スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2018年08月09日

タレント&アーティスト・りゅうちぇるさんインタビュー「ぺこりんとだったら、周りに迷惑をかけずに付き合えるなっていう自信がありました」


性別を超えたキュートなヴィジュアルとキャラクターで、お茶の間でも大人気のりゅうちぇるさん。バイト先で運命の出会いを果たし、かねてより“ぺこ&りゅうちぇる”カップルとして注目を集めていた彼女・オクヒラテツコ(以下、ぺこ)さんと、2016年12月に結婚。今年7月にはお子さんも誕生して、新米パパとなったりゅうちぇるさんに、ぺこさんとの出会いや自身のバイト経験について語ってもらいました。

アパレルのバイトで後輩のぺこりんに一目惚れ


――お二人は、原宿にある古着屋のバイトで出会ったと伺いました。りゅうちぇるさんは、どういう経緯でその職場で働くことになったんでしょうか?

バイトにしては珍しいと思うんですけど、高校時代にTwitter経由でスカウトされたのがキッカケでしたね。地元にいた時からアパレルの仕事に憧れがあったので、高校の卒業式が終わってすぐに上京して、原宿にある古着屋でバイトしていました。すでに読者モデルとして活躍しているような子達が働いていた店だったので、スカウトから入ってくる子ばかりで、僕も面接はとくになかったですね。で、入店して3ヵ月後、友達もできたくらいの時に、新人バイトとしてぺこりんが入ってきて……出会いました(照笑)。

――バイト仲間として過ごすうち、次第に恋に発展したんですか?

いえ、最初から好きでしたね。お互いに一目惚れでした。正直、僕は女の子に対してあんまり可愛いって思わないんですよ。「自分が一番!」って思っちゃうタイプだから(笑)。でも、ぺこりんを見て、初めて「可愛い!」って思ったんです。

ただ、初めは単純にお顔やファッションがタイプだったんですけど、それも、自分のスタイルを追究したメイクやファッションをしているんだなって感じたのが大きくて。自分を貫いている感じが素敵だなぁって思っていました。

――りゅうちぇるさん自身も自分のスタイルを貫いているから、似た空気を感じたのかもしれませんね。

そうですね。バイトは「こういうことをしたい」っていう同じ目的を持った人達が集まりやすいと思うんですけど、とくにアパレルの場合は、たくさんあるブランドや店舗の中から、自分に合ったところを選んで働くので、余計に似た者同士が集まるんですよね。同じ夢を持っていたり、同じ経験をしていたりするから、出会った人が仲間になりやすいというか。だから、上京してきたばかりの僕でも、自然と気の合うお友達ができたし、ぺこりんと出会って、好きな人までできたのかなって思います。そして、出会って2ヵ月後には告白して、付き合い始めて。半年後には同棲するようになりました。

自分がバイト先で彼女を作るなんて思ってもいなかった


――でも、職場恋愛って、楽しいことだけじゃなくて気を遣わないといけないことも多々ありますよね?

そうそう。僕はもともと、同じ職場で恋愛をされるのがすっごい嫌いで。高校生の時は地元の焼肉屋さんで働いていたんですけど、たとえば、そこで付き合ってるバイト同士が、急に炭場でチューしたりとか(笑)。彼女がレジ打ちをしていて、わからないことを彼氏に聞こうとするんだけど、でも喧嘩中だから他の人に聞く……みたいなことがあると、「ウザーい!」って思っていたんです。付き合ってもいいし、喧嘩してもいいけど、職場では出さないで!って。……まさか、自分がバイト内で彼女を作るなんて思ってもいなかったですね(笑)。

――それが、予想外の出会いで恋に落ちて、結婚することになるわけですから、運命を感じます。

本当にそうですね。上京する時も、夢を追いかけるためには、彼女は必要ないって思っていたんですよ。それまで僕は、良い恋愛をしているカップルを見たことがなかったから、恋愛に対してあんまり良いイメージもなかったし。だけど、そんな時にまるで必然のようにぺこりんと出会って……。今までに出会ったことのないタイプの女性だったから、自分の恋愛観や価値観を変えてくれましたし、ぺこりんとだったら、周りに迷惑をかけずに付き合えるなっていう自信がありました。

――じゃあ、「一緒の日にシフト入れよう!」なんてことは……。

それを言ったらウザいカップルになっちゃうので、言わなかったですね(笑)。それに、上京してくる時に「東京はこういうところだよ」っていうのをいろいろ言われてきた2人なので、バイトとはいえ、社会人としてちゃんとしなきゃっていう気持ちが強くありました。

喧嘩していてもバイト中は絶対に態度に出さなかった

――では、恋人と一緒にバイトをするメリットはどういったところでしょうか?

「朝礼の時、あの人鼻毛出てたよね~」とか、そういう、バイトで起きたくだらない話ができるところかな(笑)。あとは、仕事中、たまに目が合うとウインクしたりとか。一緒に働いているだけで楽しかったですね。

――微笑ましい(笑)。バイトに関する悩みも、恋人同士だと相談しやすかったりしますよね。

そうですね。当時、ぺこりんと相性の悪い社員の人がいたんですけど、2人の関係が上手くいかない時には僕が間に入ってフォローしたりしていました。でも、バイトがキッカケで別れちゃったカップルも周りにはいたし、今振り返ると、バイト先で付き合うって、良いところも悪いところもあるのかなと思います。

――なるほど。周りにバイトがキッカケで別れたカップルがいたら、もし自分も別れて働きづらくなったらどうしよう!?って思ったりしませんでしたか?

