スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2019年10月02日

カレー沢薫の「バイト丸わかり図鑑」覆面調査バイト編

カレー沢 バイト 覆面調査 ミステリーショッパー タウンワーク townwork無職になって丸一年以上。
ほとんど家から出ない生活を送っているのだが、たまに外にでると、働いている人はもちろんのこと、全ての人が「家の外に出ている」というだけで輝いて見える。

無職になったことにより、他者をリスペクトする心が格段に高まった。他人に対して寛大になれない、と感じている人は、一度無職になってみると良い。

しかし、私のように、平日昼間からファミレスでアルコール類を飲んでいる、一見して「ノージョブかな?」と思うような人間でも、実は今まさに「ジョブ中」かもしれないのである。

それが「覆面調査員(ミステリーショッパー)」である。

この世に「ミステリー」がつく職業なんて「ミステリーハンター」以外ないと思っていたが、他にもあった。カッコいいので私も今後「ミステリー無職」と名乗ろうかと思う、どうやって生きているのかという点が「ミステリー」だと思うので、嘘ではない。

覆面調査員(ミステリーショッパー)とは、依頼に応じ指定された店に行き、一般客という体で接客や商品、店の雰囲気などを調査し、あとで調査書を提出する仕事である。

お店の店員としては、本社から「お偉いさんが調査に来るぞ」と言われたら、いつもは虚無を見つめがちな店員でも、三ツ星ホテルの従業員のようにキリッとしてしまうのは当然だ。

よって一般客を装った覆面調査員を派遣することにより「サービスが基準に達しているか」を調べつつ、「ありのままの姿を見せろ」と雪の女王のように調査しているのだ。
または同業者がどのようなサービスをしているか調査させるなど、依頼者の目的は様々だが、とにかく「調査員だ」と気づかれないことが重要である。

よって「覆面=ミステリー」と銘打ってはいるが「蝶の仮面をしている」など、見るからに「ミステリアス」な雰囲気を醸し出してはいけない。
いろんな意味で店員に警戒されては調査をすることができないので、むしろミステリーさの欠片もない「普通の客」として行く必要がある。

ミステリーショッパーのバイトの特徴は、最初に提示された金額から交通費や調査店でサービスを受けた分の代金を差し引き、残った額がバイト代になる、という点である。

なので、交通費が込みだった場合、近場だとラッキーである。しかし、逆にテンションがあがって注文し過ぎると、バイト代がゼロになることもあり得るのだ。

しかし調査先は飲食店や美容関係が多いようなので「いつもは行けない店でタダで飲み食いできる」「美容院代が浮いたり、エステが体験できる」等の理由で、覆面調査は学生や主婦などを中心にかなり人気のバイトのようである。

 
気になる覆面調査のバイトはここからチェック!>>
 

覆面調査員になるには、あらかじめ募集をしている派遣会社などに登録をしておき、依頼があればその都度行くという、ほぼスポットかつ不定期な仕事である。
「稼ぐ」というより、とりあえず登録しておき、依頼があればラッキーぐらいの感覚でいた方がよいだろう。

また一般客として行く、と言ってもマジで普通のお客さんのように飲み食いしてだけして帰るようではダメだ。
あとで調査書を提出しなければならないし、中には数十問のアンケートに答えるようなものもあるようだ。全部「普通」に丸をつけ「空気感が良かった」などの適当な調査書を出すようでは、次の依頼は来ないだろう。

メモを取るなどをした方が良いが、野球場にいる「スコアをつけてる人」のように、大学ノートを出して逐一メモっているようでは店員に怪しまれてしまうので、不自然にならないように調査をしなければいけない。

だが、漫画「美味しんぼ」に出てくる美食家・海原雄山のように厳しく、専門的な目で見る必要はない。むしろ依頼者が必要としているのは普通のお客さんの視点である。
店にはいろんな人が来るのだから、むしろ「この分野に関しては素人なのですが」というような一般客の意見からプロが気づけなかったことに気付けるのである。

よって、覆面調査員に必要なスキルは特にない。
ただ調査書はパソコン入力する場合が多いので、基本的なパソコン操作ぐらいは出来ていた方が良いだろう。

だが、もちろん私のように「外に出たくない」という人もいるだろう。
覆面調査には、店舗に出向くだけではなく、デリバリーの調査もあるようだ。
デリバリーピザなどを頼み、届くまでどのぐらい時間がかかったか、具が全部箱の天井にへばりついてないか、など商品の状態をチェックしたりするようだ。

外へ出ずに、バイトが出来て、食い物にまでありつけるという「まさに出不精に朗報」なアルバイトである。

私の住んでいる地方に覆面調査の需要があるかはわからないが、とりあえず登録だけしておこうかと思う。
無職にとって外食は贅沢だし、美容院代もバカにならず、エステに行くぐらいなら甘いパンを100個買うような生活なので1回でも依頼があれば儲けものだ。

ちなみに、エステ体験には「脱毛エステ」も含まれるようだ。
脱毛エステとは1回でも効果がないわけではないが、継続しないと完全な脱毛はできないものである。

飲食や美容院に比べたら脱毛エステはあまりおいしくない気がしたが、もしかしたら「覆面調査員として色んな店の脱毛エステを体験し続けることで完全脱毛する」ことも可能なのではないか。

もし、覆面調査が多い都心に引っ越すようなことがあればぜひ挑戦してみたい。ライバルである学生や主婦では無理な時間帯でも私ならいつでも動ける、それが無職の強みだ。

 
気になる覆面調査のバイトはここからチェック!>>
 

カレー沢薫
1982年生まれ。漫画家・コラムニスト。2009年に『クレムリン』(講談社)で漫画家デビュー。SNSでは“自虐の神”と崇められる人気作家。
Twitter https://twitter.com/rosia29
↓覆面調査のアルバイト求人はこちらから↓
カレー沢 バイト 覆面調査 ミステリーショッパー タウンワーク townwork

 
▼関連記事▼

カレー沢 バイト 100均 タウンワーク townworkカレー沢薫の「バイト丸わかり図鑑」100円ショップバイト編

無職になって二度目の夏、ある日、窓からポスティングの仕事をしている人が見えた。そういう仕事も良いかもしれない、と思ったが、その日も結局一歩も外に出なかった。しかし、外に出るとつい金を使ってしまうものだ。今回紹介するのはそんな、あまりお金を使いたくない人の味方とも言える店のアルバイトだ。「100円ショップの店員」。安いだけでなく、どの商品も「これを100円で売って大丈夫か、店の社員はこの価格帯で三食食えているのか」と心配になるくらいハイクオリティだ。

カレー沢 バイト 試験監督 タウンワーク townworkカレー沢薫の「バイト丸わかり図鑑」試験監督バイト編

「試験監督」。これが今回の紹介するバイトである。試験というのは様々あるが、NARUTOに出てくる忍者の中忍試験とかでないかぎり、カンニングなどの不正はあってならない。よって試験会場には、受験者を監視する人間がいる、それが「試験監督」だ。

早速バイトを探してみよう