スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2017年05月08日

在宅バイトとは?仕事内容、時給、勤務時間やメリット・デメリットを解説

在宅バイトとは

在宅バイトとは、その名の通り自宅に居ながらにして行えるバイトのことです。データ入力や文字起こし、原稿を書く執筆業務など、パソコンで作業し、インターネットやメールを介してデータのやりとりをする「クラウドソーシング」と呼ばれる働き方から、手作業で何かを作る「内職」と呼ばれるものまで、仕事内容はさまざまです。

在宅バイトの具体的な業務内容

タウンワークマガジン 在宅バイトとは?仕事内容、時給、勤務時間やメリット・デメリットを解説「在宅バイト」と「内職」はどちらも自宅に居ながら働くことができる仕事です。しかし、内職は物を組み立てたり、貼ったりという物理的な仕事であるのに対して、「在宅バイト」の仕事は主にパソコンを使用します。クライアントからインターネット上で仕事の依頼を受けるだけでなく、納品もインターネット上で行います。また、内職は誰にでもできる単純作業が多いのに対して在宅バイトは仕事の幅が非常に広く、さまざまな職種があります。

どんな職種がある?

在宅バイトの職種は非常にさまざまですが、初心者でも応募しやすい仕事としては、データ入力や資料の電子化といった事務系業務があります。これらの仕事はエクセルやワードといったソフトを使用して、決まった文章やデータを入力する仕事ですので、在宅バイト初心者でも取り組みやすいです。また、録音された音声を文字にするテープ起こしや記事を書くライターなどの編集系業務、イラストを作成するデザイン系の仕事などもあり、経験がなくてもソフトが使えればOKというものも多いので、在宅バイトに慣れてきたら挑戦してみるのもオススメです。

給与体系・勤務体系は?

タウンワークマガジン 在宅バイトとは?仕事内容、時給、勤務時間やメリット・デメリットを解説在宅ワークの給与体系は時給の場合と、作業量に応じて金額が変わる場合の2通りがあります。どちらの場合でもデータ入力などの簡単な仕事より、プログラミングやシステム設計などのような専門的な仕事の方が報酬は高くなります。また、在宅ワークの勤務体系は基本的に自由です。自分の好きな時に仕事をすることができますが、仕事の納期は決められていることがほとんどですので、納期に間に合うように仕事をこなしていきましょう。

探し方は?

在宅ワークを探したい方はアルバイト求人サイトなどを見てみましょう。また、インターネットで「在宅バイト」で検索すれば、在宅バイトのサイトを紹介しているブログやページが出てきます。自分の興味がある職種で検索してみると良いかもしれません。

面接はあるの?

タウンワークマガジン 在宅バイトとは?仕事内容、時給、勤務時間やメリット・デメリットを解説在宅バイトをする際は面接があるケースもありますが、職種や利用するサイトによって異なります。サイトによっては初めに利用者登録をした後、仕事を始める前にテレビ電話などでオンライン面接を行っている場合もあります。このような場合は面接といってもサイトの利用に関する説明や注意事項がメインですので、それほど難しく考えなくても大丈夫です。利用する上で疑問点があれば質問してみましょう。ただし、いくら在宅バイトとはいえ、面接には変わりありませんので、部屋着などではなく、きちんとした清潔感ある服装を心がけることは忘れないようにしてください。

必要な資格、有利に働く資格はある?

在宅バイトをする上で必要な資格はありません。基本的には自分のできる仕事を好きな時に行えばよいのです。ただし、通訳やプログラミングなどの専門的な仕事になると資格がないとクライアントから仕事の依頼が来ないことや、そもそも仕事に応募できないこともあります。専門的なスキルや資格があれば、報酬の高い仕事を受けられるようになるので、資格を活かせる仕事があるかどうか探してみるといいでしょう。

メリット・デメリットは?

タウンワークマガジン 在宅バイトとは?仕事内容、時給、勤務時間やメリット・デメリットを解説在宅ワークの一番のメリットは「自分の好きな時に仕事ができる」ことです。たとえば小さい子供がいる家庭など、家庭内のさまざまな事情で外へ働きにでることが難しい人にとっては、自宅で好きな時間に仕事ができることは大きなメリットといえます。また、案件によっては短時間で終わる仕事もありますので、ちょっと空いた時間に仕事をすることも可能です。自分のライフスタイルに合わせて仕事を選ぶことができるのが在宅ワークの魅力といえます。

デメリットは、データ入力などの単純作業の場合、報酬が低いことが多くあります。プログラミングや士業系資格を活かすものなど、専門的な仕事であれば、かなり高い報酬を得ることも可能ですが、データ入力でそれなりの報酬を得ようとすると非常にたくさんの仕事をこなさなければならない場合が多いので、自身の作業時間と報酬をある程度計算して仕事を受けるようにしましょう。

在宅バイトはこんな人に向いている

在宅バイトは自分で好きな時に好きなだけ仕事ができるバイトです。自分の好きなだけ働けるということは、逆にいうと自分でしっかりと計画を立てて働かないと思ったよりも収入が少ないということになりかねません。そのため、在宅バイトに向いているのは、「自分で計画を立て、スケジュール管理ができてコツコツと真面目に働くことができる人」といえます。

まとめ

インターネットの普及により在宅バイトを行う人が増加傾向にあります。在宅バイトは自宅に居ながらにして仕事ができるので、小さい子供の世話や親の介護にあたっている人にとっては魅力です。また、プログラミングやシステム設計などの専門的な仕事ができる人は高収入が見込めるので、いろんな職種で探してみるといいでしょう。