たぶん、年をとるほど、そういうことを考えるようになると思うんですけど……まだ18歳だったので(笑)。何も怖くないし、何も考えてないから、無敵でしたね。ただ幸せ!ただ好き!っていうまっすぐな気持ちで付き合っていました。でも、18歳にもなれば、大人として行動できるようになるというか。“好き”な気持ちには冷静になれなくても、喧嘩した時には冷静になれるので、喧嘩していてもバイト中は絶対に態度に出さなかったし、上手くやっていたのかなって思います。

高校時代、焼肉屋さんのバイトでコミュニケーション能力が開花した


――ぺこさんとの出会いの他に、今お仕事をしている中で、今までのバイト経験が活きているなぁと感じることはありますか?

古着屋のバイトは、アパレルではあったんですけど、服を畳んだり、服を売るっていうことよりも、SNSで「何時から何時までバイトしてます」っていうのを告知して、お客さんと喋ることのほうがメインの仕事だったんですね。僕自身も、読者モデルというか、タレントの卵として、自分のフォロワーを増やそうとしていた時期で。そこでお客さんと話す時もそうだし、今のお仕事でも必要なコミュ二ケーション能力は、16歳の頃からやっていた焼肉屋さんのバイトで得たものだなって思います。僕、ずっとホールスタッフをやっていたんですけど、お客さんへのアンケートで“良かったスタッフ”の全国1位に選ばれたことがあるんですよ。

――えっ、すごいですね!?

そのくらい、当時から僕に会いに来てくれるお客さんがたくさんいたんです(照笑)。でも、そこで働くまでは、誰かと喋ったらオカマって思われる!とか、メイクしてるのがヘンって思われる!とか、批判されるのが怖くて他人と話すのがとにかく苦手で……。それが、焼肉屋で働くようになったら、「可愛いね」とか「説明がわかりやすいね」って話しかけてもらえるようになって。徐々に自分に自信を持てるようになった結果、上京して原宿で勝負するっていう夢も持てるようになりました。もし高校生の時にあの焼肉屋のホールのバイトをしてなかったら、今もちぇるちぇるランドでキッチンの奥でこっそり働いていたかもしれません(笑)。

――批判されることに怯えていたりゅうちぇるさんだからこそ、接客中に気づけることも多かったのかな?と。

それもありますね。アパレルも、焼肉屋も、人と喋る・人とコミュニケーションをとる・人の空気を読むことが大事なんですけど、社会に出てみたら、それができない人が結構たくさんいるじゃないですか?(笑)「明らかにこの人不機嫌じゃん!なんでそういうこと言っちゃうの!?」とか、「明らかにご機嫌なのに、なんでさらに上げてあげないの!?」とか思っちゃうんですよね。僕は昔から人にいろいろ思われがちな子で、人に好かれるために、人を傷つけないために、自分を受け入れてもらうためにどうしたらいいのか?をずっと考えて努力してきたので、それが今でも活きているなって思います。

バイト内での告白は、好きな人に直接伝えるのが大事


――ちなみに、先日お子さんが誕生されましたが、働き方や気持ちの面での変化は感じていますか?

すごくありますね。結婚した時は全く変わらなくて、2人に合った夫婦のスタイルでやっていこうって感じだったんですけど。子供ができたらやるべきことが増えて、これまでの自分はやりたいことに向けてただ進むだけだったけど、親になって初めて、自分の親がこうして先に道を作ってくれていたんだなって気づけたんです。

だからこそ、「子供が何歳になるまでにこういう環境を作ってあげたいな」って考えるようになって。今までは、自分のやりたいことや絶対に自分らしいと思える仕事だけをやってきたけど、好きな人や子供のためなら、今までやらなかった仕事も無理のない範囲で挑戦してみようって思えるようになりました。

――では最後に、バイトを通して、夢も叶え、結婚にまで繋がる大きな出会いを果たしたりゅうちぇるさんから、バイト先に好きな人がいる読者へアドバイスをお願いします。

いろんな人に相談すると、職場全体がそういう雰囲気になって、お互いが働きづらくなると思うので、告白するにしても、付き合うにしても、2人の間だけで進めていくことが大事だと思いますね。好きな気持ちを伝えたいのであれば、周りじゃなくて、好きな人に直接伝えること! 僕も、普段はめちゃくちゃおしゃべりな僕がぺこりんにはあんまり喋れなかったので、バレバレだったとは思うんですけど……(笑)。誰にも内緒でぺこりんをデートに誘って、告白しました♡

 

🎁Twitterプレゼント実施中🎁
今回のプレゼントは・・・

🎁プレゼント内容
りゅうちぇるさんのサイン入りチェキを、抽選で2名様へプレゼントします!「タウンワーク」公式twitterをフォローのうえ、指定tweetをRTして、応募してください。
応募方法
1.「タウンワーク」公式twitter (@townworknet) をフォロー(既にフォローしている場合も対象です)

2. 指定tweet(下記参照)を、RT(リツイート)

🕒キャンペーン開催期間
2018年8月9日(木)〜2018年8月15日(水)23:59 まで
対象のツイートはコチラ

※キャンペーンについてその他詳細はコチラをご確認ください。

■Profile
りゅうちぇる

1995年9月29日、ちぇるちぇるランド(沖縄県)生まれ。
高校卒業後、原宿でショップ店員をするために上京し、その傍らで読者モデルとしても活動。2015年のテレビ出演をきっかけにブレイク。現在は、タレント業を中心に活躍中。2018年2月14日には、RYUCHELL名義でデビュー曲『Hands up!! If you’re Awesome』を配信リリースし、アーティスト活動も開始した。

・Official HP:http://ryuchell.com
・Official Twitter:@RYUZi33WORLD929
・Official Instagram:@ryuzi33world929

■リリース情報
RYUCHEL
2nd Digital Song『Link』8.15 Digital Release!!


価格:\250(税込)

編集:ぽっくんワールド企画 撮影:河井彩美 取材・文:斉藤碧