絞っておくことが重要です。

社会

「考える」よりも「暗記」がメインとなる科目であり、どうしても生徒は授業中眠くなりがちな社会。「暗記科目だからあとでやっても大丈夫だろう」と後回しにしてしまう生徒が多いので、楽しく効率的に覚える方法などを入れ込んだ授業をしていくことを心がけていけば、単調で眠たい授業にならないでしょう。

 

塾講師バイトは辛い?ラク?【体験談】

【思っていたよりも辛かった】

・宿題が足りない、授業内容が良くない、と先輩や社員にダメ出しされることが最初のほうは多かったです。授業の準備は結構時間を取られるので、大学の勉強との両立が難しかったです(19歳/大学1年生/男性)

・生徒の成績を上げなければいけないというプレッシャーが常にあるので、楽ではなかったです。保護者との面談は緊張しました(19歳/大学1年生/女性)

・やる気のない生徒にもやる気を起こさせること、授業内容を理解させることが大変でした(19歳/大学1年生/女性)

【思っていたよりもラクだった】

・ずっと座って教えられるので、身体面での影響が少なくて楽でした(20歳/大学2年生/女性)

・担当する生徒は毎回固定されており、その生徒のカリキュラムを実行するだけなので負担は少なかったです(22歳/大学4年生/男性)

・集団指導はカリキュラムとテキストが用意されていて、自分で作って何かを提供することが少なかったため、比較的楽でした(21歳/大学3年生/女性)

思っていたよりも辛かったという人の回答を見てみると、やる気のない生徒のやる気を引き出すのが難しく辛いと感じるケースが多いようです。また、生徒に教えるためには自分も予習しておかなければいけないことや、授業で使うプリントを用意するなど準備も必要という意見も見られます。トータルの拘束時間を考えると割に合わないと感じる人もいるようです。
一方、思っていたよりもラクだったという人の回答を見てみると、体力面でのラクさを上げる回答が多くみられました、その反面、精神面でのプレッシャーはあるようですが、生徒の成績が上がったり、合格の報告を受ける喜びは格別のようです。
また、バイトの講師がどこまで生徒や保護者と関わるかは塾によって違いますが、保護者対応や進路相談をしなくてもいい場合は授業だけに集中できるため、バイト講師の負担は少なくて済むでしょう。

 

塾講師バイトで身に着くスキル【体験談】

塾講師のバイトをすると実際にどのようなスキルが身に着くのか、バイト経験者に聞いてみました。

・他の先生や生徒の親との会話が多いため、電話対応や敬語など社会的なコミュニケーションスキルが身についた。(女性/大学院2年/集団指導)

・人にわかりやすく話す力や、人前で話すことへの抵抗感のなさが身についたことだと思う。子供のやる気を引き出す方法もわかった。(女性/大学4年/集団指導)

集団指導であれ個別指導であれ、一人ひとり違う個性をもった生徒に対して飽きさせないように、板書や質問の仕方などを工夫する必要があるので、伝える力が身に着きます。また、授業内容をわかりやすくするための資料を作成したり、報告書をまとめることで、書く力も備わります。
集団指導では、全ての生徒が興味を持って聞いているか、ついて来れない生徒はいないかなど、全体の状況を把握する力も身に着くでしょう。
個別指導の場合は、生徒一人ひとりとじっくり向き合い、苦手を克服させる必要があるので、課題解決能力が磨けるでしょう。その他、塾長や生徒の保護者、講師同士など、様々な立場の人とのやりとりがあるので、コミュニケーション能力が身に着くはずです。

 

まとめ

塾講師は、アルバイトとはいえども、生徒や保護者にとっては「先生」です。その意識を常に忘れないようにしましょう。その意識さえあれば、生徒は馴れ合いになることもなく先生を慕ってくれるはずです。将来教員を目指している方はもちろん、社会に出てから必要となってくるスキルが自然と身に着くであろう、塾講師のアルバイトを是非この機会にはじめてみませんか。

・アンケート出典:
2022年3月 大学生アルバイト体験調査/N=2074/株式会社マクロミル
2021年6月 アルバイトの体験調査/15歳~24歳の学生、パート・アルバイト/N=2100/株式会社マクロミル

※更新履歴
2018年2月26日 公開
2022年1月28日 更新
2022年3月8日 更新
2022年9月26日 最終更新

早速バイトを探してみよう