スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2014年07月03日

夏ならではの「短期バイト」

夏ならではの「短期バイト」

夏休みの予定をまだ決めていない? ならば、今年の夏休みは「バイトに明け暮れてみる」というのはどうだろうか? 仲間たちと一緒に汗を流して仕事に精を出し、思い出づくりができるアルバイトが、夏休みにはたくさんあるぞ!
そこで、タウンワーク編集部オススメの夏休み期間だけ働ける「短期バイト」を紹介しよう。どれもこれも「夏休みならではのバイト」ばかり!

テーマパーク

夏休みは、どこのテーマパークでも利用者が増えるため、夏休み前からスタッフの募集がかかり始める。夏休み限定の臨時スタッフの募集もあるので、夏休みだけ働きたい人にはうってつけ!

お客さんの案内や誘導、イベントでの司会、乗り物の説明などを行うアトラクションスタッフ、テーマパーク内にある飲食店や売店でフードやドリンクを提供する接客サービススタッフ。その他にも入場券の発券、園内の清掃、警備など仕事内容はさまざま。いろいろなポジションをローテーションで回すこともあり、1つのバイトでいろんな仕事を体験できる。 着ぐるみを着たり、子供たちと触れ合ったりと、テーマパークならではの魅力も満載の仕事だ!

大量募集、一括採用の場合、採用率は高くなるが、募集期間を逃すと応募できないこともあるので、求人サイトやアルバイト情報誌をこまめにチェックしよう!

花火の人員整理

夏のイベントといえばやっぱり「花火大会」。多くの来場者でにぎわう会場では、お客さんを的確に誘導して安全にイベントを進行するスタッフの存在が欠かせない。

会場や最寄り駅周辺の人の流れをコントロールする仕事は、事故やトラブルなくお客さんにイベントを楽しんでもらい、気分よく家路についてもらうために、言葉遣いやマナーにも気を付けなければならない。接客スキルは事前の研修で学べるので、お客さんのためにも将来の自分のためにも、しっかりと習得しよう!

花火大会の人員整理は、警備会社でのアルバイトとなる場合が大半。登録制のところも多く、花火大会以外にも野球やサッカーといったスポーツやその他のイベントでも警備員として働ける。大量採用をするところも多いので、友達と一緒に働くのもアリ!

お中元スタッフ

学生にはイマイチぴんと来ないかもしれないが、お中元も日本の夏の風物詩のひとつ。当然お中元に関するアルバイトも、夏休みならではの仕事だ。

お中元のバイトといっても、販売・受付から配送まで仕事内容は幅広い。しかも、販売・受付と配送では担当する会社が違うのもお中元バイトの特徴。販売・受付の場合はデパートやスーパー、梱包・配送の場合は倉庫や運送会社に応募することになる。倉庫でのピッキングや住所などのデータ入力の仕事もある。

どこもお中元の時期には増員するので、ねらい目のバイトだ。販売・受付と梱包・配送では仕事内容が全然違うので、自分のしたい仕事を選んで応募しよう。

フェススタッフ

音楽が好きな人にとって、夏のイベントといえば「音楽フェス」。多くのミュージシャンが集まってライブを行うフェスは、いわばお祭り。そんな音楽フェスのスタッフは、音楽好きなら一度は体験したい仕事!

チケットの受付や物販、会場内の誘導や清掃など仕事内容はさまざま。ほとんどの仕事が炎天下で行われるため、こまめな水分補給や体調管理は必須だ。会場設営やセッティングなど体力が必要とされる場面もあるが、音楽フェスの運営スタッフとしての体験は、一生心に残ること間違いなし!学生時代にしか味わえない喜びかもしれない。

人気バイトゆえ、採用へ至る道は狭き門。そして、気を付けたいのはボランティアスタッフも募集していること。その点は、応募する前に必ず確認しよう!

プールの監視員

プールでの事故が起こらないよう、安全確認を行う「プール監視員」も、夏休みにしかできないアルバイト。

プール全体を監視し、溺れている人や危険行為をしている人がいないかをチェックするのが主な仕事。全体を広い視野で見ることができ、非常事態には的確な判断ができる責任感の強さが求められる。プール休憩時間には、プールに潜って落し物や不審物がないかをチェックするなど、水中での業務もあるため、泳ぎが得意な方にオススメしたい。

屋外プールの場合、熱中症には気を付けよう。そして、当然ながら日焼けは必至!肌を焼きたくない人は避けたほうがよい。反対にこんがり焼きたい人にはもってこい!