スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2018年02月26日

「塾講師バイト」とはどんな仕事? 仕事内容・給与・勤務時間・身につくスキルなどを解説

タウンワークマガジン 「塾講師バイト」ってどんな仕事?学力向上を目指す生徒達の手助けをする、やりがいのある塾講師の仕事。大学生になってはじめてのバイトとして選ぶ人も多く、学生に人気の高いアルバイトです。そこで、今回は、その仕事内容について詳しくご紹介します。

【目次】
1. 仕事内容
2. 待遇や給与
3. 拘束時間はどのくらい?
4. 集団授業時の各教科の特徴
5. 塾講師バイトが辛いかラクかは子どもの個性や成績による
6. 生徒のほうが優秀?塾講師バイトの失敗談とは?
7. どんなスキルが身につく?
8. 人前に出る度胸がつく?塾講師バイトで身に付くスキル
9. まとめ
 

仕事内容

タウンワークマガジン 「塾講師バイト」ってどんな仕事?塾講師の仕事の内容は、「集団指導」と「個別指導」の2つに分けられます。

個別指導

生徒1人、多くても2〜3人という少数に対して、先生が一人つくという指導スタイルです。座っている生徒の周りを先生が回り、生徒ひとりひとりがどのくらい理解しているのかをその都度確認し、指導しながら授業を進めていきます。

集団指導

学校で行われる授業のように、多くの生徒に対して先生が一人で授業を行うという指導スタイルです。黒板やホワイトボードに授業の内容を書きながら進めていきます。生徒の数は塾の規模によって異なりますが、おおよそ20〜30人ほどです。

どちらも授業前に、その日の授業の準備が必要になりますが、「集団指導」はホワイトボードに書く内容をまとめておく必要があるため、準備に時間がかかる場合があります。
また、塾講師の仕事はそれだけではありません。学校の授業のサポート(予習・復習)、テスト採点や受験指導、さらには保護者会への参加や三者面談による進路指導までと多岐にわたります。
 

待遇や給与

タウンワークマガジン 「塾講師バイト」ってどんな仕事?塾講師の給与体系は他のアルバイトに比べると少し特殊で、「時給」よりも「1授業(コマ)」で支払われることが多いです。時給に換算すると、およそ1,200円〜1,500円ほどになる場合が多いですが、教える内容によっては、時給が2,500円〜3,000円ほどになることもあります。ただし、授業前後の準備時間や振り返り、その他の事務作業は時給に含まれないことが多いので、事前によく確認しておきましょう。

また、塾講師は夕方から授業を行うことが多いため、1日に働ける時間は2〜4時間程度になります。たくさんシフトを入れてガッツリ働くというよりは、授業やサークルの間を縫って効率的に働きたいという人に向いているというアルバイトです。
 

拘束時間はどのくらい?

タウンワークマガジン 「塾講師バイト」ってどんな仕事?生徒にとって分かりやすく為になる授業をするためには、まず先生自身が教える内容についてしっかりと理解しておく必要があります。したがって、良い授業をするには予習が必要不可欠となります。この予習の時間そのものは拘束時間に入っておりませんので、慣れるまではあまり良い時給で仕事をしている実感が沸かないかもしれません。ただ、一回コツを掴めば後々仕事がしやすくなってきますので、最初のうちは耐える時期だと心得ておきましょう。
 

集団授業時の各教科の特徴

タウンワークマガジン 「塾講師バイト」ってどんな仕事?

数学

こちらが一方的に話すだけでは、生徒の「解く力」が身につきませんので、授業の中で生徒自身が問題を解く時間を多く確保することが必要になってきます。さらに、数学は単純な暗記科目ではないため、授業前の予習・授業後の復習が何より大事になってくることをしっかりと伝えることも必要です。数学は苦手意識を持っている生徒が多いため、置いてきぼりになっている生徒がいないように配慮することも重要です。

英語

数学と同様、こちらも苦手意識を持っている生徒が多い科目です。特に、長文読解に対してアレルギーを持っている生徒は多いです。読解問題は、訳を写していくというものになりがちですが、それでは読解能力が身についてきません。語学ではありますが、数学同様に「解き方」をしっかりと教えてあげるようにしていけば単調な授業になることはないでしょう。

理科

中学校では一分野と二分野、高校で物理・化学・生物と分野が分かれてくるので、講師も念入りな予習が必要な科目です。また、分野によって、得手不得手が分かれる人も多いので、ポイントを絞っておくことが重要です。

社会

「考える」よりも「暗記」がメインとなる科目であり、どうしても生徒は授業中眠くなりがちな社会。「暗記科目だからあとでやっても大丈夫だろう」と後回しにしてしまう生徒が多いので、楽しく効率的に覚える方法などを入れ込んだ授業をしていくことを心がけていけば、単調で眠たい授業にならないでしょう。
 

塾講師バイトが辛いかラクかは子どもの個性や成績による

タウンワークマガジン 「塾講師バイト」ってどんな仕事?
塾講師バイトを実際にやってみて、想像と違ったかどうかを聞いたところ、7割以上の74人が思っていたよりも辛かったと答えています。思っていたよりもラクだったという人のは、100人中26人という結果に。実際の回答を見ていきましょう。

【思っていたよりも辛かった】

・勉強をやる子の相手は簡単ですが、子どもにあまりやる気がなく成績もよくないとまず机に座っていられる状態までもっていくのがとても大変で、しかも保護者からのクレーム対応もきつかったです。(女性/50代/専業主婦(主夫))

・自分自身でプリントの用意をしなくてはならず、さらには生徒の理解度にもかなりの差があったため授業の進め方がとても難しかった。(女性/30代/専業主婦(主夫))

