スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2014年12月16日

年末年始にバイトをした理由は?

年末年始にバイトをした理由は?
年末年始といえば旅行やイベント、ライブに帰省など、さまざまな過ごし方があるけれど、中には「バイトする」という働きモノもいるだろう。年末年始にバイトをする理由とは、ズバリ何? 昨年の年末年始にバイトをした経験のある短大・大学・大学院生300人に聞いてみた。

年末年始にバイトをした理由は?

1位:暇だったから

「せっかく時間があるんだし、お正月につかうお金が欲しかったから」(コンビニ/21歳/男性/芸術学部)
「バイト先のメンバーの多くが働く気満々だったし、特に予定がなかったので大晦日、三が日で2日ほど働いた」(カフェ/20歳/女性/総合政策学部)
「年末年始はテレビを見て過ごすだけで退屈だから」(巫女/23歳/女性/理学部)
「休みが続く時期をダラダラ過ごすのはもったいないと思ったから」(アパレル販売/20歳/男性/理学部)

2位:時給・日給が高かったから

「年末年始は時給が上がるし、スタッフの人数が少なかったから」(試飲・試食/21歳/女性/国際関係学部)
「お年玉と称したボーナスがもらえるから!」(ファミレス/22歳/女性/芸術学部)
「割増手当がつくので、模試の採点や解説講座のバイトをした」(塾講師/24歳/男性/経済・経営・商学部)

3位:興味のあるバイトがあったから

「年賀はがきの仕分けのバイトに興味があったから」(年賀はがきの仕分け/22歳/女性/理工学部)
「時間があるときを利用して、これまでやったことのないバイトをしてみたかった」(サンプリング/24歳/女性/工学部)
「忙しくて大変だと聞いていた冬期講習の指導を体験したかったから」(塾講師/20歳/女性/人文学部)

その他の意見

「曜日ごとにシフトが固定されていたから、特に年末年始を意識せずにバイトをした」(コンビニ/21歳/女性/人文学部)
「バイト先がホテルなので、宿泊客が増える年末年始は休めない雰囲気があった」(ホテル/21歳/女性/生活学部)
「年末年始には集中講義期間で、生徒の最後の追い上げを職場全体が応援する必要があったため」(塾講師/24歳/女性/法学部)

具体的な理由としては、あらかじめ時給が高いことが分かっていたケースと、休み期間を有効活用したい理由というのが多かった。有効活用したい人のなかには、ダラダラ過ごしたくないからというしっかり者も。また、まとまった時間をバイトにあてられるのが年末年始しかないという人もいるようだ。その他の意見としては、塾など年末年始がオンシーズンだからという意見や、あまり年末年始を意識しないという意見があった。

ちなみに、今年の年末年始にバイトをする予定があるか聞いたところ、「ある」が26%、「ない」が32%、「決めていない」が42%という結果だった。「ある」と回答した人の理由はこれまでのものとあまり変わりはなく、「お金を稼げるから」「他に予定がないから」を挙げる人が多かった。
今年の年末年始にバイトをするにしろ、しないにしろ、そろそろ予定を確定させたいところ。早めに決めて、有意義な年末年始を過ごそう。

※データ:高校卒業以降の年末年始(12/30~1/3)にアルバイト経験のある短大・大学・大学院生18歳~29歳300人にアンケート(2014年10月31日~11月1日)/アンケート協力:株式会社クロス・マーケティング