スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2020年09月28日

バイトの掛け持ち、履歴書の職歴欄にどう書く?(記入見本あり)

バイトの掛け持ち、面接や履歴書で伝えるべき?伝え方・書き方を紹介(例文あり)バイトを掛け持ちしたい、あるいは、過去に掛け持ちしていた場合に、履歴書の職歴欄にどう記入するのか。そもそも書くべきか?ここでは、掛け持ちバイトに関する履歴書の書き方を見本つきで紹介します。

現在バイト中で、掛け持ち応募したい場合

履歴書に現在バイト中であること、面接で掛け持ち希望であることを伝える

現在アルバイトをしていて、採用後に掛け持ちとなる場合、面接時など、選考途中で伝えるのが原則です。掛け持ちしていることを伝えることで、バイト先は、シフト調整の相談だけでなく、年末調整の手続き(税金の計算)をする必要があるのか、などを把握する必要があるからです。

また、中にはアルバイトの兼業や掛け持ちそのものを禁止しているところや、コンビニなどに多い同業での掛け持ちを禁止しいてるところもあります。就業後に分かって問題になるのを避けるためにも、バイトが決まる前に伝えることが大切です。

履歴書の自己PRの欄では、掛け持ちでも時間は十分に確保できること、中途半端な気持ちではないことをアピールするといいでししょう。

現在バイト中の履歴書の書き方

履歴書の職歴の最後に、現在バイト先の職歴を記入し、「現在に至る」もしくは「在職中」と記載します。面接で「今のアルバイトを続けたまま、掛け持ちししたい」と伝えましょう。

◆職歴欄の記入例1
記入例1

 
◆職歴欄の記入例2
記入例2

 
掛け持ちの結果、勤務可能曜日や時間が限られるようであれば、本人希望欄にその旨を記載しておくといいでしょう。「掛け持ち希望のため、シフトは土日と水木」などと記載しておくと面接での確認がスムーズです。

 
◆本人希望欄の記入例
記入例4

 

過去の掛け持ちバイトの履歴書の書き方

過去に掛け持ちでアルバイトをしていた場合は、入社退職時系列で記載します。一般的に3カ月以上勤務していたアルバイトが記載の目安です。職歴が多い場合は、入社(勤務)、退社を一行にまとめると見やすくなります。実際の面接では、「時間や体調管理は、掛け持ちでも問題なくできること」を自己PRで使う事もできます。

◆職歴欄の記入例1
記入例5

 
◆職歴欄の記入例2
記入例6

 

まとめ

アルバイトの掛け持ちには時間管理、シフト管理、体調管理が必須となります。過去に掛け持ちしていた経験があれば、「きちんと時間管理できる」とアピール材料になるはず。履歴書も面接でも良い印象を与えられるよう、きちんと準備しておきましょう。

※2020年9月28日更新(初回公開2016年9月3日)

早速バイトを探してみよう