・難しい問題をきちんと教えるには予習や準備のための時間が必要。拘束時間の割にいただけるお金が少ない感じがした。(女性/30代/専業主婦(主夫))

【思っていたよりもラクだった】

・雇われていた塾は、レベルの高い子が多く、みんな勉強する気で来ていたので、公立学校での教育実習より、はるかにラクで楽しかった。(男性/60歳/正社員)

・保護者への対応や、生徒の進路相談などは、教室長が受け持っていたこともあり、生徒の指導に集中することができたから。(女性/40代/専業主婦(主夫))

・10~15名程度のクラスでまとまりが良かったですし、あまり言うことを聞かない問題児もいなかったため。(男性/40代/正社員)

思っていたよりも辛かったという人の回答を見てみると、やる気のない生徒のやる気を引き出すのが難しく辛いと感じるケースが多いようです。また、生徒に教えるためには自分も予習しておかなければいけないことや、授業で使うプリントを用意するなど準備も必要という意見も見られます。しかし予習や準備の時間には給与が出ないため、トータルの拘束時間を考えると割に合わないと感じる人もいるようです。
一方、思っていたよりもラクだったという人の回答を見てみると、生徒の成績が良く勉強意欲もある場合は指導する側もやりがいにつながるようです。また、バイトの講師がどこまで生徒や保護者と関わるかは塾によって違いますが、保護者対応や進路相談をしなくてもいい場合は授業だけに集中できるため、バイト講師の負担は少なくて済むでしょう。
 

生徒のほうが優秀?塾講師バイトの失敗談とは?

タウンワークマガジン 「塾講師バイト」ってどんな仕事?

塾講師のバイトではどのようなミスをしやすいのか、実際に塾講師を経験した人に失敗談を聞いてみました。代表的なものを見てみましょう。

・算数の授業をしている途中で解けなくなり立往生してしまったこと。「ごめん、最初からやり直すね」と謝って、やり直すと補助線を引き忘れていたことに気づきました。(女性/50代/専業主婦(主夫))

・授業のコマを完全に間違えてしまい、ノープランで授業をしたことがありました。(男性/50代/経営者)

・高校生レベルを教えているときに、難しくてわからない問題を突然聞かれたのは焦りました。先生もういいよ、とか言われたりして。必死で考えてなんとか教えることができて、生徒さんも納得してくれたのでよかったです。(女性/20代/正社員)

塾講師の失敗談としては、教えている途中でわからなくなって焦ったという意見が多く見られました。生徒に笑われたり、諦められたりするケースも多いようで、気恥ずかしい経験をしたことが想像できます。また、授業のコマを間違えた、バイトの日を間違えたなど、単純な勘違いでの失敗も起きてしまうようです。本来授業をおこなうためにはプランを立てて臨むはずですから、日にちや時間を間違えてノープランで授業をするのは大変だったことでしょう。
 

どんなスキルが身につく?

タウンワークマガジン 「塾講師バイト」ってどんな仕事?集団指導であれ個別指導であれ、一人ひとり違う個性をもった生徒に対して飽きさせないように、板書や質問の仕方などを工夫する必要があります。先生が一方的に話をしているだけだと生徒が感じてしまえば、授業自体への興味関心がなくなってしまうこともあります。どういう授業をすればいいのかを絶えず研究していくことで、自然と「伝える力」、すなわちプレゼンテーション能力が身についてくることでしょう。

個別指導の場合は、生徒一人ひとりとのコミュニケーションを図ることが大変重要になってきます。個別指導を選ぶ生徒は、集団指導に苦手意識を持っていたり、また勉強そのものに対して不安を抱えていたりすることが多いので、じっくり生徒と向き合うことが大切です。一人ひとりとの距離感が近いため、しっかりと生徒自身をみてあげることが必要になってきます。また、指導スタイルを問わず、塾長や保護者の方、他の塾講師の方とやりとりをする場面が多々ありますので、「授業だけをしていればいい」という訳にはいきません。それぞれがどんな思いを持っているのかを汲み取りながら会話をすることによって、コミュニケーション能力が身についてくることでしょう。
 

人前に出る度胸がつく?塾講師バイトで身に付くスキル

タウンワークマガジン 「塾講師バイト」ってどんな仕事?
塾講師のバイトをすると実際にどのようなスキルが身につくのか、バイト経験者に聞いてみました。

・集中できない子にどのように教え始めるかが、なんとなくわかるようになりました。(女性/40代/専業主婦(主夫))

・人前で話すことが苦でなくなった。子どもとのコミュニケーションを取るのがうまくなる、ちょっとした変化にも気付けるようになるなど。(女性/30代/パート・アルバイト)

・声が小さい方でしたが、はっきり話せるようになったと思います。分かりやすく伝えるにはどうしたらよいか、単調にならないように工夫するようになったと思います。(女性/50代/専業主婦(主夫))

プレゼンテーションスキルに言及する意見が多く見られ、人前で話すのが苦にならなくなったという声も挙がっています。多くの生徒を相手に授業をする塾講師の仕事を経験したことで人前に出てもあまり緊張しなくなり、分かりやすく伝える・単調にならないように工夫することでプレゼンテーションスキルを培うことができるようです。また、さまざまな個性を持つ生徒に接することでコミュニケーション力が身につき、生徒の個性によって教え方を変えられるようになったという人も多数見られました。
 

まとめ

塾講師は、アルバイトとはいえども、生徒や保護者にとっては「先生」です。その意識を常に忘れないようにしましょう。その意識さえあれば、生徒は馴れ合いになることもなく先生を慕ってくれるはずです。将来教員を目指している方はもちろん、社会に出てから必要となってくるスキルが自然と身につくであろう、塾講師のアルバイトを是非この機会にはじめてみませんか。