スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2014年07月17日

「ケーキ・スイーツショップのバイト」ってどんな仕事?

「パン屋・ケーキショップのバイト」ってどんな仕事?
街で見かけるケーキショップ。大好きなケーキに囲まれてバイトがしたい、と考える学生も多いのでは? 今回は、新商品の試食ができるのも魅力だというケーキ・スイーツショップのアルバイト」を紹介しよう。

>>漫画で読む(仕事内容編)
>>漫画で読む(エピソード編)

仕事内容

ケーキ・スイーツショップのバイトには、「販売スタッフ」と「製造スタッフ」がある。

■ 販売スタッフ
商品陳列やレジ打ち、店内清掃が主な仕事で、カウンターでラッピングや箱詰めを行うことも。清潔さが重要になるため、爪やヘアースタイルなどの身だしなみには要注意。メインは接客なので、笑顔で対応できる人が向いている。

■ 製造スタッフ
ケーキなどのスイーツを作るのが主な仕事なのだが、小規模な個人経営のお店か大規模なチェーン店かで業務内容は大きく異なる。個人経営の場合は店内の工房で、生地作りからトッピング、オーブン操作など多くの作業にたずさわるが、チェーン店では、工場でフルーツの皮むきや袋詰めなどの単純作業のライン生産が多くなる。

スイーツ好きには、個人経営のお店がオススメ。扱う品数が多いので覚えることはたくさんあるが、商品知識や接客スキル、作り方などが身につくというメリットがある。新商品の開発やアイディア出しにたずさわれることもあるので、仕事にやりがいを求めたい人にも向いている。

アルバイト初心者ならば、単純作業などが多くスキルを求められることも少ない、大手チェーン店などの製造スタッフに応募してみるのもいいだろう。

待遇や給与

給与は、東京都心部などで「時給900円~1000円以上」が相場。22時以降は25%上がる。交通費は支給されることが多いが、一部支給の場合あるので、事前に確認をしておこう。

また、ケーキショップにとっての繁忙期であるクリスマス時期には、大手メーカーの工場や、ショップでは、製造や販売の短期アルバイトの求人が増える。その場合は「1日1万円以上」が相場となり、「日払いOK」「連続勤務手当あり」といった待遇もある。多くのケーキを作ったり販売したりと非常に忙しくなるが、短期で稼ぎたいなら、この時期がオススメだ。

■ よかったこと
・「ケーキについての知識が増えた」
・「売れ残りをもらえた」
・「ラッピングのスキルを身につけられた」
・「ほぼ全種類のスイーツを格安価格で購入できた」
・「試食ができる」

■ツラかったこと
・「忙しくなると、ケーキづくりが雑になりがち」
・「試食で太るので気をつけてください」
・「店頭の担当だったので、全商品の値段を覚えることが大変」
・「朝の仕込み担当になると夜早く寝なくてはならない」

■ こんな人にオススメ!?
・「甘いものが好きな人」
・「人見知りせず、笑顔で接客できる人」
・「全商品の値段を覚えるのが大変なので、暗記が得意な人」

体験者からのアドバイス

ケーキ好きなら、お得に食べられていいと思います。でもクリスマスはイブも当日も私は終日出勤。当日デートは難しいことも多いかも。(ケーキ屋バイト経験/24歳/女性)

※データ:大学卒業した22歳~25歳の社会人900人に調査(2014年3月27日~4月7日)/調査協力:株式会社クロス・マーケティング

>>漫画で読む(仕事内容編)
>>漫画で読む(エピソード編)