スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2016年08月04日

若いうちの特権! お盆休みにバイトするメリット5

夏真っ盛りのこの時期。お盆休みの予定は決まっていますか? 実家や祖父母宅に帰省する、友人などと旅行やお出かけ…なんて予定もいいですが、アルバイトでがっつりお金を稼ぐことも「最高の夏の思い出」になります。

今回は、学生&若いウチだけの特権「お盆休みのアルバイト」のメリットについて解説していきます!
 

メリット1:期間限定☆お盆時期にしかできないバイトがある

お盆にバイトするメリット2
多くの企業や会社がお休みとなるお盆ウイーク。今年から「山の日」の8月11日が祝日になり、日本各地では例年以上に夏フェスやイベント、展示会が開催される予定。そのため、この時期にしか体験できない短期バイトがいっぱいです。たとえば、花火大会やイベントの誘導スタッフなどは、そんなお仕事のひとつ。

普段は参加するだけのイベントでアルバイトをすれば、遊びとはちょっと違う側面がかいま見え、ステキな思い出に。
 

メリット2:おサイフがうれしい☆普段より時給UP×短期間でまとめて稼げる

お盆にバイトするメリット3
お盆休み中は、パートさん・社員さんが休みをとるため、いつもアルバイトしているお店でも人手不足気味になります。そのため、時給UP&普段のシフトより長時間働けるようになり、1日8時間とがっつり働けば、短期間でまとめて稼げるもの。しかも、業界によっては実は普段よりヒマだったりもすることもあります……。

がっつり稼げてしかも実はラクかも? なんて美味しいバイト、やらないとソンするかもしれませんよ。
 

メリット3:店長や社員からの評判アップ☆のちのちシフトがラクに?

お盆にバイトするメリット5
お盆休み中にがっつりバイトに入る特典として、お金以外のメリットといえるのが、店長や社員・先輩からの「評価アップ」につながること。先ほども紹介しましたが、お盆休み中は人手不足気味。そのため、シフトを組む店長や社員は四苦八苦しているのが現実なのです。

そこで「自分はお盆、働きたいです!」といえば、大歓迎されることうけ合い。後日、休みたいときにも何かと融通がきくようになるかもしれないですね。
 

メリット4:親戚のおせっかいや予定のない寂しさからも開放される

お盆にバイトするメリット4
お盆休みは家族や親戚が集まる時期でもあります。話が盛り上がればいいのですが、「彼/彼女は?」「進学先は? 就職先は?」なんて、おせっかいや詮索がはじまり、「もーいい加減にして!」ということになりかねません。

とはいえ、何にも予定がないのも寂しいもの。その点、アルバイトをしていれば、「バイトがあるので」と角を立てることなく断ることができ、余計なストレス・寂しさからから開放されるハズです。
 

メリット5:夏の思い出づくり&仲間ができる☆

お盆にバイトするメリット1
暑いこの時期のアルバイトは、なぜか思い出に残るもの。不思議な連帯感も生まれて、バイト仲間から仲の良い友人になることも少なくなりません。「バイトでめちゃ日焼けしたね」「暑くて、汗だくになって大変だった」なんてエピソードは忘れられない思い出になり、友人との間でも盛り上がりそう。また、就職活動のときなどにも「学生時代に奮闘したエピソード」として披露することもできるはず。

今年は「バイトの夏」で最高の思い出をつくっちゃいましょう。
 

まとめ

海や山、花火などで、遊ぶイメージの強い夏だけに、「みんなが休んでいるのに、自分だけバイトかぁ」なんてネガティブに考えてしまう人もいるかもしれません。でも、お盆の時期は混んでいる場所が多いし、出費も続くもの。今年は「バイトの時期」と決めて稼ぎ、涼しく&人の少ない時期にしっかり遊ぶのが、スマートかもしれませんよ!

 
文:嘉屋恭子 イラスト:腹肉ツヤ子